「マイマイ新子と千年の魔法」を片渕監督&脇田アナと一緒に観た(in防府)

・・・って言っても3月6日にあったワーナーマイカルシネマズ防府での「アンコール上映」での話ですけど・・。

公式サイトで配布されてる壁紙から。絵がないと読んでる人がわからないかなと思って張ったけど問題有ったら外します。

 昨年秋封切りになったアニメーション映画「マイマイ新子と千年の魔法」。

 昭和30年の山口県防府市を舞台にした物語で原作は防府市出身の芥川賞作家・高樹のぶ子さんの自伝的小説「マイマイ新子」。

 山口県が舞台の映画で地元のKRY山口放送も制作委員会に名を連ねているため、山口県内では製作中からそれなりに宣伝もされてましたし、県内では滅多にない先行上映や監督・原作者・声優さんたちによる舞台挨拶なんかも行われたのでそれなりに存在は知られています。

 ・・・ですが、失礼ながら原作も読んでない私は普通の児童対象のアニメだと思っていて映画館行っても子供ばかりだろうと、どうにも腰が重たかったのです。実際去年の先行上映の頃にブログにもそんな風なこと書いてまして、結局先行上映や舞台挨拶にも行かずじまいでした。事実、興行的にはかなり苦戦しているとの話も伝わってきてました。

 ところが、年が明けたあたりからネット上でこの作品を熱烈に推す感想を多く見かけるようになり、中には熱狂的なリピーターも生んでいる様子。また、細々と単館上映ながら各地で地道に上映が続きロングランとなっており、それでも今の状況ではDVDのリリースはどうなるか?という状況とも。これはスクリーンで見に行っておいた方が良いかもと思い、山口県での最終上映の少し前、2月21日(日)に見に行って来ました。場所は映画の舞台である防府市のワーナーマイカルシネマズ防府。映画の舞台となった地での最終上映間近にしては観客は50人程度、日曜日なのにほとんどが大人でした。


 片渕須直監督の作品は「アリーテ姫」や「BLACK LAGOON」を観ていました。「名探偵ホームズ」がリアルタイムだった私はお名前はその頃から存じていました(もっとも当時は脚本家だと思っていた)。代表作である「アリーテ姫」なんかもそうですが、そんなにストーリーが大幅に飛躍することもなく、大仕掛けが有る訳でも無いけど、(作品世界中での)日常のちょっとした描写を積み重ねてラストまで引っ張っていくのが上手いなぁと感じていました。

 「マイマイ新子と千年の魔法」もそんな感じで、そんなに突拍子も無い事件が起きるわけでもなく、大どんでん返しみたいなラストがある訳でもありません。全ては日常の積み重ねの中のちょっとした事件や出来事で少しずつストーリーが動いていきます。なので私も「ここがいい!」「これがいいんだ!」という感じでは無くて、全編通して観てはじめて何となく「なんか良かったなぁ、うまく説明できないけど」っていう気持ちでした。片渕監督は宮崎駿監督の元におられたのですが、どちらかというと高畑勲監督に近いテイストのような気がします。この映画に派手なエンタティンメント性はありません。どちらかというと作家性が出てるというか淡いメッセージ性を持つ映画です。

 片渕監督はパンフレットの中で「児童映画を取り戻す試み」と書かれていますが、今時の派手なアニメに慣らされた子供たちにどう映るのか興味有るところです。日頃児童文学なんかを好んで読んでるような子供であればすんなり受け入れられるような世界観だと思います。

 あとはこの時代を「懐かしい」と思える世代には共感を持って受け入れられるのではないでしょうか。私は昭和30年代の後半の生まれで防府市の出身ではありませんが、小さかった頃の防府にはまだ麦畑が残っていたのを記憶しており、あの原風景の一部は実体験として持っていますのでわりとさらっと入り込めましたね。

 あと驚いたのは非常に丁寧に作ってあると言うこと。今も残る風景や、当時の資料で見る風景がきちんと描かれているのはもちろん、作品中でカメラが防府市のどっちの方角向いてるかが山の位置でわかるんですよね。きちんとロケハンされた成果がしっかり出ています。

 まだこれからあちこちで上映されていくのでネタバレ感想は御法度ですから抽象的な感想になってしまいましたが・・・。少なくとも単純な「ご当地アニメ」では無いところはいいですね。


