KBCラジオ「PAO-N」にて

 お隣、福岡のKBC(九州朝日放送)ラジオの人気昼ワイド番組「PAO-N(パオーン)」をよく聴いています。以前は地元局の昼ワイドを聴いていたのですが、この局がAMラジオ局にあろうことかラジオカーを全廃してしまいまして、「リスナーとの接点よりコスト削減かい、地域密着のAMラジオにとって本末転倒じゃい」とすっかりシラけてしまいまして、もっぱら福岡の局に浮気してるところであります。福岡にはKBCの他にはRKB(RKB毎日放送)ラジオがあるのですが、どこか洗練されたというかとりすました感じのあるRKBより雑多な感じのKBCが性に合ってるみたいでお気に入りです。

 この「PAO-N」という番組、元は80年代に福岡の中高校生に圧倒的人気を誇った「PAO~N ぼくらラジオ異星人」という夜ワイド番組でした。当時AMラジオの遠距離受信なんかがちょっと流行っていて、また当時三才ブックスから出ていた「ラジオパラダイス」というAMラジオを取り上げる雑誌などでも紹介されたこともあり、一部では全国的人気をも獲得していました。パーソナリティは番組開始から何度か変遷を経て最終的に全曜日を担当したのがKBCの局アナである沢田幸二アナウンサーでした。

 沢田アナは個人的に山口県岩国市出身という事で応援していたので、当時東京に住んでいた私は通勤電車の中や自宅で遠距離受信で「PAO-N」を聴いていましたが(ポケットラジオでもアンテナの工夫でKBCラジオは受信できた)、当時出入りしていた首都圏の局でも「PAO-Nの沢田か、沢田のPAO-Nか」と時折話題になるほど注目されていました。それほど人気の番組であったにも関わらず当時のKBCのお家事情で今はKBCの中でも話題に出すことすらタブーと噂されている黒歴史、「1日のオンエアを番組という単位で区切らず終始情報を発信し続ける」というお題目の「KBC-INPAX」という局を挙げてのタイムテーブル編成の暴挙により終了したのが1990年。

 その「PAO-N」が2003年に紆余曲折を経て昼ワイドとして復活し、現在はKBCラジオの看板番組と言っても良いだろう人気を獲得しています。今は出世した沢田アナも相変わらず昔とさして変わらないトークを続けてくれてるのは嬉しい限りです。

 さて、ちょっと前の話で恐縮なのですが、先週の木曜日(13日)の事。仕事が忙しくながら聴取でラジオの前をちょくちょく離れながらも聴いていたところ「音楽捕物帖」のコーナーで'72年に放送された実写版のドラマ「ワイルド7」の主題歌を取り上げて紹介していました。その中で沢田アナがレコードジャケットを見ながら「なんとあの佐藤餓次郎さんも出ていたという・・」と発言。しばしパーソナリティ3人で「へえそうなんですか」と談笑。

 「ん?佐藤餓次郎なんて出てないぞ」と思った私。よくよく考えればチャシュー役の俳優さんが似てるといえば似てる。多分写真見て勘違いしたんだろうなぁと思いつつ、他愛ない間違いなんだけど一応聴取率調査のスペシャルウィークで聴いてる人も多いだろうと思い、携帯からメールしてみました。「ワイルド7に出てたのは佐藤餓次郎さんではなくてよく似てますが花巻五郎さんという俳優さんですよ」と。普段ラジオに投稿なんてほとんどしたことないからラジオネームなんてないし、そもそもネタ投稿じゃないので無記名で。

 3~4分後、沢田さんの声で「只今ご指摘をいただきました。ワイルド7に出てたのは佐藤餓次郎さんでは無くて花巻五郎さんという俳優さんです」と訂正が。パーソナリティ3人、苦笑。沢田さん「似てたんだけどなぁ・・」と言い訳。沢田さんに自分の送った文章が読まれたのは嬉しかったのですが、なんとなく多少気まずい感じで「送らないほうが良かったかなぁ」とちょっと後悔モードに。

 その後しばらくバタバタしていてラジオの前に戻ると何とまた先ほどのワイルド7の俳優さんの話をしてました。「ハニワの部屋」というリスナーからのネタ投稿コーナーなのですが、リスナーのどなたかが早速先ほどの出来事をちゃかしネタとしておもしろおかしく送ってくれたようで(多分「こんなパーソナリティーはいかがなものか?」みたいなネタではないかな?)すっかり笑いに包まれてその話をしてるのを聴いてどこのリスナーさんかネタ自体は聞き逃がしたけど笑いにしてくれてありがとうって気分でした。実にPAO-Nらしいリスナーの連携になんとなく和んだ気分になりました。

