メガドライブに音声出力端子を増設する。

ネット上にも多く事例があります故、今更な感じではありますがとりあえずやってみたので。


セガのコンシューマーゲーム機、メガドライブです。1988年10月発売。もう26年前になるんですね。当時の定価は21,000円でしたが、当時はファミコン1強の時代。実売は結構安く売られていました。16-BITの文字が眩しいぜ~。

このメガドライブ、ゲーム自体はどれもステレオ音声で作られているのに肝心の本体は標準で付属しているビデオケーブルを使った場合、音声がモノラル出力です。(と言うかそもそも背面の出力端子に音声がモノラルでしか出ていない)。

時代的には電気屋さんに並んでいるテレビの主力はステレオでビデオ入力もあるものが主流になっていましたが、まだまだモノラルのテレビを使ってる人も相当多くいた時代。まして少年少女たちがゲームをすることを許されているテレビは居間にある大きなテレビじゃなくて14型の小さなモノラルテレビってのも多かったんじゃないかな。

そんな時代だったからなのか、それともメガドライブの前世代のセガのゲーム機である「マークⅢ」や「マスターシステム」とケーブルの互換性を保ちたかったからなのか、いずれにしてもなんでこんな設計に落ち着いたのかはいまひとつ腑に落ちない部分であります。

じゃあどうやってステレオでゲームの音声を聴くかと言うと、前面にあるヘッドホン端子。ここにはステレオで音声が出ていますのでここにヘッドホンもしくはオーディオコードを繋いでステレオテレビやステレオアンプと接続して聴くということになります。

ところがこのヘッドホン出力から出る音声がすごくノイズが乗るんですよ。ヘッドホンアンプがヘボいのか、元々の音声周りの設計が悪いのか。なので先人の方々が過去にいろいろな手段でメガドライブの高音質化改造を施して来た訳です。


今回はそこまで凝ったことをするわけでは無く、ヘッドホンアンプ手前のIC出力から音声を取ってしまおうという改造です。

まずはこちらの記事をご覧下さい。


これ、ネット上にあった画像なんですが、元々はセガの機関誌に載っていた記事の転載なので引用させていただきました。そう、セガは公式にこの改造方法を公開してたんですね。普通のメーカーじゃあり得ないんですが「だってセガなんだもん」って事で(笑)。

早速メガドライブ本体を開けます。普通のプラスドライバー1本で開きます。


本体を開けるときに電源表示のLEDに繋がってるコードがありますので勢いよく開けないように。このコードを取り外します。LEDには極性がありますのでどっちに赤いコードが繋がっていたかちゃんと覚えておきましょう。(赤は+。LEDの足が長い方に繋ぐ)


メガドライブは製造時期によっていくつかの基板のバージョンがあります。今回改造するメガドライブはかなり後期型のVA6基板。VA5~VA6基板あたりはメガドライブの中では比較的高音質な基板と言われています。


回路図のとうりにソニー製の「A1034」ICの足からL,R,GNDの各配線を取り出します。(写真は基板裏に配線を繋いだもの)。


今回は滅多に手を入れる場所では無いため手抜きしてカップリングのコンデンサーは空中配線してます。良く見るとハンダがツノになってますね。恥ずかしいです。ああ、きっちりと温調の出来る良いハンダゴテが欲しいです。…てかいくら手抜きとは言え雑にハンダ付けすんなよって事ですが(^^;

