KRY秋まつり2017に行って来た(その2)【KRY秋祭り】

前回の続きです。KRY秋まつり2日目の様子です。

前日とうって変わって朝から快晴。


この日の写真にはずっと「撮影・録音は出来ません」のボードが写ってますが、単に仕舞い忘れてるだけで実際にはゲストタレントさんがいないときはOKでした。一応お断りを。


本日の総合司会は中村衣里アナウンサーと力石舜久アナウンサー。力石アナ、割と落ち着いてるように見えます。ボードを使って自己紹介。


2日目、オープニングです。


軽妙洒脱な挨拶は渡辺三千彦アナウンサー。

今日のオープニングは2本のマイクをリレーして、手際よく自己紹介をしていってトータル3分で終わらせるという趣向でやろうということに。


「自分の地元、下松だとやりにくいんだよね~」と山根由紀夫さん。ラジオ「お昼はZENKAIラヂオな時間」月・火曜日や土曜日の「ご昭和ください」を担当されてます。


高松綾香アナウンサー。後ろに石仮面が(笑)

石仮面は「ジョジョの奇妙な冒険」の第1・2部に出てくる重要なアイテム(というか全ての物語の始まり)なのですが、この場だとわかるのは「なりカル!」リスナーくらいしかおらんのじゃないかと(^^;。



高松アナ、突然客席に向かって「成田こーきとぉ…!」と投げかけるも…。


客席は冷たく「申しま~す!」の返しは無し(笑)。

「ああ~やっぱり本物じゃないとダメだぁ~」とやっちまった感満載。

去年の秋まつりの会場の一角で「成田こーきと申しま~す!」と声を張り上げ名刺を配りまくった偽物・高松アナに鉄槌下る(笑)


原田かおりさん。ラジオ「お昼はZENKAIラヂオな時間」火曜日や日曜日の「おはようショットゴルフざんまい」、テレビ「熱血テレビ」リポーターなどで活躍中。


石仮面を付けてなりきりで挨拶は成田弘毅アナウンサー。本日はオンガクFESの方に行かれるので秋まつり会場に居るのはこの時だけ。
この仮面を被った時のお約束「おれは人間をやめるぞ!URRRRRYー!」を叫びながら本日のオンガクFESを告知。意外と会場から反応があって手応えバッチリ。さすが大ヒット作品ですね。アニソン歌手に会えるからか、高血圧なのか、朝からテンションバリバリに高いです。

ちなみに余談ですが…。

秋まつりの後日、10月13日(金)に放送された「熱血テレビ」で「整理整頓アドバイザーにアドバイスをもらって成田アナの部屋を片付ける」という企画があって、なんと成田アナの一人暮らしのアパートが画面に登場。

成田アナの私生活が垣間見えるこの日の熱血テレビは成田ファンには必見!熱烈ファンを公言してる人(居るのかな?)は録画してる人を探して下さい(^^;

この映像から判明したオタク的いくつかの事柄。

1.テレビは以外に小さく32インチくらい。
2.カウチポテトソファは二人掛け(でも普段は一人で座ってそう(^^;。

3.リビングの本棚には「エアギア」や「サンダーボルト」「ジョジョリオン」などのコミックス。でも数は少なめ。ゲームは「モンスターハンター」「ファイナルファンタジー」「バイオハザード」系が数本。PS3のソフトなのでPS4は持って無いと思われる。(クローゼットの箱から初期~中期型のスロットインタイプのPS3を所持してると思われる)。意外と文庫本は「ノルウエイの森」とかの文芸系でラノベは無し。

4.スターウォーズ第1作のポスターが貼ってある。

5.週刊ヤングジャンプの読者である。

6.なにげに「社長賞」をもらっている(実はデキる男?)。

7.シャープの1ビットコンポを使っている(多分SD-CX9かコジマモデルのSD-K900)。部長、これスピーカーを純正からちょっとだけ良い物に変えるとめっちゃいい音しますよ。

…以上、缶コーラチェックでした。

また10月12日放送の「お昼はZENKAIラヂオな時間」。成田アナが担当してる水曜日でこのブログについてちょこっと触れてくれました。ありがとうございました。

それから、KRYホームページの「なりカル!」の番組ページのブログにこの秋まつりの裏側の動画がアップされてるんでぜひご覧になってください。(私も小さくちょっと映ってた)


ラジオ「おはようKRY」「お昼はZENKAIラヂオな時間」金曜日、土曜日「Happy Paradise」など担当の青木京子さん。日焼けを極端に嫌って日傘を愛用。この日傘、あらゆる番組でネタにされてまして通称「青木ドーム」と呼ばれています。今日は朝から日差しが強いのでステージにも青木ドーム持参で現れたのですが…。