 2月26日(金)で山口県での上映は終わったのですが、ワーナーマイカルシネマズ防府では3月6日、7日にレイトショーで「アンコール上映」があり、6日には昨年の先行上映以来4ヶ月ぶりに、片渕監督が来館されるとの情報を人から聞き知りました。劇場に問い合わせてみると、「舞台挨拶と言うほどのものでは無いのですが、監督と一緒にご鑑賞いただき、上映後に監督から皆さんへのお礼の挨拶があるといった感じですが・・」との事。なかなか監督さんご本人と同じ空間で映画を観るという機会もそうは無いので行こうかなと思っていました。その後、当日はこの映画で「ひづる先生」の声を演じたKRY山口放送の脇田美代アナウンサーもご一緒されると聞き、「これはもう行くしかない!」と万難を排してチケットを予約したのでした。もうこのブログではしつこいほど言ってますが私は脇田アナの大ファンであります。

 片渕監督と脇田アナの席は通路を挟んで私のちょうど真後ろでした。映画を作ったご本人と、登場人物の声をアテている人が同じ空間に、しかも真後ろに座ってる状況で映画を観るというのはなんとも心地良い気分でした。もっとも私もどちらかと言えば映像ジャンキーなのでいざ始まればほとんど身じろぎもせずに画面に没頭です。一応飲み物だけは持って入るんだけど、没頭できる映画の時は手も付けないのが私の鑑賞スタイルです。ポップコーンなんて絶対持って入りません。たいくつな映画だったら途中で食べたくなるけど(笑)。

 今回、監督の大抜擢で「ひづる先生」を演じた脇田アナなんですが、やはりプロじゃないんで演技の完成度としては私個人的にはちょっと違和感有るかな?。まぁもっとも私はいつもテレビでテキパキ喋ってるアナウンサーとしての脇田さんを観てますから余計そう感じるのかも知れません。でも山口県のみで放送された公開前の特番ではアフレコの奮闘ぶりが紹介されてましたし、監督がOK出したんだからここはよく頑張りましたと拍手を贈りたいと思います。(脇田アナは褒められて伸びるタイプ・・・だと思う)

B_0230.jpg
 上映後の舞台挨拶。片渕監督はこの劇場での先行上映から始まった封切りからの4ヶ月を振り返ってのお客さんの応援に対してとつとつと、でも感慨深そうにお礼の言葉を述べておられました。爆発的な反響では無かったけれどすこしずつ上映の輪が広がっていっている現状もまた作り手としては嬉しい状況なのでしょう。脇田アナは「最近すっかり声優気取りの脇田です。」とにこやかに挨拶。「ひづる先生」と脇田アナって佇まいの雰囲気似てるんですよね。

B_0217.jpg
防府天満宮のしきたりにならって、珍しい「二本締め」で舞台挨拶はお開き。

 ワーナーマイカルシネマズ防府ではこのアンコール上映のために417席の一番大きいスクリーンを用意。幅広い年齢層のお客さんでしたが、レイトショーということでやはり大人が多かったです。この日は200人ほど入ったそうです。

 今回は、珍しく撮影OKと言うことで、一応カメラを用意していた私は「やったー」と喜んでいたのですが・・・このカメラの為にこの後苦労することに。


 上映が終わってエントランスでお二人を囲んでファンの方々としばし談笑タイムとなりました。あまりに皆さんが写真を撮るので片渕監督は驚かれたようで、脇田アナに「私は別に写真NGじゃないんですけど、監督はどうですか?」と聞かれて「いや、別にNGじゃないけど、これだけ撮ってるんだったらまたインターネットにどんどん書いて宣伝してよね」とおっしゃってました。ですので思いっきり書かせていただきました。公式サイトのリンクバナーも貼らせていただきました。宣伝に・・・なるかなぁ・・。

 いつもなら私もある程度写真撮ったらカメラ仕舞うんですけど、今回私の持っていたカメラが、撮る写真撮る写真全部ストロボがフル発光して真っ白になってしまい、どう設定いじっても直らず、こんなチャンスに悔しくてプチパニックに陥ってずーっと何度もシャッター押してたので、気がつけばなんか延々写真撮ってるストーカーカメラ小僧みたいになってました。周りにいたファンの方々、ご迷惑おかけしました。何とかPhotoshopで直る範囲で修正しましたが、あまり写りがいい写真ではなく、監督と脇田アナには申し訳ありません。・・・ですが、当日行けなかった人にも雰囲気を楽しんでいただければと思います。

 それにしても、「今日で3回目です」「4回目です」なんて人はザラで、神奈川や東京あたりから、それも11月の先行上映の時も来られた人とか、ホントに熱狂的な人も多く、映画の持つパワーというのを改めて感じさせられました。

B_0215.jpg B_0216.jpg

きちんとお願いして撮らせていただいた写真。なんとなくカメラの放列が恥ずかしそうだった片渕監督もしっかり目線を下さいました。ありがとうございます。今日は朝からファンとロケ地巡りやコミュニティFMの特番などでお忙しかった様ですが、楽しそうでした。