コンデンサーの極性は間違えないでくださいね。当然ですが回路図どうり+がIC側ですから。


ピンジャックは背面に取り付けて改造完了です。手抜き作業してる割には金メッキのジャック使ったりして我ながら何考えているのやら。

この改造は音声回路の途中のICから音声信号を取り出すだけなので元のヘッドホン出力も当然生きてます。どちらでも使えると言うことで。

ちょっと出力信号のレベルは低めですが、ステレオアンプやテレビに繋ぐ分には問題無いと思います。それではメガドライブでステレオ音声をお楽しみください。

メガドライブ版「バーチャレーシング」を修理する。


1992年にセガからアーケードゲームとしてリリースされ、好評を博した「バーチャレーシング」。1994年には家庭用機「メガドライブ」に移植されました。


アーケード版の「バーチャレーシング」は当時のセガの最先端システム基板「MODEL1」を使用していましたが、それを家庭用機のメガドライブに移植するのは不可能と言われていました。それをセガはゲームカートリッジ内に秒間9,000ポリゴンの処理が可能な「セガ バーチャプロセッサー」というこのために開発したチップを積むことで力業で移植を可能にしてしまいました。秒間9,000ポリゴンというのはこのしばらく後に発売された「プレイステーション」の能力が秒間36万ポリゴンなのを考えると大したこと無いのですが、間もなく「セガサターン」が発売されるというタイミングでほぼモデル末期のメガドライブで叩き出す性能としては立派なものだと思います。「機能が無ければ追加すりゃいいじゃん」って発想がいかにもセガらしいと言えばそれまでなんですが、果たしてチップの開発費用の元が取れたのやら。


発売からすでに20年が経過して、久々に実機で動かしてみると「数回に1回しか起動しない」「起動しても途中でゲームが止まる」という状態になっていました。原因を調べるために中を開けてみます。


スーパーファミコン等でお馴染みの特殊なネジが使われているので普通のドライバーではネジが外せません。


そこでエンジニアというメーカーから発売されているDTC-27という型番の特殊なドライバーを使います。レトロゲームを扱う人には必需品ですね。


中を開けると中央に一際大きなチップが。多分これが「セガ バーチャプロセッサー」なんだと思います。見ると電解コンデンサーが左右に2つ使われています。古い機器ではまず電解コンデンサーを疑ってみるのは基本です。


見ると電解コンデンサーの足が半田付けされている基板のパターンが腐食してます。容量の抜けを測定するまでもなく明らかに経年劣化による液漏れを起こしています。これを取り替えます。


外した電解コンデンサーです。6.3V 47uFが2個。液漏れした電解コンデンサーはすごい悪臭がします。液漏れがかなり進行していると基板のパターンまでもが腐食してしまい、修理が大変になるのですが、幸い首の皮一枚といった感じでパターンが残っており、イソプロピルアルコールで磨いてテスターで導通を確認したところ正常でしたので通常品の16V 47uFの電解コンデンサーと取り替えます。プラスマイナスの極性がありますので外す前に確認しておきましょう。


取り替え後です。ショートしてないか、ちゃんと導通してるかテスターで確認します。


発売当時買ったものと最近ジャンクで買ったもの、両方液漏れ起こしていたのでどちらも交換しました。


動作確認です。一発で起動&途中停止も無くなりました。メガドライブ版はグラフィック自体は頑張ってはいるもののやはりハードの制約で今ひとつですが、自車の操作フィーリングとか挙動とかは非常に良い感じで移植されていて結構気に入ってます。この他にスーパー32X用の「バーチャレーシング デラックス」も所有しており、当然こちらの方がグラフィックも良く、一番の移植の出来と言われてますが、個人的にはどちらも好移植と感じておりお気に入りです。

ドリームキャスト用VGAアダプタを作ってみた。

先日、ドリームキャスト用のSDカードアダプタ製作の記事を載せましたが、今回はVGAアダプタを製作してみました。と言ってもすでにいろんな方が作られてますのでそれに倣ってやってみたという感じですが。

ドリームキャストの大きな特徴として「パソコン用モニターにVGAでの出力が出来る」ということが上げられます。現在のゲーム機で主流のHD出力には到底及びませんが、ドリームキャストが現役当時の家庭用ゲーム機はRGB出力を除けば良くてS端子による出力くらいで、パソコン用の31KHz・640×480ドットのモニターにVGAモードで出力できるというのは群を抜いて美しい画面でプレイすることが出来るということでした。

DSCN0016
この機能は標準状態では使用することは出来ず、セガから純正オプションとして発売されていた「VGAボックス」を繋げる事によって使用できるようになります。このVGAボックス、定価が7,000円とかなり高価なオプションだったので実売が半額以下で発売されていた上の写真(ゲームテック社製のDC-VGAデミロ)のようなサードパーティ製のVGAアダプタを使ってる人も多かったです。

