SLやまぐち号をバイノーラル録音で録ってみる


 ちびっ子マラソンの後、JR山口線の長門峡駅にやってきました。

 以前の記事を書いた時に「今度は音を録音してみようかな」と思ったのでそれを実行してみることにしたのです。

 録音機材は以前地デジ大使のイベントを録った時に使った、インナーイヤータイプのヘッドホンを利用して作った自作のバイノーラルマイク(こちら)。バイノーラルってなんだ?って方もリンク先の記事を読んでいただきたいのですが、要するにヘッドホンで聴くと普通に録音したものよりリアルな臨場感が得られる、という録音方法です。

 使用しているコンデンサーマイクユニットはパナソニックのWM-61A。超小型かつ音質には定評のあるマイクロホンです。レコーダーはソニーのMP3録音のICレコーダー。ホントはリニアPCMレコーダーがいいんだけど、買おうと思いつつどの機種にしようか決められないというヘタレぶりです。


長門峡駅では派手に汽笛を鳴らしてくれるので今回ここで録音してみることにしました。


 録音時の停車風景はこんな感じ。思い浮かべながら聴いていただければ。

で、今回初めてだったので反省点も多く

(1)簡易的なウインドスクリーン(風除け)を着けていたんだけど、風のノイズが
   入ってしまった。
(2)機関車のメカ音が入って欲しかったので駅のホームで録ったのだけど、至近
   距離で汽笛を録ることになるので、ただ汽笛がむちゃくちゃうるさいだけの
   仕上がりになってしまった。

(3)もう少し臨場感、移動感のある録音位置を研究の余地あり。

等など、非常に稚屈な出来になってしまいましたが、初トライということで良かったら聴いてやってください。ホントに汽笛がうるさいのであまり音量上げないほうがいいです。

MP3ファイルです。バイノーラル録音ですので必ずヘッドホンで聴いて下さい。

長門峡駅のSLやまぐち号(MP3)

大河原あゆみアナ(山口放送)inちびっ子マラソン


 先日の下関海響マラソンでも大健闘だったKRYの大河原あゆみアナですが、14日の土曜日に山口市阿知須のきらら博記念公園で行われた「マルキュウ・S&B杯ちびっ子健康マラソン」という催しにリポーターとして取材に来られるとわかったので催しの見物がてら行ってみました。

もちろん親子対象のイベントでありますが、まぁ見てるだけならいいでしょうということで。

 直前まで雨が降っていたのですが、イベント直前にこの天気。あの入社間もない頃「雨女」と言われた大河原アナはどこへ行ったのだろうか。

 マラソンのスタート地点はきららドームの中。参加者も多く大盛況でした。


 中は広いので大河原アナがどこにいるのか判らない。今回はリポーターなので、イベントの司会は別の方がやってました。一生懸命取材クルーのカメラを探してみると遥か彼方に見つけました!。


 400mm相当の望遠でも厳しい距離なのでどういう風にリポートしてるのかはわかりませんが一所懸命さが伝わってきます。

 マラソンの時と少し髪型と髪色が変わったようで、なかなかいい感じです。


 競技はというと学年別にドームを出発して眺めのいい公園内を走ってドームに帰ってきて順位を競うというもので、もちろん上位の表彰というのはあるのですが、全体的に参加して走ることを楽しむ、という方向にも主眼が置かれた大会で、結構参加した子供たちは楽しそうでした。子供の表情ってころころ変わるので被写体として面白いんですよね。

 一般応援席は子供より熱心な応援の親御さんで溢れており、その中に私は男一人でぽつんと居たものだから、なんか【離婚して「もう娘の前に現れないで下さい」てな事言われたお父さんが娘の出てる大会に人知れず見に来ている(笑)】みたいなシチュエーションの人物に周りからは見えてるんじゃないかと居心地の悪さを感じつつも、まぁ「オレなんかに誰も注目して無いし」と気を取り直して見物してました。


 完走した子供と談笑する大河原アナ。子供好きな一面が垣間見れます。

 二週続けてマラソンやってるのを見てると「私も走ろうかなぁ」なんて気になってきます。なんか気持ち良さそうなんだよね。もちろんしんどいんだけどさ。

 お昼には終わったので、この後はSLやまぐち号の音を録音しに山口方面に行きました。それはまた次の記事で。

 この日の模様はKRYテレビで11月22日(日)午前11時から放送されます。

脇田美代アナウンサー(山口放送)出演情報(再放送)