横から石仮面が入ってきて…。




女性陣が次々殺到。なかなかカオスな画に。


最後に真打ち、渡辺三千彦アナウンサーが乱入しオチる、というのはお約束(^^;


八木美佐子アナウンサー。まだ青木ドームから離れてない(^^;。


丹黒香奈子アナウンサー。やはり日差しが気になります。


昨日は「オンガクFES」の方に行かれてた徳田琴美アナウンサー。この日は徳田アナ、高松アナ、原田かおりさんの3人が花柄ワンピースの衣装被り。ステージはお花畑状態。


夕方ニュースワイド「KRYニュースライブ」担当の高橋良アナウンサー。


本日はけん玉の腕を子供達と披露する予定の山本昇治気象予報士。

そして次の高橋裕アナウンサーで3分内に収まるかということなんですが…。


「はい、ここで3分です!」で一言も喋らず打ち切られる高橋裕アナ(笑)



お約束の展開に全員大爆笑。イジられまくられるアナウンス課長(^^;



高橋裕監督の必死の猛抗議にも渡辺アンパイアどこ吹く風の涼しい顔(笑)。

まあ渡辺アナが仕切ってる時点で予想はつきますよね(^^;。


そして、「それでは会場の皆様に来年度入社予定のアナウンサー内定者をご紹介します」でわらわら出てくる皆さん(笑)。


当然渡辺アナ乱入。「あなた入社数十年でしょうが」でオチるというのもこれまたお約束(笑)。


本日の来場者にも深澤朝香さんの紹介がありました。


本日は昨日のリベンジ、餅撒きが行われます。久しぶりに餅撒き部長で注意事項を。

そして餅撒き開始です。


今年も一番前でめっちゃ楽しそうな徳田アナ。普段「KRYニュースライブ」で見せる凜とした姿とはまた違った一面。

終いには持てるだけ持って一気に投げようとチャレンジ。実は徳田アナ、結構こういう大雑把な一面があってそういうところ好きなんですよね。



成田アナは若さにまかせて超遠投専門。ちなみに上の写真の右側で見切れてる動画撮ってる人物がラジオリスナーにはおなじみ「ディレクターの花ちゃん」です。

さて餅撒きが終わってすぐサイン会が始まるのでサイン会場に向かいます。背後のステージからは自己紹介をし損ねた高橋裕アナの「高橋裕です…あなたの高橋裕です…」のヒロシばりの恨めしい声が聞こえてきます(笑)。


サイン会は今日も盛況。行列です。

サイン会なんですが並んでていつも思うのですが、サインは一人1点に制限してもらえないかな~思います。一人で2つも3つもサイン貰う人が居るんだよね。


今日の高松綾香アナウンサー。新人の頃に比べると随分垢抜けたなぁと感じます。この人いつも元気いっぱいなんで見ていて気持ちいいよね。


同じく本日の八木美佐子アナウンサー。成田アナ曰く「弊社のギャラクシーエンジェル」(^^;。


原田かおりさん。「熱血テレビ」の旅企画のリポートは常連。個人的にはこの人の声がすごく聴きやすくて好きなんですよね。久しぶりにお会いできました。


夕方ニュース「KRYニュースライブ」キャスター、ラジオは冠番組「徳田琴美の恋する☆オンガク」担当の徳田琴美アナウンサー。正月のラジオ特番で「我が家のルーツは公家だった」と公言して以来、いろんな番組で「徳田は公家の出だから」とネタとしてイジられてます。


青木京子さん。個人的にあまり面識は無いのですが、夏の24時間テレビの時に友人の付き添いでお会いしたのを覚えていてくれました。


本日の丹黒香奈子アナウンサー。


ステージではお客さん参加型クイズ「準備OK?!~ステージゲーム」が行われています。



子供の頃の写真で「これは誰でしょう」と当てるクイズ。これは八木美佐子アナウンサーの子供時代。




徳田琴美アナは渡辺三千彦アナと高橋良アナを従えて「ブルゾンことみ」として登場。この「With ?」が持ってるフリップはこのステージの前の出し物の山本昇治気象予報士と子供達のけん玉披露のステージ(一般の子供達が多く出てるので写真は撮ってない)で使われたもの(笑)。男性二人の悪ノリ暴走が続く中、爆笑するしかない徳田アナ。


ちなみに後ろの写真、良く見ると膝に穴が開いてます。子供時代は相当オテンバだったそうです。


これは渡辺三千彦アナウンサー。3枚有るうちの「出せる写真」との事。後の2枚は前向きなので出せないそうで(笑)まだフリップ持ってる(^^;。


もう1枚。「この当時の少年は写真を撮るとなると必ず【シェー】のポーズを取っていた」との解説にきょとん?の司会二人。これ、大げさじゃ無く本当にそうなんだよね。私もシェーのポーズの写真残ってるもん。