B_0218.jpg
この二人のバックが実はスタジオジブリの次回作の看板なのにお客さんが気づいて、「わかってらっしゃるアニメファン」の人たちから笑いが。
B_0220.jpg B_0219.jpg
高樹のぶ子さんとほぼ同じ世代のお客さんも片渕監督に映画の感想を語っておられました。この映画が幅広い層に伝えるものを持っている証明ですね。
B_0221.jpg
 キャラクターの立て看板を見て「新子たち小学三年生っていったらホントにこの位の大きさだよね。それ考えると小さいなぁってびっくりするよね」と監督。新子の下に入っているサインは11月の先行上映の時のもの。監督も感慨深げでした。
B_0222.jpg B_0223.jpg
B_0224.jpg
新たに諾子の立て看板にサインを入れる片渕監督。
そしてこのブログ的にはこれをやっておかないと許されないでしょうという訳で「ひづる先生」こと脇田アナの特集です(笑)。
B_0225.jpg
B_0226.jpg
B_0227.jpg
台本に金魚の名前が「ひづる」って書いてあるので、一緒に夕方ワイドの司会をやっている山口放送の高橋裕(ゆたか)アナに「なんだ、脇田は金魚の役をやったのか」と言われたそうです(笑)

B_0228.jpg
 明日は小郡で講演会を控えている片渕監督。「講演会はいろんな年齢の人が来るから何話そうかと思って悩んでるんだよね」と言いながら「悩んでるとこを写真撮られても困るんだけど」と笑いながらおっしゃったのがこの写真。後ろの半ケツで「トイレはあっち」って言ってるしんちゃんの看板が何ともな位置に(笑)。

 これからまた全国各地で上映が続いて行くようなので、チャンスのある方はぜひご覧下さい。派手なインパクトなんて無いけど、「なんとなくいい映画」っていまの時代にはとても貴重だと思います。作風そのままの雰囲気の監督にお会いして、DVDを待つのももちろんですが、またスクリーンで観る機会があったら見に行きたいと思った今回のアンコール上映でした。

 久しぶりに「今や声優(^^;」の脇田アナにもお会いできてその点も個人的には嬉しかったのでした。

さて、故障したカメラを修理に出しますか・・・・って3日前にメーカー保証切れてるし(泣)。一眼持って行けば良かった・・。(舞台挨拶に一眼持って行くヤツは普通居ません)

500系のぞみ号のラストランを見に行ってきた

2010年2月28日。JR西日本の人気車両、500系新幹線の「のぞみ号」としての運行終了日。

私は現行新幹線車両の中ではダントツでこの500系が好きです。あまりにも近未来的なジェット機を思わせるフォルム、300Km運行の実現のために搭載された数々の新設計。世界のどの高速鉄道の車両よりもカッコいいと思う。残念ながら実際に乗ったことは数えるほどしかないけど。

その500系のぞみの最終日となれば「これは見に行くしかない!」と言う訳で撮影に行ってきました。鉄道を撮りに行くのは1年前の「富士・はやぶさ」のラストラン以来。

別にラストランだからと言ってさよなら運転のヘッドマーク付けて走る訳でも無いので、最終日にこだわる必要も無いのだけど、なぜだかこの日まではお休みも無く、バタバタしてるうちにこの日が来てしまった次第。しかも前日は雨の中早朝2時から夜の10時まで野外での仕事。眠い目をこすりながら朝5時に起きて出発進行!


で、どこの駅で撮影しようかと迷いました。JR東日本やJR東海区間では見納めとなるのでフイーバーぶり(死語)がすごいんだけど、JR西日本では引き続き「こだま号」として運行されるのが決まっている。だからそうでも無いのでは?と思いつつも「のぞみ号」としての長い列車編成で時速300km運行は完全にラストなので、なんかどこの駅も鉄ちゃんが多いんじゃないかと思って、一番人気の無さそうな厚狭駅に行くことにした。厚狭駅は通過駅だが、通過線と停車線の間に微妙な高さのコンクリート壁があって車輌下部が隠れてしまうので撮影スポットとしては今ひとつ。

まず上りの「のぞみ6号」を狙う。厚狭駅通過は7時27分頃。15分前に着いてみるとカメラをセットしてるのは私の他に一人だけ。その人は下り線ホームの新下関駅側の端に三脚をセットしていたので、私は逆の新山口駅寄りのホーム端で撮影することにした。朝早い上に当日は曇り空でシャッタースピードを稼ぐには光量が足りないんだけど、私はホームで撮影するのに三脚を立てるのはイマイチ抵抗がある人なので、無謀にも手持ちで狙うことにした。使用レンズは光量不足を想定して手持ちの望遠系ズームの中では一番明るい「AF EDニッコール 80-200mm F2.8」をチョイス。もう少し望遠側が欲しいところではあるけれど。