 先日記事にした出演情報ですが、映画公開に合わせて再放送があるようですので再度ご案内します。見逃した方はぜひどうぞ。

「まもなく公開 マイマイ新子と千年の魔法 ふるさとへ思いを馳せて 作家高樹のぶ子の原風景」KRYテレビで11月21日(土)午後5時から5時30分の放送です。

映画の案内番組としてはもちろん、脇田アナファンの方々にも結構出演場面がありますのでお勧めかと。脇田アナは先生役で声優デビューもしてますので出来れば映画の方もご覧ください。(って宣伝してますが私はKRYの関係者ではありません)

 ちなみに私はDVD化を待つことにします。だって子供もいない中年男が対象のアニメじゃ無いし(笑)。

 そういう訳で、今日15日は防府市でこの映画のイベントがあったんですが、いくら脇田アナファンの私とは言え「マイマイ新子」関係のイベントは参加しませんのでご理解を・・・。

大河原あゆみアナ(山口放送)のフルマラソン挑戦を見届けてきた

11月8日(日)山口県下関市で県下最大の市民マラソン大会、「下関海響マラソン2009」が行われました。(「海峡マラソン」かと思っていたら正しくは「海響マラソン」なのね)。この大会は地元のKRY山口放送が共催しており、その関係で同局の新人アナ・大河原あゆみアナウンサーがフルマラソンの部にチャレンジすると言う事で見に&応援しに行って来ました。私は個人的に山口放送のファンで、大河原アナには初対面ですでに名前を覚えてもらっていた事もあり(ハンドルネームだけど)、個人的に非常に好感の持てる応援したいアナウンサーさんであります。


当日は5時起きで某山陽本線の駅まで車で行き、そこの有料駐車場に車を停めて電車で行くことにしました。というのも下関市内は午前6時から交通規制がかかるのと、下関駅前は意外に駐車場が無いのでその方が確実と思ったからです。JRはこの大会の為に臨時列車を出しており、それに乗ったので車内はすいていて正解でした。


午前7時過ぎ、朝もやの中を選手たちが続々とスタート地点の海峡メッセに集まって来ます。市内の小学生が寄せ書きをした大会のぼりが選手たちを出迎えます。


この日は、招待選手として有森裕子選手(2kmファンランに出場)、山口県が誇るシドニーオリンピック5000mの市川良子選手、丸山和也弁護士、元ジャイアンツの宮本和知氏が名を連ねており、その他には下関出身の波田陽区さんや、安部晋三元首相婦人(安部氏本人は来賓として出席)がフルマラソンにエントリーしており、地方大会としては華やかな顔ぶれが揃いました。

・・・ですが、これだけのメンツが揃っていながら、この「がらくた文書工房ブログ」ではKRYの大河原アナウンサーが一面トップで他は目もくれず、といったあたりが相変わらずの偏りぶりだと自分でも思います(^^;。


その大河原アナですが、フルマラソン一般女子の部扱いなのですが、そのゼッケンは他の選手と連番とはなっていませんでした。(会場で配布されていた山口新聞より転載)。完走者の集団に9116(食い入ろう)って事でムリからだけどゲンはいいかも。これでまず大河原アナのゼッケンNo.確認完了。また、当日の勝負服(ウェア)はピンクのTシャツであることもご本人のブログ(こちら)から確認済み。


この日のコース(同じく山口新聞から転載)です。普通のマラソンだと一本道でスタート・ゴールが別の場所なので交通規制の敷かれてる中では移動もままならず一箇所で一瞬だけの応援、となることが多いのですが、このマラソンではスタートして一旦画面右の方に行き、折り返して今度は画面左の方に入り、ゴールはスタート地点と同じです。なのでスタート地点の海峡メッセ周辺に居れば4回選手が通ることになり、沿道応援には都合のいいコースです。よってこの海峡メッセ付近にて応援することにしました。


a1003.jpg
この日の実況担当は私が大ファンの山口放送・高橋裕(ゆたか)アナ。KRYのマラソン・プロレス実況とくればこの人です。

ご挨拶したら高橋アナが耳寄りな情報をくれました。「フルマラソンは7,500人もいてスタートは誰がどこだかわからないからジョリーパスタの辺り(1km地点)まで行けばだいぶ集団がバラけると思うよ」。てな訳でスタートは見送り、1km地点で待つことにしました。