続いてのステージはお名前ビンゴ。文字を引いていって自分の名前の文字が全て出たらビンゴという事なんですが…。


いきなり「を」を引いて会場爆笑の力石アナ。こんなん明治生まれのお婆ちゃんか阿部サダヲくらいしかおらんぞ(^^;。


続いて「ん」。自分の引きの悪さにあたふたの力石アナ。



会場でお会いした徳田アナにお願いして撮らせてもらった1枚。徳田アナも身長167cmの長身美人。


ステージではラジオ公開放送の準備の間、トークが行われています。これは高橋良アナ、渡辺アナ、力石アナの「鉄ちゃんトリオ」による鉄トーク。




ひたすら続く濃い鉄話に理解不能で半分呆れ気味の中村衣里アナに「なんで理解できないんだ」とばかりにトークを続けるお三方。だけどトークの内容は鉄分の有る人には常識な話だったんだよね。でも客席の人もポカーンだよね(^^;。


続いてのステージはラジオ公開生放送「おまつりスター王座決定せん」。


司会は高橋アナと丹黒アナ。前説中です。


前説中に謎の物体を設置しに来た徳田アナ。これは一体…。


ラジオ番組ですが、ここでも記録係として深澤さん登場。ラジオじゃ姿がわからないのでリスナーはヤキモキしたんじゃないかな?。



「KRYニュースライブ」チーム。高橋良アナと徳田琴美アナのコンビ。いつものニュースの画面と二人の並びが左右逆です。



「熱血テレビ」チームは高橋裕アナが司会のため高松綾香アナと八木美佐子アナのコンビで登場。



衣装被りに「たかまつぅ~」とツッコミを入れるちょっと怖い(^^;徳田アナ。普段ニュースでは絶対見れない表情。


とは言いながら和やかな3人。

「お昼はZENKAIラヂオな時間」チームは火曜日担当の山根由紀夫さんと原田かおりさん。


「おはようKRY」チームは山本恭子さんと青木京子さんの「ダブルきょうこ」コンビ。


「チームしゃちほこ」ばりに「二人合わせておはようKRY!」のキメポーズで挨拶。


必死に日差しを避ける青木さん。


ラジオ向けの出し物やクイズで競うという趣向の番組です。


コメンテーターは毎年おなじみ渡辺三千彦アナと鈴木久美さん。もうひたすらフリーダムな渡辺アナ。


放送風景。


先程の物体は「琴の台座」。

ラジオリスナーにはおなじみ、あらゆる番組で散々ネタにされた徳田琴美アナの私物の琴。会社のロッカーに入社以来ずっと眠っていた伝説の琴ですが、実は徳田アナが入社したときの紹介番組ジャックで演奏シーンが撮影されまして、要はそれ以来のお披露目という…。


「これちゃんと音出るんですか?」と弾いてみる高橋裕アナ。「ちょっとカビ臭い」「そんなことないです」(^^;


ニュースライブチームの出し物はショートコント「徳田さんが福山雅治さんのライブの琴で出演することになったら」。
福山雅治、大泉洋、桑田佳祐、ローラのモノマネが炸裂して進んで行きましたが(クオリティ的にはなかなか)…。


一番肝心なオチ。せーので「福山雅治は桜坂を歌う、徳田さんは琴で「さくら」を弾く」というオチだったんですが、肝心のところで琴のツメが指から外れて演奏にならずグタグタのオチに(^^;。


まさに「ツメが甘かった」ということに。



「熱血テレビ」チームの出し物は「安田兄弟のトルコ行進曲をモノマネしている阿佐ヶ谷姉妹のモノマネ」。



カンニング用のスマホを用意して出し物スタート。この後阿鼻叫喚に。




放送を聴かれた方はおわかりかと思いますが(とても文字に起こせない)、高松アナが途中で「すみません、八木さんの暴走が止まらないんですけど」と泣きを入れるほどのしっちゃかめっちゃかに(笑)。高橋裕アナ「お聴きの方すみません、ラジオは壊れてません」と言うほどの状況でした(笑)。


この後、番組は「お昼はZENKAIラヂオな時間」チームの「にんじんで作った笛の演奏」や「おはようKRY」チームの「恭子と京子のIT's showtime」と称したショーダンス(ラジオじゃ歌以外何やってるのか伝わらなかったけど(笑))などがあったのですが、サイン会が始まるのと、ゲストのマギー審司さんが出られるので撮影禁止なりますから、後ろ髪を引かれながらステージを後に。実はこの番組、「おまつりスター王座決定せん」と「せん」が平仮名なのはなぜか?「せん」というのは山口弁では「~しない」という意味なので、「王座は決定しません」ということで「最下位のチームが反省会を行う」という番組でした。ちなみにトップは「KRYニュースライブチーム」でした。