厚狭駅は300Km近いフルスピードで通過する。山口弁で言うところの「フルトッピン」ってヤツやね(笑)。通過時刻の前になって雲の切れ間から差していた朝日が陰ってしまった。ノイズ覚悟でISO2500まで上げてもF5.6あたりで1/800秒しか切れない。開放近辺はあまり使いたくないし。列車をピタリと止めるにはもう少しシャッタースピードを上げたいところだけど、もうこれで行くしかない。わずか数秒の勝負なので連写に頼らずマニュアルフォーカスの置きピンで一発勝負することにする。さて、結果は・・・?


あちゃ~。列車はなんとか止まったけど先端が~(ノートリミング画像です)。決まったと思ったんだが・・・デジカメのタイムラグを計算に入れたつもりなんだけど、ちょっと納得いかない結果になってしまいました。すぐさま振り向いてテールを撮影。


あっという間に通り過ぎて柔らかな朝日の中に消えていきました・・。さようなら、お疲れ様。さすがにISO2500まで上げるとノイズがすごいなぁ。自分的に今ひとつの結果でちょっと残念だった。でもファインダー越しに勇姿はしっかり目に焼き付けました。あとで聞いた話だとこの列車が停車する徳山駅では駅員さんや保線員さんたちで横断幕を掲げて見送りをしたらしい。なんかいい話だなぁ。

これはリベンジするしかない。結局下りの「のぞみ29号」も撮影することに決めた。時間はたっぷりあるので作戦を練りつつ宇部・小野田あたりで遊んで時間を潰すことにした。


で、空いた時間に来たのが山口宇部空港。理由は・・・いずれ山口宇部空港ではひょっとして見れなくなるかも知れないJAL機を撮影しておこうと思ったから。出発や着陸を狙おうと思ったらそれなりの準備をしてくるんだけど、今日はヒマ潰しがてらなので機体が撮れればOKということで、空港隣接の公園から撮影。



JALカラーのボーイング737-800。JALが撤退しちゃうと東京行きが一日4便になってしまうのでなんとかここは踏ん張って欲しいものであります。

余談ですけど、昔九州5県にバラバラに住んでるパソコン通信の知り合いと、山口在住の私で「九州・山口支部オフ会」を計画したことがあって、どこでやれば全員が一番早く集まれるか検討したら「羽田空港」だったという(笑)。結果「九州・山口支部オフ会」を東京でやった、なんてことがありました。今は九州新幹線があるから博多あたりでも早く集まれるかも知れないけど。


さて、朝の厚狭駅(笑)でのリベンジですが、ちょっと足を伸ばして「徳山駅」に行くことにしました。徳山駅は人気の撮影スポット。理由は「急カーブの途中に駅が作られているから」。なので「さすがの500系と言えども150km程度に減速する」「カーブを生かして列車の編成を織り込んだ写真を撮れる」訳です。徳山駅通過は16時59分頃。ゆっくり向かうことにする。

途中、秋穂の道の駅手前を通りががった時、道ばたに怪しげな小屋が目に入る。田舎の道筋に良くある「えっちな本とDVDの自動販売機が置いてある小屋」だ。「今時こんなんで商売になるんかいな」なぁんてな事を考えながらふと目に入った看板に書いてあった屋号が「こっそり屋」(笑)。一人車の中で大爆笑。なかなかのエスプリなネーミングセンスに「10点・9点・9点・10点・9点・・・47点!」位はあげてもいいかな。



徳山駅はこんな感じで特別ごった返してはいなかった。みんな整然とポジション確保して列車を待ってると言った感じだった。朝の「のぞみ6号」は停車するので250人くらいファンが集まったらしいんだけど、このときはぱっと見5~60人ほど。私も下り線ホーム中程に場所を確保。列車を待ってると駅員さんが紙袋を下げてカメラを構えている鉄ちゃんたちに何かを手渡していた。私も貰ったので丁重にお礼を言ったが、それは何かというと・・・。