また、ゲームソフトも「VGA出力対応」と記載があるのものだけがVGA出力可能です。


非純正のVGAアダプタは現在でも中国あたりで作られてるモノが入手出来るのですけど、そんなに難しくもないので今回作ってみました。

参考にさせて頂いたのはSDカードの時と同じ、こちらのブログさんです。

てきとうなブログ (リンクフリーということで貼らせていただきました)

dreamcast その21 http://ayasuke.exblog.jp/15567611/#15567611_1

回路図はこちらになります。

http://ayasuke.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=15567611&i=201105/18/22/b0030122_1924527.jpg

なお、ドリームキャストは100Vを使用していますので分解する場合は細心の注意をお願い致します。

感電などの事故につきましては当方では責任を負いかねますので、自己責任でよろしくお願いします。


信号を取り出す配線を行うのはマザーボード上の下の写真の場所です。

D9994

配線後。

D9995

配線後、間違いが無いか確認してホットボンドで固めます。

DSCN9999

DSCN0001

今回もまたコードの接続にはピンヘッダを用いて本体の背面にスリットを入れ、そこから配線を外に引き出します。

DSCN0002

DSCN0005

元通り組み立てて配線の引き出しは完了です。(1本は前回のSDカードアダプタ用の配線です。)

DSCN0017

VGAアダプタ本体は例によってユニバーサル基板上に組んでタッパーに収めました。ステレオ音声出力はピンジャックを使用しました。2回路のスイッチはVGA出力しかしない場合は必要無いのですが、付けておかないとVGA非対応のソフトを使うときに使い勝手が悪いので付けることをお勧めします。

配線さえ間違えなければ結構簡単な回路ですので電子工作の入門として挑戦してみてはいかがでしょうか。


また、VGAの話からは逸れますが、今回はついでにドリームキャストには付いてない「ハードウェアリセットスイッチ」を取り付ける事にしました。

DSCN9996

DSCN9998

上の写真2カ所に配線をし、間に適当な押しボタンスイッチを付けるだけです。

DSCN0004

私は小型の押しボタンスイッチをこの部分に取り付けました。

DSCN0015

動作確認です。モニターや音声ケーブルを繋ぎます。

DSCN0014

VGA入力のあるプラズマテレビに繋いでみました、無事に画面が出ました。やはりS端子などと違って段違いに綺麗です。

DSCN0023

前回製作したSDカードアダプタと今回製作したVGAアダプタです。これでドリームキャストを綺麗な画面で遊べてデータの吸い出しも可能になりました。

まだまだうちではドリームキャストは現役です。今後もいろいろと遊んでみようと思います。

とりあえず今回はここまで。

アイドルマスターな日々

今年ももう半年が過ぎようとしているのにブログの更新が滞っていてすみません。

ネタはそれなりにあるのですが、記事書いてる時間が…。言い訳ですが。

今年に入ってから何やってたかというとずっと「アイドルマスター」漬けの日々でした。

「アイドルマスター」がアーケードゲームとしてゲーセンで稼働した2005年から「アイマス」は私の趣味の中で優先順位が常にほぼ最上位にあります。テレビアニメ化の際にはブルーレイを全部買いましたし、一昨年の7周年横浜アリーナ2days LIVEは2日間とも抽選に当たって観に行きました。

もっとも上には上の人が山ほどいるので私なんかはプロデューサー(このゲームのプレイヤーはこう呼ばれる)の末席の一人でしか無いのですが。

今年は1月25日に劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」が封切られて、うちから一番近い上映館が北九州・小倉の「Tジョイ・リバーウォーク北九州」だったので、毎週末北九州に通って何回も観てました。(山口では封切りから4週遅れでMOVIX周南で短期間上映しただけ。うちからは周南より小倉の方が近い)

んで、今回はこれ。

DSCN0727

5月15日発売のPS3用ゲーム「アイドルマスター ワンフォーオール」です。(写真は初回生産限定版)