ジョリーパスタの前に付いた頃、スタートした事を知らせる花火が上がり、程無くして中継車と先導の白バイが見えてきました。さあ、無事に大河原アナを発見できるでしょうか・・・ってうわーっ!なんだこの人の集団は!。7,500人が一斉に並んで近づいてくるとハンパ無い迫力!。しかも全然集団バラけてないし~。


果たしてこの中から大河原アナを見つけられるか?!。なんの、かつて「グラディウス3」「スターソルジャー」「雷電」あたりで鍛えた動体視力を駆使してピンクのウェアを探す・・ってピンクの人いっぱいいるし(笑)。あきらめずに探していると人波が中盤に差し掛かった頃・・・いたーっ!


こんな状態で気づいてくれる訳もないんだけど、とりあえず無事にスタートしたのとまだまだ笑顔で元気いっぱいなのが確認できたので海峡メッセに戻ることにした。・・・そろそろ老眼かなぁ、私も(笑)。


レースはというとゼッケン1番の一人旅、独走状態。この人、ホントに速かった。全く他を寄せ付けず結果2位に7分以上の差をつけて1位でゴール。


さて、海峡メッセに戻ってきたはいいけど、これから先は待つのみ。レースがどういう状況かは全くわからない。うっかりトイレにでも行ってようものなら大河原アナが通り過ぎてしまう可能性もある。なので沿道で応援ポイントを決めてある程度の集団が来たらひたすら待つ事にする。次のポイントは海峡メッセ裏の市民会館前(16.5km地点)にした。ここだと写真撮るにしても順光だから。

それにしても今日はいい天気。暑いなんてもんじゃない。これは相当ランナーは体力取られるなぁと思っているとスタートして1時間半を過ぎる頃、戻ってきた大河原アナを発見。


かなりつらそう、というか頑張り過ぎなくらい頑張っているのが目に見えてわかる。アナウンサーなのになぜ走るのか?アナウンサーとして言葉だけでなく走ることでも何かを伝えられたら・・・とテレビで語っていた大河原アナ。声を出すのはなんか恥ずかしいので心の中で頑張れ~と思っていたけど応援の気持ちは伝わっただろうか。



頑張っている人は輝いている。今日は大河原アナの応援に来たのだけど、大河原アナだけじゃない、選手はみないい顔をしている。マラソンって不思議なスポーツだと思う。ただ走るだけ。なんの為に?何を目的に?。でも走っている人を見てると自然と拍手したくなる。手を振りたくなる。大河原アナを待ってる間、誰とも無く通り過ぎていく選手に拍手を送りつつ持ってるカメラでその表情を追っていた。そこに待ち時間の退屈は無かった。ただホントに暑かったけど。


次にこの通りはゴール直前の41,5km地点となり、選手はもう一度この道に帰ってくるはずなのだが、この先は高低差50mの難所、彦島ルートだ。今日は彦島大橋の地点では私が大ファンの脇田美代アナウンサーがリポートをしてるはずだけど、交通規制の中とてもそこまでは行けない。たぶん戻ってくるまで時間がかかるだろうなと思いつつ食事を取って待つことにした。そしてレース開始5時間を過ぎる頃、大河原アナが戻ってきた。


もう最後の力を振り絞って、という感じ。でも足取りはしっかりしていました。手を振って応援するも視線で応えてくれるのが精一杯。頑張れ、ゴールはすぐそこだ。この先、コの字型に曲がってゴールなのでこちらはショートカットしてゴール前に先回り。



ゴールが見えるや力を振り絞って大きなストライドで無事ゴール!。正確なタイムは見損ねたけど、5時間ちょっとでした。おめでとう!!。


すぐさまKRYのクルーが取り囲む。趣味で走るのではなく仕事で走るのは相当なプレッシャーと責任があったのだろう。昨年の福谷貞夫アナウンサーと同じく熱い涙を流してインタビューに応える表情がなんとも言葉に出来ない。


マラソン企画で大河原アナが取材した車椅子の双子の少年兄弟ランナーが沿道で応援に来ていて彼らと話す大河原アナ。走ったもの同士だけの通じ合うものがあるんだろうなぁ。たぶんきっと。背中のKRYの文字は前日に大河原アナ自身が縫い付けたもの。


