力石舜久(りきいし みつひさ)アナウンサー(KRY山口放送)をご紹介します。

今、KRY山口放送で私が個人的に注目しているアナウンサーさんがいます。


入社2年目、力石舜久(りきいし みつひさ)アナウンサーです。

島根県松江市出身。

名前のせいか「ボクシングやってました?」とよく聞かれるそうですが、やってなかったそうです。

まあ「静岡出身だからといってサッカーが上手いとは限らない」のと同じですね。

東方神起の大ファン。

昨年11月1日より先輩の成田弘毅アナウンサーから引き継いでラジオ昼ワイド「お昼はZENKAI ラヂオ な時間」水曜日を担当しています。


KRYのラジオ第1スタジオ。見学可能なサテライトスタジオなので所定の手続きをすれば見学することが出来ます。


担当になって間もない2017年11月22日の放送風景。番組内ではディレクターの花ちゃんから「小僧」とニックネームを付けられました。

それに伴い、自身のコーナー「小僧の楽しさ倍増計画」もスタート。
パートナーの竹島さんの振りにムキになって全力で否定するなどなかなか個性的な返しが面白いです。


余談ですが、この日は夜に毎年恒例の「KRYラジオCM大賞」の収録が行われるため、その看板が掛かっていました。


放送終了後、パートナーの竹島知江さん(通称:竹島姉さん)とガッツポーズで1枚。
ベテラン竹島さんにバシバシ鍛えて貰う筈でしたが…。

この放送のしばらくあと、社内的諸事情で「修行に出た」という設定でしばらく降板します。

そして「ラヂオ な時間」水曜日は週代わりパーソナリティと竹島姉さんで放送していました。


その力石アナが復帰するとの情報を得て行って来たのが2018年の4月4日。


特に問題なく順調に番組は進んでいきます。完全復帰ですね。
リスナーからは「来週は誰になるんですか?」とイジられ、復帰状況を心配したラジオ局長まで見に来られたものの、この日はリスナーのメールもスタジオの雰囲気も復帰おめでたムードで無事放送終了。

ちなみにこの日の放送で力石アナのニックネームが募集され、結果的に「公家顔だ」という理由で竹島さんが「マロ石」と命名。(アナウンサーで麿だと”あの人”になってしまいますからね)以降定着しつつあります。


放送終了後の1枚。「みっくん おかえり」の団扇はこの日私の他に見学に来られていたご夫婦リスナーの奥様のお手製。


放送終了後、ロビーに出たらちょうど通りがかりの丹黑香奈子アナウンサーが。せっかくなので…。


ロビーのマウ(KRYのマスコットキャラ)と一緒に記念撮影(見苦しい物は消してますw)
ちなみに丹黑アナのラジオ番組「GOKUナビ!」もディレクターは同じ花ちゃんです。


続いて見学に行ったのが2018年5月2日。

GWで休みだったので行って来ました。



すっかり慣れてリラックスしている様子。トークも板に付いてきて安心して聴いていられる感じです。


ちなみにサブコン(副調整室)からスタジオの中を見るとこんな感じ。ここが番組進行の司令塔です。
全然関係無い個人的趣味ですが、「タムラのデジタル調整卓萌え~」失礼しました。


この日の終了後。


そして2018年6月20日。前日の大雨で急遽仕事が休みになったのでまたお邪魔してきました。
ちなみにこの日の前日、今年のKRYの新人アナウンサーである「深澤朝香」(ふかさわ あさか)さんがデビューされまして、力石アナは熱血テレビで一緒でした。
番組開始前に『昨日の熱血テレビで力石さんが担当した料理コーナー面白かったですよ。なんか「深澤~!オレの背中をしっかり見ておけよ!」的にバリバリ力入ってて』とお話ししたところ、『あれ大変だったんですよ~。カメラに映らないところでみんなに「さて、先輩の技を見せて貰おうかな」とか言われちゃったりして』との事でしたw。


この日の終了後の1枚。放送中に話題になりましたが、初夏のこの時期に衣装がエンジで被るとは…とお二人ともおっしゃってました。

実はご紹介しますと書いておきながら力石アナウンサーの人となりは、まだまだ私、知らないことが多いんですよ。

というのは普段水曜日は仕事の関係上、最初の30分程度しか番組を聴くことが出来ないのです。時間があればradikoで聴きますが、とても4時間全ては聴く時間が取れないので。逆にそれだからまだまだ私にとっては未知数で気になるアナウンサーさんなのです。

後輩も入社され無事先輩となられましたので、これからも後輩に背中を見せられるような放送を期待して応援して行きたいと思います。

「ご昭和ください」(KRYラジオ)in宇部の公開生放送に行って来た。


2018年4月29日(日)。この日は昭和の日。

KRY山口放送ラジオのFM補完局「KRY宇部FM」の開局を記念して人気番組「ご昭和ください」の公開生放送&公開収録が宇部市のショッピングセンター「ゆめタウン宇部」で行われました。