本日の力石舜久アナ。


今日の中村衣里アナ。


本日の高橋裕アナ。


夜のニュースで姿を見られると幸運が訪れるという渡辺三千彦アナ。「DO!ASA」「お昼はZENKAIラヂオな時間」「元・MOTTOミュージック」などを担当。


お祭りもいよいよ終わり。エンディングです。

カメラをしまっていたらいきなり挨拶が始まったので撮り損ねた方もいらっしゃいますが…。


丹黒香奈子アナウンサー。


ここでもけん玉の華麗な技、山本昇治気象予報士。


青木京子さん。


青木さんから徳田アナに「来年は琴とバイオリンとで共演しましょう」とのオファーが。


山根由紀夫さん。


高橋裕アナウンサー。と中村衣里アナウンサー。


「ご昭和ください」コンビ。何度も言ってますけどむちゃくちゃ面白い番組なのでぜひ聴いて下さい。


「DO!ASA」で渡辺三千彦アナウンサーと絶妙のコンビネーションを聴かせる山本恭子さん。


原田かおりさん。力作のにんじん笛を紹介できなくてすみません~。


高松綾香アナウンサー。


渡辺三千彦アナウンサー。


来年入社お持ちしております。


ということで本日の「KRYオールスターズ」。今日は昨日より少しいい位置から撮れたかな?。


ということで今年も秋まつり終了です。ものすごく楽しい二日間でした。ままた来年も楽しみにしています。

お読み頂いた方、ありがとうございました。

KRY秋まつり2017に行って来た(その1)【KRY秋祭り】

今年も10月7・8日の両日、地元の放送局KRY山口放送の年に1度のお祭り「KRY秋まつり」が下松市の「ザ・モール周南」で行われたので行って来ました。

この記事、長いです。すみません。


毎年10月の3連休に行われるので、今年も早々とお休みを申請していたのですが、休日出勤に。今年は諦めておりました。しかし前日金曜日の雨で職場が水没、7日当日の朝4時に職場に向かったところ水が引いておらず急遽作業中止。晴れて土日休みとなりました。一応カメラなど用意していた私はその足で下松へ。無事今年も参加出来ました。

毎年同日にライバルのYAB山口朝日放送が阿知須のきらら博記念公園でお祭りを行います。私を除く職場の人は休みになったからとみんなそっちへ向かっちゃいました。そりゃあね、比べたら確かに規模も違う。イベンターが仕切って豪華ゲストも何人も呼んで大規模に行うYABに対して、社員総出で手作り感覚で行うKRY。

イベントと言う面で見ればYABのお祭りは山口県という田舎県では考えられないほど豪華。無料だし集客が凄いのもうなづけます。

なのですが、私個人は手作り文化祭みたいな感覚で、社員総出でもてなしてくれるKRYの雰囲気が好きなんですよね。テレビに加えラジオもあるのでアナウンサー/パーソナリティの皆さんと視聴者・リスナーの距離感が他の局よりもダントツに近い。これこそがラ・テ兼営局の最大の強みな訳です。

あと、ゲスト目当てて一度でも来られた方はわかっていただけると思いますが、ゲストのファンに対して最大限のおもてなし感が素晴らしいです。加えて有料ではありますが、2年前から隣接の「スターピアくだまつ」でこれまた山口県では考えられない豪華アーティストを何組も呼んでのホールライブ。規模は小さいけど内容は負けていません。

それぞれの局の特色が良く出ており、どちらも甲乙つけがたいと思いますが、私個人はKRY山口放送の局のカラーやお祭りの雰囲気、アナウンサー/パーソナリティさん達の庶民的かつフレンドリーな魅力で山口放送の「KRY秋まつり」推しです。

…というところで今年はどんな感じだったんでしょうか。まずは1日目です。



山口県民は餅撒きに命を賭けてます。今日はゲストの「チームしゃちほこ」のメンバーもたっての希望で餅撒きに参加するとの事でしたのでファンや一般のお客さんがステージ前に集まっていたのですが、11時のオープニングの15分前になって突然のゲリラ豪雨。通り雨だったので11時5分には止んだのですがみんなびしょ濡れ。


1日目・2日目のプログラムです。本日のゲストは「チームしゃちほこ」。明日のゲストは「マギー審司」さん。


会場のレイアウトと、隣接の「スターピアくだまつ」で同時開催の「KRYギュッ!と恋するオンガクFES2017」の告知。この出演メンツ見て下さいよ。私の知人が言うには「なんでこのメンツでチケット瞬殺にならないんだ?山口っていったい…」。