練習を支え、共に走ったコーチの福村さんとの2ショット。個人的に今日自分が撮ったショットの中では一番のお気に入り。


レース後少しお話できたのですが、さすが若いというか元気というか、もうすでにいつもの笑顔の大河原さんでした。最初は膝にきたけど、最後のほうはもう腰にきていてサロンパスも全然効かなかったとの事。明日はお休みですか?と聞いたら普通に仕事なんだって・・・ひえ~。

帰り際にご挨拶したら「今日は脇田さんに会えました?」。あくまでも優しい大河原さんなのでした。いえいえ、今日の主役はあなたです。本当におめでとうございます。

・・・で一夜明けて今日。大河原アナは11時40分と15時50分の定時テレビニュース、18時のラジオニュースを普通に担当。目の下にハイビジョンでなくてもわかるくらい大きなクマが。ラジオもカミカミ。熱血テレビでは脇田アナが「大河原アナは今日はかなりの筋肉痛でした」と報告。

厳しい業界だけど、休ませてあげて下さいよ~。仕事で走ったんだしぃ。

頑張れ大河原アナ。プロの道は険しいぞ。


11月10日 追記

ゴールの写真をプリントアウトしてお渡ししていたら、なんとご本人のブログで使っていただき、私にはとてもいい記念になりました。(こちら

このマラソンの模様は11月15日(日)正午~13:00の特別番組
「二つの海に響く鼓動 下関海響マラソン2009」で放送されます。

ですので、KRYのHPにはどこを見ても大河原アナの完走について書かれていないのですが、うち、思いっきり書いちゃったし・・・まぁいいか(^^;。


11月11日追記

上記特別番組は以下の局でも放送されます。

海響マラソンや大河原アナに興味を持たれた方はぜひご覧くださいませ。

日本海テレビ 11月25日(水)16:55~17:50

広島テレビ  12月6日 (日)26:30~27:25

テレビ大分  12月24日(木)14:05~15:00

よみうりテレビ 12月27日(日)25:45~26:40

残念ながら大河原さんの地元(横浜出身)関東方面では放送は無いようです。

脇田美代アナウンサー(KRY山口放送)出演情報

 ここのところ忙しくて更新できていませんでした。

 11月3日にはここ3年程恒例になっている、KRY山口放送とFM山口のラジオコラボ番組があって、メインパーソナリティの渡辺三千彦アナ(KRY)と荒井道子アナ(FMY)の掛け合いを見に行くのを楽しみにしていたのですが、仕事が入ってしまい断念しました。

 さてタイトルの件ですが、今回は山口県限定になってしまいます。すみません。

もうすぐ公開になる、昭和30年代の山口県防府市を舞台にした映画「マイマイ新子と千年の魔法」というアニメ映画があるのですが、このメイキングPR番組が明日11月7日(土)午後4時25分から30分間放送されます。

 この映画には私が大ファンであるKRY山口放送の脇田美代アナウンサーが先生役で声優出演しているのですが、その関係でこのメイキング番組のナレーションとナビゲーターを務めています。

ご本人の11月5日付けのブログ(こちら)には結構出番がカットされたとの記述があるのですが、それでも熱血テレビ等では見られない脇田アナの表情や側面が結構ふんだんに出てくるとの話もあるようなので(定かな情報ではないけど)、私と同じ脇田アナファン、もしくはこの映画に興味ある方はぜひご覧になっていただきたいと思います。(ちなみに今日付けのブログ(こちら)にもこの話題が)

地デジのEPGだと「マイマイ新子と千年の魔法メイキング番組」となってますが、正確なタイトルは「まもなく公開 マイマイ新子と千年の魔法 ふるさとへ思いを馳せて 作家高樹のぶ子の原風景」と実に長いタイトルであります。

 実はこの映画、結構見てみたいのですが、おっさん対象の映画では無いのでまぁDVD化した時にはぜひ見てみようと思っています。

 そのほか11月15日にもこの映画のトークショーがあって脇田アナはその司会もされるのですが、やはり私なんかは対象外なのでこのイベントはパスします。(すでに入場整理券は配布終了)。

 今年の脇田アナ関係のイベントはそろそろ終わりかな。ファンとしてはまた来年春以降を楽しみに待っていようと思います。

2010年7月25日追記

Googleで脇田美代アナで検索するとこの記事しか出てこないみたいなのですが、他にも脇田アナがらみのイベントなど載せてますので、よろしければカテゴリー「アナウンサー」かブログ内検索でぜひご覧下さいませ。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索