 と同時にハガキしか手段の無かった昔ならこんな瞬時の番組展開なんて考えられなかったよなぁなんて思いました。私が学生時代に聴いていた頃なんて「先週の○○に対してこんなおハガキが届きました」なんてやってたもんなぁ。FAXとメールの出現でこんなこと出来るんだなぁと普段ラジオ聴いてるくせに自分が当事者になってみると改めて感じました。この一人ひとりと「繋がってる」感覚ってラジオならではの感覚でいいものです。これがある限りラジオを聴き続けたいと思います。

 他愛の無い出来事ではありますがなんとなく楽しい気分になれたひとときでした。

CDP-555ESDを入手しました。

 ここの所、オーディオジャンクは負け続き。
本当に久しぶりにジャンク屋さんに行ってみました。
おっ、結構良さげなものが・・これは久々に・・。



 ・・ってことでこれ。ソニーのCDプレーヤー、CDP-555ESDです。1986年発売、当時の定価は何と16万円!。ソニーの歴代CDプレーヤーの最高傑作と言う人もいらっしゃいます。(私はあまりそう思っていないんですが)
理由は高剛性・耐震・耐共振等の特性に優れたジブラルタルシャーシ(Gシャーシ)を採用した堅牢なボディにあります。
スペック的には16ビット・4倍オーバーサンプリングと至って基本的な構成ですが、内部はバブル絶頂期ならではの物量作戦で非常にお金がかかっています。トレイ出ず。フタを開けてCDをセットしたところ再生は出来たとの事で3000円。オークション等では未チェックのジャンクでも5千円以上にはなるのでピックアップが生きているならこの値段はオイシイので迷わず購入。この頃のソニーのCDプレーヤーでトレイが出ないという症状の原因はほぼ9割がた同じ理由であります。多分楽勝です。




 原因はやはりというか想像通りでした。トレイ駆動用のベルトの伸びとプーリーのグリス固着でした。この固着がまたハンパでは無く。完全にくっついてプーリーを外すのにも一苦労でした。ベルトを新品に、古いグリスをふき取り、新しくグリスアップで無事トレイが出るようになりました。やっぱり楽勝でした。



 内部はお金かかってます。シャーシは胴メッキだらけ。アナログ回路にも電源にもそしてなぜか制御用のデジタル回路にまでオーディオ用コンデンサーが。しかも基盤はガラスエポキシ。この頃のソニーCDPの特徴であるリニアモーターメカでシーク時間は爆速、静か。使い心地は快適そのものです。
音質はさすがにすばらしいです。力強い低音から高域まですっと伸びた感じでありながらパワフルかつ繊細さも持ち合わせています。個人的には少し荒削り気味だった先代のCDP-553ESDの方が好みではありますが・・。



 これがGシャーシ。むちゃくちゃ重いです。



 背後に2つ飛び出たツイントランス。かっこいいんですけど、ラックに入れるときに結構邪魔だったりする。

 今回は久々の当たりでした。今使ってるマランツのCD-75を押しのけて所有してるCDP-502ESと合わせて本日よりメイン機に昇格です。壊れたら部品が無いのでもちろん大切に使おうと思います。(普段ガンガン使う用に333シリーズを導入してもいいかなとも思っています)


アナログレコードをCD化する



気が付けば1ヶ月以上も書いていませんでした。

 先の「私の好きな懐かしテレビ」は結構反響いただきました。
番組内容は観て書くのでまあいいんですが、その当時の事や番組周辺の事は記憶を掘り起こさないと書けないので文章にまとめるのが大変でしたけど反響があると嬉しいものですね。ホントはブログじゃなくてHP向きの話題ですけどまたやってみたいと思います。

 ここ最近はヒマをみつけてアナログレコードのCD化を始めました。もっとも社会人になるまではお金が無かったのでもっぱらFM放送からのエアチェックばかりしてましたし、汎用コンピューターのSEとして就職した会社は家電メーカーでもあったので、結構早い時期にCDプレーヤーを社販で買った事もあって所蔵レコードはそんなに多くありません。
(当時はCDを普及させるために、同じタイトルのアルバムでもLPレコードに対してCDは”CDのみ収録”と称して1曲多かったりとかいろいろアコギな事が行われていた)
後にCD化されて買い直したものもありますので当時CDで発売されず、未だにCD化されてない物についてCDにすることにしました。

