資生堂の宣伝史を振り返ってみた(その4)

今日は就活で某県某所に来ています。今ホテルでこれ書いてます。今の仕事は春までなのでしばらくはあちこちに忙しく出かけることになりそうです。

またWindows7への移行にあたってブログエディタを全面的に「Windows Live Writer」に変えました。今までジャストシステムが出していた「xfy BLOG Editor」の無料版がとても使いやすくて愛用していたのですが、去年サポートが終わってしまい、最近はFC2の仕様変更に伴ってか正常にアップ出来なくなっていた事もあって踏み切りました。まだ慣れてないのですが、無料の割にはWord感覚で使えてなかなかいい感じです。FC2ではカテゴリが反映されなかったりするのがちょっと困るとかいろいろありますが・・・まぁMicrosoftの無料版ソフトですからあまり過度な期待しても(爆)

てな訳で先日の続きです。



'68年「ピンクポップ」(口紅・ネイルカラー)。とても40年前のセンスとは思えない明るく楽しくおしゃれなCM。お茶目な魅力たっぷりなモデルさんはティナ・ラッツさん。当時17歳。この撮影は深夜までかかったそうですが終始笑顔を絶やすことはなかったそうで、この後日本のみならず世界的にも大人気のモデルさんになります。この作品、機会があればぜひ見てみてください。それにしても口紅400円だったんだね、当時。


'68年「メイクアップ印象派」(クリームパクト)。冒頭かなりの時間無音状態が続いてびっくりさせられます。CMは10秒以上連続して無音状態ではいけないと規定がありますのでそれを逆手に取った演出ですね。映像は印象派の名にふさわしく、かなり実験的かつ先鋭的でなおかつもの静かな描写が続きます。プリントの退色がかなり進んでいてオリジナルの色がどうだったのか見てみたい気持ちになります。(キャプチャー写真は補正したもの)。吸い込まれそうな瞳のモデルさんは岸さおりさん。杉山登志氏の作品。


'69年「インディアンルック」(ピンクパウワウ口紅)。この当時こういうファッションが流行ったのかなぁ、どうなんだろ。サイケ&ヒッピーな時代ですけどね。珍しくメイクの課程を見せていくタイプのCMです。モデルさんはバニー・ラッツさん。上に書いたティナ・ラッツさんの実のお姉さん。「ピンクポップ」の撮影時にティナ・ラッツさんに同行していたところをスカウトされ、この後資生堂CMに欠かせないモデルさんになっていきます。姉妹で資生堂のキャンペーンモデルを務めたのってこの二人だけじゃないのかなぁ、たぶん。


'69年「ボラボラカヌー」(ビューティケイク ブロンズ)。カヌーを漕いでる人は現地調達のエキストラ。なのでなかなか自然な笑顔が出ずに終始表情が硬くて撮影には苦労したそうです。どうやってみんなの自然な笑顔を引き出したかというとそこは裏話があるのですが、ちょっとここに書くのもどうかとも思うのでご想像におまかせします。モデルは大里リンダさん。サマーキャンペーン初のカラーCM。


'69年「ジェラシー」(MG5)。'67年に誕生して一世を風靡した日本初の男性用総合化粧品ブランド、MG5のCM。このボトルデザインは今見てもカッコいいと思います。モデルは団次郎(現:団時朗)さん。私の世代的には「帰ってきたウルトラマン」のお兄さんですね。日本人離れしてカッコ良かったなぁ。団さんがダルメシアンを連れてるという絵柄は初期のMG5のキービジュアルと言えるもので、このCMでは散歩途中に団さんがかわいい捨て犬を見つけて溺愛。あわやダルメシアン君は・・・というもの。毎回少しコミカルな味がMG5のCMの特徴でした。MG5、驚くことに今もあるんだよね。しかも価格も当時とあまり変わらない。ドラッグストアの棚の一番下に柳屋ポマードとか丹頂チックとかバイタリスとかと一緒に並んでるのが定位置。女性用で言うところの”おばあちゃんの化粧品”ことドルックス(昔は高級化粧品)と同じ扱いと思ってもらえればわかりやすいかと。