そう、これでこの料金でなんと当日券があるという…。せっかく山口放送が頑張って滅多に田舎では開催されないレベルのフェスを用意してるのに、どんだけ腰が重いんだ山口県民ってのは私も不思議。

ただ、同時開催のため、私のように「秋まつりも最初から最後まで楽しみたい」と思っている人間にはなんとも悩ましい。FESに行ってしまうと秋まつりを中座するしか無いので。アナウンサー/パーソナリティの皆さんと直にふれ合えるのも1年に1回なのでどっちを取るかということになってしまいます。去年は私の好きなミンゴスこと今井麻美さんが出演されたのでFESの方に行きました、今年は苦渋の決断でFESを諦めました。


本日の総合司会は入社4年目の成田弘毅アナウンサーと入社2年目の八木美佐子アナウンサー。なんか二人並ぶと兄弟みたいな感じですよね。


オープニングは「チームしゃちほこ」が出演のため、撮影は禁止。これはしゃちほこ登場前の1枚。本日徳田琴美アナウンサーはオンガクFESの司会担当なので秋まつり会場に居たのはこの時のみ。成田アナが実にツッコミ易い姿なのだけど、隠れてて見えないですね。実はこの時私は雨のため出遅れて前の方には居なかったのでステージがよく見えなかったんです。この写真は腕を目一杯上げてのノーファインダー撮影(私のカメラはバリアングル液晶は付いてない)。一応この位の技はあります(^^;。

今年は先程の雨で路面が滑りやすくなったため餅撒きは中止。急遽並んでの「餅配り」となりました。ちょうど10年前くらいにも同じようになったことがあって、その時以来の「餅配り」です。

2列に並んで右側の列がチームしゃちほこ、左側がアナウンサー/パーソナリティ。「自分の推しの娘の投げた餅が取れるか」というゲーム性は無くなったものの、まさかの至近距離でのメンバーからのお餅手渡し。鯱ファンからは「神イベ」の声多数。そりゃ嬉しいよね。


オープニングが終わったら、個人的には一番のイベント、「アナウンサー/パーソナリティサイン会」の会場へ。

正直、これに参加しちゃうと行列に並んでひたすら自分の番を待つ、という状態になるのでステージイベントがあまり見れないというジレンマがあるのですが、ここはKRY山口放送ファンとしては外せません。


ちなみに今年もKRYアナウンサーカレンダー2018年版が作られ、この秋まつり会場から販売開始となりました。年々写真が大きくなり枚数もページも増え、紙質も良くなって進化していながら価格は据え置き800円という素晴らしさ。今後山口放送の本社・支社の他、いろんなイベント会場などで販売されると思います。


まずは入社3年目、高松綾香アナウンサー。防府市出身。夕方ワイド「熱血テレビ」MCとして今やすっかり夕方の顔です。実は前日、6日の熱血テレビの衣装が凄く似合っていて、「おおすげー、落ち着いた大人の魅力出てるやん」と新たな魅力再発見。でも喋ったらいつもの高松さんだったけど(^^;。


同じく「熱血テレビ」MC12年目の高橋裕アナウンサー。本日はこの人の正装であるベスト姿。ラジオ「ご昭和ください」での山根由紀夫さんとの掛け合いが抜群に面白いのでぜひ聴いてみて下さい。


1児の母にして現在は「お昼はZENKAIラヂオな時間」木曜日担当の他、「熱血テレビ」他のリポート等で活躍中の河野康子アナウンサー。私、新人の頃テレビリポートでよく何でもないところで転びまくってたのをいまだに覚えてまして、密かに「コケ芸」と呼んでおりました。すみません(^^;


KRYで食レポと言えばこの人、春に放送された日本テレビの全国ネット特番で「水卜麻美アナウンサーに似てる」と評判になった中村衣里アナウンサー。そしてラジオ「ラジKING GOLD」ではネタ投稿コーナー「すまいる大学校」の「学長」としてradikoのお陰で全国に門下生がいるという活躍ぶりです。


会場全景はこんな感じ。飲食街のあるショッピングセンターであるためグルメの出店は少なめですが、各スポンサーさんのブースが数多く並びます。


12時からのテレビ公開放送特番の前説中の成田アナと八木アナ。アイドル好きの八木アナはしゃちほこのタオルを掛けてますね。

この後会場から30分の生放送が行われました。


「熱血テレビ」×「歌唱王」の山口県代表決定戦を前にしてトーク&前説中の高橋裕アナと高松綾香アナ。


ここで毎年恒例の来年度アナウンサーとして入社予定の方の紹介がありました。

本来は秋まつりに来た人のみが知りうる「特典」なので今年も迷ったのですが、皆さん気になると思いますので、今年もあくまで私の自己責任でお写真を載せます。しかしまだ入社前で身分は学生さんですし、あくまで内定者なので、他所への写真の転載は絶対にしないで下さい。くれぐれもお願いします。