500系のペーパクラフトとティッシュ、日付入りの記念入場証。これは嬉しいプレゼント。ここ最近傍若無人な「撮り鉄」の振る舞いが問題視されてる中で、何とも粋な計らいに心も和む。徳山駅が撮影スポットとして人気なのは駅員さんたちも重々承知なのだろう。これをくれた駅員さんが別の駅員さんに「反対側のホームにも何人かマニアの方がいらっしゃるからお渡ししてきて」と紙袋を渡していた。実に細かい心配りに感心。列車の運行状況も「只今新岩国を定刻に通過しました」「のぞみ号は16時59分頃に通過します」など逐一案内してくれてマニアでは無い携帯のカメラ構えた家族連れの人たちにも安心・確実に写真が撮れるように配慮していた。そうこうしているうちにいよいよ列車が入ってきた。緊張の一瞬だ。


「こだま」になったら見ることの出来ない、16両編成の姿を収めたかったのでほぼイメージ通りのショットが撮れました。
厚狭駅と比べるとかなりな減速なので遙かに撮りやすかったです。

ただ今回も手持ちだったんだけど、振り向いてテールを撮影する時に横に居た駅員さんが写らないように少し動いたので隣の人の邪魔になったかも・・・。もし見ておられたらごめんなさい。手持ち撮影で一番気をつけなければいけない事は三脚を据えてる人の邪魔をしないこと・・なんですよね。


タイフォンを鳴らしながらすこし寂しげに通過していきました。長い間お疲れ様。

朝からあれこれとすこし疲れましたがいいお別れが出来ました。「こだま」で復活したら500系を選んで乗ろうと思います。
居住性が悪いとか良く言われるんだけど、あの未来列車に乗ってるような感覚がすごく好きなんですよね。

格安デジタルアンプ「鎌ベイアンプKro」を買ってみた


一応オーディオファンである私は、今でもフルサイズコンポの愛用者です。部屋狭いのに(笑)。

しかも最近の機種には食指が伸びず、もっぱらジャンクを探してきて素人修理ではありますが、出来る範囲の修理をして使ってます。資金的な面もありますが、70~80年代頃の日本の各社がオーディオに力を入れてた頃の製品が好きなんですね。最近全く更新してませんが、このブログの本家である「がらくた文書工房HP」にもちょっとだけ修理記事載せてたりします。細かい修理内容まで書いていませんが。

オーディオアンプは普段音楽を聴くのにサンスイのAU-α907iとラックスのL-309Xを使っています。でもパソコンで音楽を聴くのと過去に録画したビデオテープをパソコンでDVD化する時に音量の調整をする用途にはビクターのDC-Z7000というミニコンポ用の中ではまぁまぁ作りの良いものを使っていました。(全部もらい物かジャンクで数千円で入手。)

先日このDC-Z7000の終段が飛んで煙吹いてお亡くなりになってしまったので、代わりのアンプを何にしようかと思っていました。用途が用途だし、また格安ジャンク買ってきてもいいんだけど不具合があったら修理する時間が取れないので最近わりと評判が良いこの「鎌ベイアンプKro」を買ってみました。

この機種は鎌ベイアンプの2代目で初代はそれなりに欠点もあるけど総じて評判は悪くなく、ネット上でも改造して高音質化するのが流行りました。

ヤマハのデジタルパワーアンプIC「YDA138」を使用して、コネクタは金メッキだったり、作りは値段ほど安っぽくは無い。今回はパソコン工房で4,780円。確かに安い。


このアンプはパソコンの5インチベイに内蔵しても、単体で外付けとしても使えるようになってまして、付属物は本体、ACアダプターの他にスピーカーケーブルやパソコン用のブラケットや4ピンのペリフェラル電源コネクタ等、なかなか親切なパッケージング。

早速JBLのCONTROL-1を繋いで聴いてみると、これがノーマルでもなかなかいい感じの音。ネット上には早速改造記事が多く出ていますが、お気楽リスニングには十分な音じゃないかなぁ。ちゃちなアンプ内蔵のパソコン用スピーカーとは比べものにならないです。これでこの値段なら安い。

入力はRCA1系統、スピーカーもインピーダンスが4オーム~8オーム1組と割り切った仕様だけど、これに小さなオーディオスピーカーとポータブルのCDプレーヤーやメモリープレーヤーを繋げばそれだけでお手軽格安マイクロコンポが完成だ。細々した不満はあるけれど、この値段だもの。コストパフォーマンスは高いと思う。

まぁ、中開けて基板観ていたら個人的にここはちょっとだけ手を入れようかなと思う部分もあるんだけど、しばらくはノーマルで使おうと思います。お遊びアンプとしてはお勧め。ただ、スピーカーをドライブするのが前提。ヘッドホン端子あたりの作りが弱く、ヘッドホンでは若干ノイズが認められるので、ヘッドホン用に使うならそれ専用のヘッドホンアンプをお勧めします。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索