'69年「めぐりあい」(オーデコロンモア)。資生堂宣伝史のブックレットでは'70年となってるんだけど、'69年の作品です。引きの定点撮影で明らかなストーリーを感じさせる演出が秀逸。見たら感心すると思います。印象的なCMソングを歌ってるのは町田義人さん。角川映画「野生の証明」の主題歌のあの人ですね。モデルは大島あきよさん・・・ってこの距離じゃ誰だかわかんないけど(笑)。この「モア」ってオーデコロンもまだあるんじゃないのかなぁ。資生堂の商品、ライフサイクルが長いものはすごく長いよね。最近は「メガブランド構想」とかで徐々に少量ブランドが消えつつあるみたいですが。


'69年「オリーブ連隊」(オリーブ石鹸)。日本のCM史に残る金字塔。カンヌ広告映画祭金賞・CM全米フェスティバル大賞・ACCグランプリの三冠王を達成しアメリカCM殿堂入りまでしてしまった名作。オチのあるCMなので内容は詳しく書きません。ぜひDVDなどでご覧くださいませ。楽しいよ。出演したのは新宿の葵幼稚園の園児さんたちでした。それにしても木の桶って見なくなりましたね。銭湯はほとんど黄色の「ケロリン桶」だもんね。それすら最近は減ってきてるんだそうで。


'69年「おくりものに迷ったら」(オリーブ石鹸)。モデルさんはその愛くるしい魅力で「美人」の概念を変えてしまった秋川リサさん。このCMの前にテイジンの「ピーターパン水着」のCMで一躍人気者になりました。どちらかというと一般人とはかけ離れた美しさを持つモデルさんが多く登場する資生堂CMにおいて異色の存在ながら特に石鹸等のトイレタリー商品その他でこの後資生堂CMに無くてはならないモデルさんになっていきます。


'70年「ティナの電話」(ラブインカラー口紅)。「電話なんて信じない♪」の軽快なCMソングにのって意地でも電話に出ない女心。モデルさんはティナ・ラッツさん。仕草や振る舞いにティナの魅力全開でなかなかおしゃれなCMです。このラブインカラーのCMを演じる「ラブインガール」は確か4人いて、一人一人が主人公のものが週替わりで放送されていたという当時としては画期的なCMでした。ちなみにこの写真の来週のラブインガールは街田リーヌさん。黒沢年男さんの奥さんですね。あとの二人は知りません、すみません。

今回はここまで。続きはまた。

しつこいようですが本編がご覧になりたい方はぜひ「資生堂のCM」(エイベックスイオ)をどうぞ。ここに載せた全部が収録されてるわけではありませんけど・・・。

メインマシンをWindows7(64bit版)に移行中

しばらく更新してませんが、ちゃんと生きてます、私。

今うちのメインマシン(core-i7 820)をXPから64bit版7に入れ替え中です。

普段使ってるソフトが一気に使えなくなってあちゃーってな事が無い様にHDDを追加してとりあえずXPと7のマルチブートにすることに。

OSのインストールとマルチブートの構築はなんなく終わったんだけど、ソフトの移行でドツボにハマりまくり。

とりあえずひとつひとつ問題解決しながら環境構築中です。

本当はいい機会なのでHDDじゃなくてSSDにしたかったんだけど予算の関係で見送り。

落ち着いたらまた更新始めます。資生堂のCMにももう少し触れたいし。

すぐ横にエプソンのPC-9801互換機のPC-486SEがあるんだけど、これって486SX 25"MHz",メモリ4"MB",HDD120"MB”なんだよね。もう単位からして違う。ほんの15年前なのに。

たまにMS-DOSや98のソフトで遊んでみたくなるんで置いてあるんだけど、さすがにもう処遇を考えた方がいいかなぁ。

でもまだFM-TOWNSとかX68000とかも稼働状態で置いてあるんだよね。あとMSXとかMZ-2500(スーパーMZ)とかも。

ネットさえ出来ないけど、この頃のマシンって各社各様だから面白くて一日触ってても飽きないんですよね。

ハタから見てりゃ変人まる出しなんだろうけどね(笑)。

コンピューターっていいおもちゃです。けどこんな信頼性の無いものをこぞって仕事に使う時代になったってのも自分的にはちと驚きですが。

だってネット経由である以上、メールでさえ確実に届く保証なんてどこにも無いんですから(笑)