ゲームが原点のアイマス、今回は「アイドルマスター2」から実に3年ぶり、待ちに待った新作です。

DSCN0526

わざわざバンダイナムコゲームスからポスターを貰ってきて部屋に飾ってやる気を高めたりしてます(笑)

DSCN0729

このために狭い部屋に42インチを無理矢理押し込んでるようなもんです(うそうそ、映画好きなので大きい画面で観たかっただけ)。しかし、このPS3レベルでの3Dモーションキャプチャー&トゥーンシェーディング技術は、

観るほどに凄いなぁと思います。アーケードの時はPS2上位互換基板でしたから技術の進歩には感動します。

ぶっちゃけた話、今これにどっぷり時間を費やしてるので多分更新がしばらく滞ると思います。

楽しみにして下さってる方(いるのか?)、一通りクリアし終わったらまた更新始めますのでしばらく気長にお待ち下さいませ。見捨てないでどうぞよろしくお願い致します。

ちなみに「アイドルマスター」、やってみたいと思っている方、アイマスはどっぷりハマったら破産するほどお金使いますのである程度距離を置いたつきあい方をするのがコツです、とだけは言っておきます(^^;

ドリームキャストにSDカードアダプタを増設する。

【2014年6月22日 追記】 

 いつも当ブログにお越し頂きありがとうございます。

 最近良くメールやコメントで、SDカードアダプタの製作依頼やGD-ROMの吸い出し依頼を頂くのですが、申し訳ありませんが、当方では製作や吸い出しの代行は一切いたしておりませんのでご了承下さい。なお、SDカードアダプタについては2014年現在でもamazonやパチモンTV等の販売サイトさんやヤフオクでたまに入荷や取り扱いがあるようなのでそちらのご利用をオススメ致します。


 もうすでに世間からは忘れられているのでしょうが、かつてセガも家庭用ゲーム機を販売していました。

 その最後の機種が2001年に販売終了となったドリームキャストです。

 当時としてはかなりな性能を持っていたのですが、いかんせんいろいろな事情からSONYのPS2との競争に敗れ在庫を叩き売った上でセガは家庭用ゲーム機市場から撤退しました。

 私個人としては大好きなゲーム機のひとつで今でもたまに遊んでいますが、このドリームキャストはいろいろ改造して遊ぶのが流行った時期がありまして、そのネタは今もネット上を捜してみると結構あります。

 その中の一つに「ゲームディスクからゲームのデータを吸い出してパソコンで遊ぶ」というものがあります。ゲームそのものを吸い出してPC上でエミュレーターで遊ぶ、音楽やグラフィックを吸い出して鑑賞する、などいろいろな遊び方があります。

 このデータの吸い出し方法ですが、ドリームキャストはCDでもDVDでもない独自規格の「GD-ROM」というものを採用しておりまして、世間にはドリームキャスト本体以外にこのGD-ROMを読めるドライブが存在していません(業務用のNAOMIシステムのGD-ROMドライブを除く)。

 なので、おのずとドリームキャスト本体を使用してパソコンにデータを吸い出すのですが、今まではドリームキャストのオプションである「ブロードバンドアダプタ」という装置を使う方法が一般的でした。しかしこの「ブロードバンドアダプタ」は元々ドリームキャストでインターネットを楽しむためのLANアダプターとして通販専用に売られていたモノで(後に少量一般販売された)数が出回っていないため、中古価格が高騰して一時期入手が困難でした(私はドリームキャストで ISAO NETに加入するためにこのアダプターを買っていましたので現在でも持っています)。

 そして、その後ドリームキャストにSDカードを接続できるようにしてSDカードにデータを吸い出すという方法が確立されてから現在ではこの方法が主流となっています。

 SDカードの接続方法ですが、おもに中国製を中心としていかにも怪しい外付けのアダプタが発売されてました。それを使えばお手軽なんですけど、そんなに大変な改造でも無いので自作で作ることも可能です(半田付けはちょっと慣れてないと大変かも知れません)。

 そんな訳で今更ではありますが、ドリームキャストにSDカードアダプタを増設してみようと思います。他サイトさんでもやられていますが、私もやってみたよと言う事で。

 今回は主に以下のサイトを参考にさせていただきました。(リンクフリーと言う事なので貼らせていただきます)