開場は午前10:50でしたが、開店直後の9時に行ってみると高橋裕アナウンサーがひとり準備の真っ最中。…ですが、いつもなら大勢のスタッフさんがすでに入って忙しそうに準備をされているのですが、今日は高橋アナと2人の技術さんの他に誰もいらっしゃいません。

実はこの日の朝から7時間に渡って山陽自動車道下りが事故のため通行止めとなり、下の道は大渋滞。KRY本社のある周南市集合出発のスタッフさん全員この渋滞のため時間に到着出来るかどうかという緊迫した事態でした。最悪でも生放送は行えるように念のため前乗りした高橋アナと技術さんだけがいらっしゃったという訳です。

時間が迫るにつれて会場にはお客さんが集まり出し、なんとかもう一人のパーソナリティの山根由紀夫さんやスタッフさん御一行も間に合い、無事準備作業も始まりました。


本番前、前説&タイトルコールの練習が行われます。


会場の「ゆめひろば」はお客さんで満員。2階の吹き抜けや階段の踊り場までぎっしりです。
かつては山口県一、二を争う大きな街だった宇部市も、炭鉱の閉山後は衰退の一途ですが、それでもいまだ人口は県内有数の街ですから集客はかなりのものがあります。


まずは30分間の公開生放送。

生放送中にお客さんにインタビュー。「昭和」について語る番組ですからやはりお客さんのほとんどは「ご昭和世代」。私も例外ではありませんが。


左から高橋裕アナウンサー、ゲストの宇部市出身の謎のレスラー「いちょくりマシーン」さん(てか山口県のテレビ見てる人には正体バレバレですよねw)、そして山根由紀夫さん。



今回のテーマは「昭和の宇部」。やはり出るのはかつて賑やかだった頃の街の話。常盤公園、大きな商店街、「大和タワー」(地元百貨店が50mの展望タワーを建てていた)など、育った人にはわかるわかるの連発の話が続きます。


あっという間の30分。ここで一旦生放送は終了です。続いて翌週分の収録になります。


ここでいきなり「いちょくりマシーン」さんのプロレス技講座。自ら技をかけられるアナウンス部次長w。身体張ってます。
いちょくりマシーンさんも手加減無しのガチで技をかけてますw。


コブラツイスト!


逆水平チョップ! 凄い音したけど(^^;


卍固め!。ガッチリ完璧にかかってますね。
高橋アナ、数日後まで身体痛かったそうです。



さて、翌週分の公開収録に入り、宇部育ちの昭和人には懐かしいシロモノが。
かつて宇部市最大手の地元飲料メーカーだった「不二山飲料」の製品群。もう飲料から撤退されて15年くらいになりますかね。これ、事前に高橋アナが今は機械部品製造会社になってる不二山飲料さんを訪問して、倉庫に残っていた瓶を借りてこられたとのこと。「フジヤマコーヒー」や「スマック」なんてめちゃくちゃ懐かしい人も多いのでは無いでしょうか。

中には当時のまま未開封のものもあります。
(山根)「今からこれを高橋君が飲みます」
(高橋)「飲めませんよこれは!w」



公開収録ではユニフォーム姿。高橋アナは熱狂的な巨人ファン、山根さんは虎キチ。


収録終了後の抽選会も終了してご挨拶。

決して広くは無い会場ですが満員のお客さんにお二人ともテンション高かったとのこと。


いつも「公開放送の時は当日その時までお客さん来なかったらどうしようって不安なんだよね」とおっしゃっていた高橋アナ。多くのお客さんが集まってくれて無事終了で満面の笑みでポーズを取ってくれました。
さて、次はどの街にお邪魔するんでしょうか?。

総務省の局免許の交付状況見れば判るんですけどね。そんなの調べる人いないかw。
興味のある方はぜひradikoで「ご昭和ください」聴いてみて下さい。面白いですよ。

「2018年 ズムサタうまいもの博へ行って来た(下関大丸)」

毎年恒例なんですけど、今年も行って来ました。

今年は2018年2月28日から3月8日まで。

毎年書くこと同じになっちゃうんで今年はさらっとw

まずは初日。中村衣里アナウンサーが中継に来ていました。



中村アナが中継で紹介できなかったからと、とあるお店の前で1枚。


もはやKRYに食リポで中村アナの右に出る人は居ないと思っています。

ちなみによく日テレの水卜アナに似ていると言われる中村アナですが、日テレでの研修の時に話題になり、どなたかが水卜アナを呼んできてご対面。「似てる~」とご本人から公認を貰った事があるそうです。なのでご本人認定済みなのです。