「深澤朝香さん」宮崎県出身の東京育ちだそうです。ここ数年地元や近隣の出身者の採用が続いたのですが久々に遠方の出身者の採用となりました。この場では語られなかったのですが、実は中央大学のミスコンのファイナリストになったこともあるという人です。

余談ですが、「なぜ昨年は力石舜久アナの紹介を載せなかったのか?男性だからか?」とある人から言われたのですが、去年はサイン会の行列が凄くてその場をほとんど離れられなかったため、私自身が力石アナのステージでの紹介を見逃してしまったためです。なので去年は「あれ?今年は新人さんの紹介無いのかな?」と思ってました。すみません。



入社2年目、アイドル・マンガ・アニメ大好きの八木美佐子アナウンサー。「熱血テレビ」や「さわやかモーニング」などのコーナー取材に飛び回っています。なにげにカレンダーのこのページ、凄いでしょ。KRYの綺麗どころ3人の浴衣姿という嬉しい7月。ただ知ってる人はわかると思うけど、撮影場所は山口放送本社の中庭なんだよね(夏は蚊が多い)。一見ロケに見えるでしょ。
(良く見ると高松アナが盛大に日付を間違ってます(^^;)


成田弘毅アナウンサー。ラジオ「お昼はZENKAIラヂオな時間」水曜日担当の他、「KRYニュースライブ」のスポーツコーナーやその他のリポートで活躍中ですが、7月より「かねてからやりたかった」というサブカルチャーをフィーチャーしたラジオの冠番組「なりカル!」が始まり現在絶好調!ノリにノってます!。ちなみに番組内での設定は「クラブ活動の部長」。なのでリスナーからは部長と呼ばれています。「顧問の花ちゃん」ことディレクターとの掛け合いトークも最高に楽しい番組です。
サイン貰いに行ったら、録音機のスイッチを入れて逆にインタビューされてしまったという(しかも本来貰えるはずの「裏・成田弘毅と申しますステッカーは貰えなかった(笑))。この時の音声は秋まつり後の「お昼はZENKAIラヂオな時間」水曜日内でちょこっと使われました。

写真は「部長、【漢の1枚】を下さい」とお願いしたらこのポーズをキメてくれました。漢はシャウトだぜ!


今や「KRYさわやかモーニング」でKRYの朝の顔。コーナー取材でも県内を飛び回り大活躍の丹黒香奈子アナウンサー、ラジオでは土曜日の「丹黒香奈子のGOKU旅」を担当しており、radikoでも聴けるのは四国放送在籍時代のファンにとっても嬉しい限り。ラジオにぜひメッセージを!との事です。


今年の新人、力石舜久アナウンサー。ニュースとか見てると非常に落ち着いて喋っているのでとても聞きやすく安心感があります。ご本人は「いつかラジオ番組持ってやってみたいんですよね」との事。そうそう、せっかくラ・テ兼営局に入社したからには頑張ればチャンスはあるかも!。




来年度のアナウンサー入社内定者の深澤さん。お写真お願いしたら快くOKをいただきました。サインも「普通の楷書ですけどいいですか?」と言いながら書いてもらえました。もう大学の卒業内定は出ているそうなので、来年春お待ちしております。頑張って下さいね。



ステージでは「熱血テレビ」×「歌唱王」の代表決定戦が行われています。誰が優勝したかはそのうち熱血テレビで放送があると思いますので内緒にしておきます。


会場にいらした丹黑アナにお願いしての1枚。身長170cmの長身美人。


同じく田舎もち本舗「たけした」さんで買い物中の八木アナにもお願いして1枚。テレビで見るより意外に小柄なんです。


力石アナにも会場で遭遇。良い笑顔じゃないですか。


先輩後輩コンビで1枚。八木アナ曰く「先輩になっちゃいました~」。


ラジオ公開生放送「ラジKING GOLD 秋まつりスペシャル」放送前の1コマ。番組自体はゲストでサボテンブラザーズさんが来られるので撮影は禁止。


そして、初日1日目の終わり、突如として予告無しに始まったこの出し物(という名の茶番劇(^^;)


突如現れたこの人は誰だ。…ってもう判るよね。これは熱血テレビの秋まつり報告コーナーでも流れなかったので本当に来た人だけの「特典」。


「ブルゾンあやか With ?(←何だろ)」。「女に生まれて良かった」で思いっきり振り返った瞬間ウィッグが取れるハプニング。この1日目エンディング前の出し物は毎年ハプニングが付きものなんです。



モロ肌脱いだら油性マジックで書き殴ったお手軽さ(^^;。


成田アナ、なぜかこの日少量残っていたデッドストックのお餅を投げる。


「明日もキテネ」で無事キマったか?