 てきとうなブログ

 DreamCast (その4) http://ayasuke.exblog.jp/14770467/

 DreamCast (その5) http://ayasuke.exblog.jp/14771039/

 DreamCast (その6) http://ayasuke.exblog.jp/14771277/

 それから、この手のネタを書くとすぐに「違法ダウンロードファイル」との関係性であれこれ言ってくる人が必ずいるので余計なツッコミ防止として「自分の所有してるソフトであくまで実験的趣味でやってますよ」と言う事で写真を1枚。(この他にもまだあるけどとりあえず一部)



 部品到着~と言う事で今回は「マルツパーツ館」と「秋月電子通商」の通販を利用しました。


 ドリームキャスト本体です。この改造は初期型の「MIL-CD」に対応したドリームキャストでなければ意味がありません。見分け方は「ドリームキャスト MIL-CD 見分け方」等で検索すると出てくるので判ると思います。後期の「サクラ大戦仕様」とか「ハローキティ仕様」の本体なんかはダメだったと思います。箱付きなら「湯川専務」の箱のモデルだったらほぼ間違い無いと思います。





 ドリームキャストは非常によく考えて作られており、分解は非常に簡単です。デジカメで記録しながら注意して分解していけばマザーボードまでバラバラにするのも簡単です。分解方法を解説したサイトもありますので参考にして下さい。


 今回結線を行うのはこのSERIAL(シリアル端子)です。端子と端子の間のピッチが約0.9ミリと細かいのでここへの半田付けが今回のキモになります。

 リンク先の参考サイトさんの結線図を見ながら配線していきます。

 回路図(結線図)はこちら



 配線&半田付けが終わったらどの端子にどの色を配線したかよく確認して(テスターで隣の端子とショートしてないかもきちんと確認した方が良い)ホットボンドで固めます。


 今回使う部品はSDカードスロットの他にはこれだけです。


 SDカードスロットですが、小さく作ってドリームキャストの本体に内蔵しようとすると写真のような基板取り付け型のスロットを使うのですが、ご覧の通り配線するピンが非常に小さいので結構配線&半田付けには苦労します。今回私は内蔵に拘らず取り外し可能な外付けにするつもりでしたので、配線が簡単なこちらを使いました。


 秋月電子で売っているSDカードスロットDIP化モジュール(250円)です。これならスロットはすでに基板実装済みで端子は2.54ミリピッチのピンになってますのでピンソケットを使えば楽に配線が出来ます。

 このモジュールを使用した場合、配線は以下のようになります(テスター当ててみればすぐ判るんですけどね)。


 細かい話をしますと、今回の製作ではSDカードスロットは配線図を見ると判るとおり「リバースタイプ」と言われるスロットを使用します。

 また、「SPIモード」という方式でSDカードを駆動します。この方法では1~7番ピンまでしか使いません。そのピンアサインは以下の通りになります。


 この他にSDカードスロットにはCDとWEという端子があって、それぞれ「カードの挿入/未挿入」と「ライトプロテクトのON/OFF」を検知することが出来ます。今回はこれらの端子は使いませんのでライトプロテクトの識別もされません。ですのでSDカード書き込みの際は注意が必要です。

 以上、余談ですけど。





 コンデンサと発光ダイオードは途中に小さく切ったユニバーサル基板に取り付け、本体からの配線とSDカードDIP化モジュール間の配線はピンヘッダとピンソケットで行い、取り外し可能としました。


 本体からの配線は後ろに細くスリットを入れ、そこから外に引き出して、後はドリームキャストを元通りに組み立てます。


 一通り完成です。



 まずはドリームキャストが普通に問題無く立ち上がるか確認します。




 そして参考サイト様に倣って「Dreamcast SD Loader」を使い、SDカードが認識され、bios.binとflash.binがSDカードに吸い出されれば動作確認完了です。


 後は貧乏電子工作の定番、タッパーをケースにして取り付けて完成です。

 実際の吸い出しはまた別の記事でやってみたいと思います。今回はここまで。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索