資生堂の宣伝史を振り返ってみた(その3)

前回の続きです。


ちょっと前後してしまいますが、'62年の「ワゴン」(資生堂香水)。高貴かつ優雅な雰囲気漂う60秒のCM。モデルはこの時期の資生堂CMの常連、真鍋賀子さん。当時は香水って大変な高級品だと思うのですが、入れ物が容器の加工技術の関係なのか意外とありきたりですね。「物事は全てリッチでなければならない」。「高貴さ、上品さ、化粧をすることの楽しさ、落ち着いた美しさ」。資生堂の美意識がよく現れたCMだと思います。


'64年「メークアップトウキョー」(口紅・ネイルエナメル)。この年の春のキャンペーンは秋に控えた東京オリンピックを意識した「東京の24時間を彩る色を口紅とエナメルに」と言う訳で東京の24時間を闊歩する女性達が次々登場します。このキャンペーンが評判を呼び口紅がずいぶん売れたそうで。


'65年「チェリーピンク」(チェリーピンク口紅)。モデルはまたまた高橋美恵さん。この当時の資生堂のファニーフェイスの代表と言うべき人で、化粧品のみならず石けん等のトイレタリー商品まで、資生堂CMの出演本数は群を抜いて多いです。春の高揚した気分を表すかのようにモデルさんも口紅もブランコに乗って揺れる揺れる。それもこのブランコ、前後だけでなく左右にも揺れる。その映像は斬新そのもの。当時はそんなブランコなんか無かったのでこのCMの為の特注品。印象的なCMソングは桜井順氏。歌ってるのはスリー・グレイセス。このキャンペーンを発端に60年代後半はピンクの口紅が大流行したそうです。ACCグランプリ受賞。杉山登志氏の作品。


'65年「タンゴ」(スペシャル口紅・ブレストパウダー)。'63年の「サイコロ」を更に進化させた立体オブジェアニメーション。当時の技術の粋を集めてタンゴのリズムに合わせて動画が、写真が、オブジェがアニメで、合成で動きまくる。一見の価値ありです。モデルはやはり当時の資生堂の常連、札辻輝子さんとジェリー伊藤さん。カンヌ広告映画祭銀賞受賞のこの作品、もちろんディレクターは杉山登志氏。


'66年「ピンクピンク」(口紅)。前年に引き続きピンクの口紅のキャンペーン。軽快な音楽に乗って登場はまたまた高橋美恵さん。しかしモノクロのCMなんだけどなんとなく色が連想出来てしまう演出が凄い。これも杉山登志氏の作品ですが、氏の作品、しいては氏の所属する日本天然色映画が手がけた作品あたりから日本のTVCMは「商品名や効能の連呼型」から「その商品を買うこと・使うことによって生じる楽しさ・便利さを連想させるイメージ型」へと変化していったように思います。


'67年「リップアート」(リップカラー)。67年のキャンペーンはモデルさんでは無く東宝の女優さんである高橋紀子さんが登場。現在はTVドラマ「青春とはなんだ」で20代半ばの実年齢ながらそれ以上の異様に老けた風貌で高校生役を演じていた俳優の寺田農さんの奥さんですね。CM曲とそれを口ずさんでいる映像がシンクロしている軽快なCMです。


'67年「渚にて」(ビューティーケイク・メイクアップローション)。ロケ地はハワイ。まだCMの海外ロケは珍しかった時代(というかこれが日本初の海外ロケCMだったような気が…知ってる方教えて下さいませ)。モデルは初代サマーギャルの前田美波里さんと村田秀雄(後の団次郎、さらに現:団時朗)さん。来宮良子さんの静かなナレーションが落ち着いた優雅なひとときを感じさせる、現在では考えられない贅沢なCMです。

今回はこんなところで続きはまた。

実際のCMが見たい方はぜひ「資生堂のCM」(エイベックスイオ)をお買い求め下さいませ。損はしないと思いますよ。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索