脱げたウィッグの「正面がどこかわかりませ~ん」と被り直しに苦労する高松アナ。


1日目、エンディングです。


ちなみにこれが本来見せるはずだった「ブルゾンあやか」。高松アナ、不敵な笑いで「やりきった感」満載。


ラジオ「おはようKRY担当」かつ、スポーツ中継にこの人ありの竹重雅則アナウンサー。


河野康子アナウンサー。


力石舜久アナウンサー。


アンコールの「明日もキテネ」。


モロ肌脱ぎかける渡辺三千彦アナウンサー(来年定年)。


間抜けなスタイルながら何事も無かったように挨拶する成田弘毅アナウンサー。


中村衣里アナウンサー。


丹黒香奈子アナウンサー。


八木美佐子アナウンサー。


高橋裕アナウンサー。


重鎮、渡辺三千彦アナウンサー。


最後にデッドストックで残っていた数個の餅をみんなで撒いて1日目終了です。


皆様1日目お疲れ様でした~。


恒例の「KRYオールスターズ撮影会」。今回は私の位置が悪く目線を貰えず残念。


サイドのお客さんにも目線を。


最後は女性陣のアップで締めたいと思います。

今年はとにかく写真を多く載せようということでやってみました。

引き続き2日目の様子を書きますのでよろしくお願い致します。

ちょっとでも良かったと思ったら拍手ボタンを押して頂けると嬉しいです。

【予告】KRY秋まつり2017に行って来た。

休日が取れるか危うかったのですが、無事今年も行って来ました。

今週は秋まつりの2日間休んだ分、土曜日までかなり仕事がたて込んで忙しいので、今のところ来週日曜日(15日)には更新したいと思います。なのでとりあえず予告と言うことで待ってていただければ(待ってる人、居るのか知らんが)嬉しいです。1日目2日目に分けて書きたいと思います。

さて、今年はどうだったんでしょうか?


ほとんど放送事故スレスレのラジオ生放送あり…。


そしてこの人は誰だ?!(^^;

出来れば読む前にテレビ生放送特番はもう放送済みですが、radikoプレミアム会員の方は来週14・15日までは秋まつり特番が聴けますので事前に聴いておいていただけると楽しめるかと思います。

あ、そうそう。来年の新人さんをフライング紹介するかどうかは考えます。まだ卒業前の学生さんですし、秋まつりに来た人だけの特典、という面もあるしね…。ちなみに女性です。


個人的には前回までの続きで「Windows98」ネタも早く書きたいのでそっちが先になったりして(爆)

2017年KRY山口放送本社に24時間テレビの募金に行ってきた。

毎年の事なのですが、今年も24時間テレビの募金会場の一つ、KRY山口放送本社に募金がてら生放送風景の見学に行って来ました。

24時間テレビについては毎回各方面でいろいろな意見がありますけれど、私自身の考えは以前このブログに書きましたので何度も書きませんが、方法は別として年に一度テレビがこういう話題を啓蒙する機会があっても良いのではないかと思っています。嫌な人は観ない、募金もしないという選択肢もある訳ですし。

ただ、番組内容としてはあまりにもバラエティーショー化しすぎているので再考して初期の雰囲気も取り戻して欲しいなとは思っています。日本の福祉の現状について問題提起するという考え方が圧倒的に抜けている。でも実際今の番組内容で視聴率が取れると言う事は今の視聴者が観たがっているいるものはこういうのなのかなとのちょい複雑な思いもあります。それでもローカル各局が取り上げてる話題は初期に比較的近いかなと思いますが、日テレ枠はね…。

私は80年代中程に数年間、日本武道館会場でカメラクルー助手としてアルバイトした経験があって、その当時の雰囲気が好きだったのでなおさらそういう考えなのかも知れません。

本当は会場全体の雰囲気も載せたいところなのですが、募金に来られた方がすごく多くてモザイクだらけになってしまうので、出演者の方を中心にご紹介します。

同じ人の写真が何枚もありますが、日や時間の経過でTシャツの色が変わってますので、その辺も合わせてお楽しみ下さい。

まずは1日目の様子から。


山口放送の中継枠放送中。今年の新人、力石舜久アナウンサーは初の24時間テレビで緊張の極み。


今回も山口放送のメインパーソナリティはこのお二方。高橋良アナウンサーと徳田琴美アナウンサー。「KRYニュースライブ」(毎週月~金夕方6時15分)のキャスターコンビです。