 実際は所蔵レコードは殆どカセットテープに落として聴いていましたのでレコードプレーヤー自体を使うのが何年ぶりだろうか。おそらく10年ぶりくらいだと思います。とりあえずは機材を引っ張り出して用意することにしました。

 レコードプレーヤーはデンオンのDP-55M。'80年頃発売のクォーツロックのベストセラー機です。それ以前はパイオニアのPL-340という確か「PROJECT7」というシステムコンポ用のフルオートDDプレーヤーを使ってましたが、いつしか原因不明のハムノイズが出るようになってしまい処分しました。このデンオンは数年前に当時の職場の上司から譲ってもらいました。・・が、久々に動かしたらうーん、クォーツロックがロックせずに回転が定まらない。ターンテーブルを外してカセットデッキのヘッドみたいなセンサーを掃除したらちゃんとロックがかかるようになりました。

 カートリッジはオルトフォンのMC20を選択。と言っても他にはオーディオテクニカの安いVM型と前述のパイオニアのプレーヤーに付いていたヘボいMM型の2つしかありません。
私は歌謡曲からアニソン、クラシックまで何でも聴きますが、どちらかといえばジャズ・フュージョン系を聴くことが多いのでオルトフォンはあながち間違った選択では無いかな?と思います。

 組み合わせが決まったところで、プレーヤーのセッティング。水平出し→アーム高さ調整→オーバーハング調整→ゼロバランス出し→針圧調整→インサイドフォースキャンセラー設定・・・一連の調整は迷わず終了。う~ん久々なのに頭ではなく体が覚えてるってのもなんかなぁ。いまどきの人ってこの辺の設定って出来なくて当たり前なんだろうなぁ・・・必要ないもんね。

 アンプのチョイスで一悶着。当初ラックスマンL-309XにデンオンのAU-340という昇圧トランスで行こうと思っていたら、AU-340からこれまた派手なハムノイズ。今すぐの事にならないので、急遽サンスイのAU-α907iにご登場いただくことになった。907iはMM/MC切り替えがあるのでこういう時は重宝します。

 余談ですけど、さっきからあえて「DENON=デンオン」って書いてます。意地でも「デノン」なんて呼んでやるものかってんだ(爆)。

 パソコン側はオンキヨー製サウンドボードSE-80を使用。ちょっと前の型ですが家にあるやつで一番音質重視設計なので迷わず選択。このサウンドボード、音はいいんだけどデバイスが内部接続できなかったり、マイク・ヘッドホン端子が無かったりとかパソコン用汎用サウンドボードとしては使い勝手はあまり良くないです。使い勝手より音質って設計なんでしょうね。

 取り込みソフトはEDIROL発売の「cakewalk pyro2004(ケークウォーク パイロ)」を使用。以前、MP3変換ソフトとして購入。もちろんアナログレコードの取り込みにも対応してることを考慮した上で結構前に買った物です。でも全般的にcakewalk製のソフトって高機能なんだけど使い勝手が今ひとつとっつきにくいって感じです。カジュアルにアナログソースのCD化をやるんならインターネット社製のソフト「sound it!」の方が使いやすいかも知れません。値段高いけど。

 後は一通り必要なものを揃えたのですが、まだレコードクリーナーとかレコードスプレーとかスタイラスクリーナーとかちゃんと売ってるのね。偉いぞ、オーディオテクニカ。

 さあ、これでじゃんじゃんレコードをCDにしまくるぞーって事で久々にレコードの音を聴いたんですけど、こんなに音良かったんだって改めてびっくり。なんというかトゲの無いまろやかなレンジ感のある音でちょっと感動してしまいました。スクラッチノイズが懐かしい。ソフト側でノイズ消去のエフェクトも出来るのですがスクラッチノイズこそレコードの特徴って事であえてそのままで録る事にしました。

 でもなんかハマると中古レコードに凝り出しそうでちょっと心配です。

 あと、一緒に写ってるレコードジャケットは?・・。これ、誰かは知らなくてもたいていの人が何がしかで曲は聴いた事がある・・そんなグループです。メンバーだった中の一人は今全米で有名な日本人アーチストですが、日本では知る人ぞ知る・・って感じの人です。昔、谷山浩子のオールナイトニッポンを聴いていた人ならCMの時間調整用の曲って言えばわかるかも。いずれ紹介してみようと思います。



プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索