会期中の3月3日にはこれまた毎年恒例、ズムサタの宮本和知と望月理恵さんをお呼びして宣伝特番がありました。
その後、会場にて司会の高橋裕アナウンサーとリポートの成田弘毅アナウンサー(一部では”なりカルの部長”と呼ばれている)とお会いできました。


高橋裕アナウンサー。3万円ポーズ!。


「買ったどー!」の成田弘毅アナウンサー。いい笑顔ですね。


さてここからは番外編です。

今までスタジオや中継先にお邪魔した時に中村衣里アナウンサーのお写真を撮らせていただいていて、今まで公開して無かったものが結構あったのでもったいないからここで蔵出しです。

中村アナファンの方にお楽しみいただければ幸いです。






中村アナはやっぱり食リポ会場が似合いますね。これからも「山口の水卜ちゃん」として頑張って欲しいです。

でも彼女の名前はあくまで「中村衣里」ですからね。そこんとこヨロシクです。

「徳田琴美の恋する☆オンガク」(KRYラジオ)の公開生放送に行って来た…他。


2018年3月25日。下関市の「ゆめシティ」にてKRY山口放送のラジオ番組「徳田琴美の恋する☆オンガク」の公開生放送が行われたので行って来ました。
昨年も同じ時期にありましたので恒例になりつつあります。

本番前の徳田琴美アナウンサー。ゆめシティでの公開生放送も2回目ですので、さほど緊張してる風でも無かったように思います。



本番前にお客さんにご挨拶&本番でのお願いと注意事項の説明です。



ゲストは昨年に引き続き「Jam9」のお三方。中央の女性は同じくゲストの「CLEEM MIKU」さん。


生放送ですのでCMの合間には次のコーナーの準備などで大忙し。


ランキングチャートの紹介など番組はつつがなく進行していきます。


曲の掛かっている合間にちょっと一息。




この日は前もって「Jam9」に依頼していた番組ジングルの候補から会場のお客さんに選んで決めてもらう企画もありました。


もう一組のゲストはこの「ゆめシティ」を拠点に活動している「ゆめキッズ」のメンバー。


1時間の番組もあっという間に終了。


本番を終えてホッと一息の徳田アナ。やはり生のお客さんの反応を見ながらの公開生放送は楽しかったそうです。


もう二つ徳田アナがらみの話題を。



2018年1月20日(土)。渡辺三千彦アナウンサーがお休みのため、KRYラジオ「ラジKING GOLD」に出演。近頃の徳田アナには”ネタ”として欠かせない琴を持ち込んでの生放送。

中村衣里アナが放送中に水をこぼしたり大騒ぎの中、番組は進んでいきます。そしていよいよ演奏開始。



演奏はシャッターチャンスに困るほどの一瞬で終了(^^;。思わず苦笑いの徳田アナ。


番組終了後の1枚。

最後は2017年12月17日に行われた「防府読売マラソン」にて。徳田アナは防府駅前のアスピラート前でのラジオ中継担当でした。


ここはレース中終始日陰でめちゃくちゃ寒いので滅多に見れない完全防備姿。

普段、夕方ニュース「KRYニュースライブ」ではキャスターという立場ですので、テレビでは髪はアップできっちり整えてある姿を観ることが多いのでなかなか新鮮なお姿が見れた機会でした。

「TYSテレビ山口」のアナウンサーさんたち

山口県には県域民放局としてテレビ3局(KRY山口放送(AMラジオ兼業局))、TYSテレビ山口、YAB山口朝日放送)及びFMラジオ1局(FM山口)があります。

このブログでは時々KRY山口放送さんの話題を取り上げていますが、「なんでほかの局を取り上げんの?」と良く言われます。

山口県に一番古くからある民放局で馴染みがあると言う事もあり、また元々私が山口放送の高橋裕アナウンサーと脇田美代アナウンサー(2011年まで在籍)のファンであったことから始めたブログでもあり、どこのイベントなどに行ってもアナウンサーさん、スタッフさん皆さんフレンドリーなので局自体のファンになったと言う事もあるのですが、もちろん他局のローカル番組も観ています。

というか、ローカル番組って良いですよね。全国ネットなんか「こいつら一日中この辛気くさい何の薬にもならないバカな話題やって騒いでんの?」って感じで、そんな話題と無縁のローカル番組観るとホッとします。

やはりどこの局といえど、私たちと同じ県に住んで日々情報を届けてくれるアナウンサーさんたちには親近感というものがありますもんね。

で、なんでKRY山口放送以外を取り上げないかというと、単純にイベント等お会いする機会が無いからです。スタジオ見学も出来ないですし。あとは局それぞれの方針で仕方が無いのですが、アナウンサーさんたちはフレンドリーでもスタッフさんはちょっと一般人に厳しいかな?というのもあります。