1日目の徳田琴美アナウンサー。ラジオでは「徳田琴美の恋する☆オンガク」(毎週日曜正午)を担当しています。全国のradikoが聴ける方、ぜひ聴いてみて下さい。ニュースだと凜とした佇まいなんですけど、以外と大雑把なところもあったりしてその辺がこの人の魅力でもあります。


1日目の中村衣里アナウンサー。今回は「切り絵作家の久保修さんと24時間でみんなで切り絵を作ろう」という企画の担当で一日中大忙し。テレビでも熱血テレビ他でのリポーターの他、ラジオでは「ラジKING GOLD」を担当。番組のメインは「すまいる大学校」というネタ投稿コーナーで一応番組では「学長」という設定になってますが、radikoのお陰で全国に門下生がいます。


丹黑香奈子アナウンサー。「KRYさわやかモーニング」(毎週月~金朝5時20分)担当。毎朝2時起きで頑張っておられ、番組放送後も県内あちこちの取材に飛び回ってます。早朝番組なので24時間テレビはコンビの長井紀幸アナウンサーと一日交代で担当だそうです。


今年入社の力石舜久(みつひさ)アナウンサー。現在は熱血テレビ他のリポーターで頑張ってます。名字のせいでよく「ボクシングやってたんですか?」と聞かれるそうですが、経験は無いそうです。ある年代の方にとっては「【力石】とくれば【徹】ってのは係り結びみたいなもん」ですからね。明日は外から入社以来初の生中継があるそうで、「緊張はMAXでお腹が痛いです」とおっしゃってました。頑張れ!。


珍しい丹黑アナウンサーと力石アナの2ショット。


さらに珍しい徳田・丹黑・力石各アナウンサーの3ショット。


アナウンス部の長身コンビ。お二人並んでるともの凄く目立ちます。


続いて2日目の様子です。

ちょっとお詫びを。2日目はカメラのイメージセンサーに半円状のノイズが残ってしまったらしく、所々写真に写り込んでしまってます。(いつも撮影前に初期化はしているのですが今回は気づきませんでした。すみません)。そろそろ新しいカメラも欲しいところなのですが…。

2日目は早朝6時から高橋裕アナウンサーが全国ネットで「ABUウォーターボーイズ」の生中継を行いました。ここ数年では全国中継は久しぶりじゃないかな。スタッフは午前3時から入念に準備されたそうです。「ABUウォーターボーイズ」はローカル枠でも成田弘毅アナウンサーが生中継で紹介しました。


お昼のKRY枠では山口県出身の松村邦洋さんとバイオリニストの末延 麻裕子さんがゲストで出演。末延さんは生演奏も披露して下さいました(この時は撮影禁止ではありませんでした)。


高松綾香アナウンサー。「熱血テレビ」(毎週月~金夕方4時50分)MC担当。本日はKRYラジオでの「24時間テレビ ラジオリポート」の担当です。平成生まれなんですけど、なんかどこか昭和の雰囲気がある人でその辺もまた魅力でしょうか。いつも元気いっぱいな人です。


2日目午前の徳田アナウンサー。今回の新色、オレンジのチャリTシャツ姿。


会場には贈呈された福祉車両の展示もあります。


2日目午後のMCコンビ。


長井紀幸アナウンサー。「KRYさわやかモーニング」(毎週月~金朝5時20分)担当。明日は早朝からお仕事なのにこの日は遅くまで頑張っておられました。いまやすっかりKRYの朝の顔です。積極的に外に取材に出られることも多いです。


初の中継を終えてほっと一息、本社に戻って来られた力石アナウンサー。もう心臓バクバクだったそうですが、すごく安定した聴き取りやすい中継でした。


2日目も頑張る、徳田アナ。午後はネイビーのチャリTシャツ姿。


アイドル大好き、入社2年目の八木美佐子アナウンサー。以前STU48の取材に行かれたときはもの凄く楽しかったとおっしゃってました。現在はいろんな番組のリポーターとして東に西に大忙しです。


八木美佐子アナウンサーと1年先輩の長井紀幸アナウンサーとの2ショット。


今回、述べ100人以上の人の手で完成した切り絵。久保修さんは「やったことないので完成するか一抹の不安はあれど必ず完成させます」と仰ってましたが、見事に完成。番組終盤で無事お披露目となりました。


番組最後のサライのリハーサル中。たとえ8秒間のワイプ画面でも気は抜きません。毎度思うのですが、エンディングくらい各系列局を大写ししても良いと思うんですけどね。今年も皆さんお疲れ様でした。

【予告】2017年KRY山口放送本社に24時間テレビの募金に行ってきた。

近日中にアップします。よろしくお願いします。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索