レトロなパッケージ

 
 あまりに懐かしいパッケージに思わず「おおっ!」ときてゲットしてしまいました。私の住む所よりさらに田舎の電気屋さんのデッドストックです。記憶を辿るに多分1975年頃のものじゃないかと思います。ヘッドホンのイラストがドラマ「傷だらけの天使」のオープニングでショーケンが着けてるヘッドホンそのままです。
 今現在は量販店のコード売り場ではソニー、ビクター、テクニカの3社がハバをきかせてますがこの頃のパイオニアはこういったアクセサリも多く出してました。金メッキでも無いのに当時の850円だから結構高いです。
 この後カーオーディオ(「カロッツェリア」じゃなくて「ロンサムカーボーイ(懐)」)、その後LDをきっかけに総合映像音響機器メーカーになって行きますが、オーディオ専業メーカーだったこの頃のパイオニアが一番輝いていたような気がします。憧れでした。

下関でお仕事2





 あれからまだ下関に通って仕事しています。てなわけで、上からライトアップされた「赤間神宮」、赤間神宮境内から海側を望み桜と関門橋(ちなみに三脚を忘れてしまったので全て手持ち撮影・・いやぁ、難しいです)、そして下関市長府の神戸製鋼前の桜並木です。
 あれから例のふぐ料理のお店にも行きました。あそこは養殖物ですが私の舌には充分・・というか天然物と区別なんかつかないです。6,000円前後から各種コース有り、と結構リーズナブルでお味も私には申し分ありませんで、まぁ満足でした。あとは鯨料理を食えば下関的にはオッケーなんですが・・鯨も今や高級料理ですから。あとはお隣が韓国ということもあり、おいしい焼き肉屋さんも市内には多いです。でもやっぱ買い物とかは小倉に行っちゃうんだよなぁ。


下関でお仕事



 今日は下関で仕事でした。鯨、ふぐ、松田優作、片桐竜次、ロンブー淳、山本穣二etc・・。最近の下関は市内よりも郊外の方が元気があり、市内中心部はシャッターの降りたお店も多くなりました。鯨漁が盛んで大洋漁業(現マルハ)の本社があった頃はとても賑わっていたのですが・・。
地元の人はもとより私なんかも買い物が有れば関門トンネル通って北九州の小倉あたりに遊びに行くことが多いです。



 先日放火により消失してしまった下関駅は仮駅舎も無くがらんとした状態。関門鉄道トンネル開業の頃からの古めかしさ溢れるコンコースの雰囲気が好きだった私には寂しい限り。JRもお金が無いようで再建には時間がかかるようです。



21世紀の下関の象徴、海峡ゆめタワー。結構九州側からでも目立ちます。まだ上った事は無いのですが。夜のライトアップは綺麗です。



 高杉晋作ゆかりの地、下関市豊前田(ぶぜんだ)町商店街。通称晋作通り。昼は商店街、夜は飲屋街です。今日はここで一日仕事です。ちなみに看板のふく料理(下関ではふぐの事を「ふく」と呼びます)のお店はかなり有名なお店。スーパーにちゃんとしたとらふぐの刺身を売ってるような土地柄ですが、やっぱりそうそう食べれるものではありません、ああ、ふぐちり鍋食いてぇなぁ・・。



 1日の仕事を終え、関門人道トンネル入り口から関門橋と海峡を望む・・って車停められなかったので車の中からヘタな写真1枚。目の前は壇ノ浦古戦場。橋の向こうは九州。この場所の地下には関門国道&人道トンネル。写真より右側の方向には武蔵、小次郎の巌流島があります。写真では全く伝わりませんが、この場所の景観はなかなかのもの。久しぶりに今度は天気のいい休日にゆっくり来てみようかな。ちょっと疲れた一日でした。
プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索