とは言え、TYSテレビ山口さんは年間数回ふれあいイベントがありますので、(YAB山口朝日放送さんは残念ながら全くと言っていいほどありません)今回はその時の様子をご紹介します。

実は私、TYSテレビ山口さんは「1970年の開局記念番組」をリアルタイムで観た世代なんですよね。歳がバレちゃいますけど(笑)


まずは、昨年(2017年)7月22日に行われた「第44回 徳山夏まつり」にて。

毎年TYSさんはアナウンサーさんほぼ総出で番宣の為の「うちわ配り」と「局グッズの販売」を行います。このうちわが毎年デザインが違うのでファンにとってはコレクターズアイテムになってます。

実はこの日は途中で強烈なゲリラ豪雨に見舞われて、私もカメラのストロボが故障してしまいました。写りが悪いですがご容赦願います。

TYSのアナウンサーさんたちもとてもフレンドリーに接してくれます。うちわ配りも大事な番宣の仕事で短時間に多くの人に手渡さないといけないので邪魔はできませんから、一言ご挨拶と写真の許可いただいたらさっと撮ってその場を離れるようにしています(それでも邪魔してるんだろうけど)。

あ、そうそう。写真撮らせて貰う代わりと言ってはなんですが、私も毎回それなりのグッズは購入してますからね。


もはやベテラン、局の顔とも言える人気アナ、佐藤けいアナウンサー。「週末ちぐまや家族」や「ちぐスマ!」などを担当しています。愛称は「けいちゃん」。


入社4年目、人気急上昇中の大東和華子アナウンサー。同じく「週末ちぐまや家族」や「ちぐスマ!」などを担当しています。愛称は「はなちゃん」。


タレントの沖永優子さん。同じく「週末ちぐまや家族」や「ちぐスマ!」などを担当しています。愛称は「おっきー」。


入社3年目の木村那津美アナウンサー。「TYSニュースタイム」他を担当。きってのアニメ・ゲームなどのサブカル好き。愛称は「なっちゃん」。


2017年の新人さん、山根陽美(あきみ)アナウンサー。いわゆるリケジョ。現在は2年目となり「TYSニュースタイム」を担当しています。


同じく2017年の新人さん、原千晶アナウンサー。元「宝くじ幸運の女神」。現在は「ちぐスマ!」を担当しています。

山根アナと原アナお二人のツーショット。


大東和華子アナと原千晶アナ。


沖永優子さんと木村那津美アナ。


グッズ販売も一息ついて全員集合。左端は「週末ちぐまや家族」出演中のマジシャン、東雷太郎さん。後ろは永岡克也アナウンサー。

これだけ揃うと物販も盛り上がります。



続いては昨年(2017年)8月6日の「山口ちょうちん祭り」にて。

「山口ちょうちん祭り」は毎年8月6日と7日の2日間行われるのですが、昨年は仕事の都合で8月6日のみしか行けませんでしたので、お会いできなかった方もいらっしゃいました。

アナウンサーさんたちは2日間メンバー交代しながら「うちわ配り」と「グッズ販売」を行います。

この時もストロボ壊れたままでしたのでちょっと写りが悪いです。(この後修理しました)


佐藤けいアナウンサー。


大東和華子アナウンサー。


沖永優子さん。


入社4年目、永岡克也アナウンサー。現在は「TYSニュースタイム」にてTYS周南スタジオから出演されてます。


木村那津美アナウンサー。


原千晶アナウンサー。


山根陽美アナウンサー。


木村アナ、原アナ、山根アナ、永岡アナの4ショット。


一生懸命グッズのクリアファイルをアピールしている原アナ。こうやって手渡しで販売してくれます。


原アナと山根アナの2ショット。


木村アナと永岡アナの2ショット。


佐藤アナと大東和アナの2ショット。


佐藤アナ、沖永優子さん、大東和アナの3ショット。


ここから先は番外編です。ちょっと過去の写真になりますが、蔵出しです。


2016年の「山口ちょうちん祭り」での写真になりますが、現在産休中の「関谷名加アナウンサー」と大東和アナの2ショット。関谷アナも人気アナなので元気に復帰されるのをお待ちしております。


2017年7月1日、「週末ちぐまや家族」での下関大丸からの「行列の出来るグルメ店とうまいもの大会」中継にて佐藤けいアナウンサー。佐藤アナもベテランなので最近は中継に出られることは珍しいです。


これ、レアな2ショット。「下関らく~ざ」での佐藤アナと「YAB山口朝日放送」の「伊藤明日香アナウンサー」の2ショット。伊藤アナは現在夕方ニュース「Jチャンやまぐち」を担当しています。局が違っても意外とアナウンサーさん同士は交流があったりするんですよね。

県域民放3局、これからも切磋琢磨して私たちに役に立つ楽しい話題を届けてくれるのを期待して視聴していますので頑張って下さいね。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索