祝!「山崎真公子さん」テレビ出演(FBS福岡放送「ナイトシャッフル」)

普段人が来ないこのブログに先程から一気にアクセスが来たので何事かと思ったら…。

以前記事を書いた(こちらとかこちらとかこちらの記事)

伝説の九州ローカルCMソングクイーンこと「山崎真公子さん」が

FBS福岡放送の深夜番組「ナイトシャッフル」に出演されたらしいですね。

残念ながら出演情報を知らなかったので今日に限って観てなかった&録画も

してなかったので残念無念なんですが(泣)

せっかくうちは山口でもFBSばっちり映るのに。悔しい~。

(番組の公式ツイッターも今日に限ってつぶやいてくれなかったし)

かの肥前夢街道のCMソング「Time Magic」を生歌で、作曲者の一木弘行さんと共演で歌われたようです。

ツイッターの感想見てますと、当時と殆ど声も変わってないそうで…。

何よりずっと引退状態でしたからテレビに出てくれたってのがすごく嬉しかった。

これを機会に再評価や過去の楽曲集めてCD化とか、現役復帰とか…つい期待して

しまいますが、それはちょっとムシが良すぎかなぁ(笑)

ちなみに肥前夢街道にはまだほんの少しだけ「Time Magic」のCDの在庫が

あるそうですので欲しい方は問い合わせてみると良いかもです。

(夜が明けたら争奪戦になってるかも…まだまだテレビの力って凄いから)

それにしても山崎さんがお元気だとわかったのが個人的には何よりの情報でした。

またあの澄んだ歌声が聞ける日が来ることを願っています。


【2012年3月20日追記】

見逃した~。とがっかりしてたらなんと!肥前夢街道さんが公式にyoutubeにアップしてくださいました!。

やった~!!。皆様ぜひぜひご覧下さい。

業務用MVSをデバッグネオジオ化して遊び尽くそう!

以下の記事は2004年当時に私がやっていたHP「がらくた文書工房」に掲載していた記事です。

記事内容は若干加筆修正しておりますが、基本的に当時のままですので現在の事情に合わない部分もあるかもしれませんが、紹介している機材などは現在でも入手可能ですので興味のある方は参考になさって下さいませ。


 「デバッグネオジオ」という言葉を聞いたことがありませんか?。これはネオジオに電源を入れた時に一番初めに読み込みに行くBIOS(一番基本的部分を司るシステムプログラム)をデバッグ機能を持つBIOSに入れ替えて、本来ゲームの開発・デバッグ時にしか使えない機能を使えるようにしてしまおうと言うものです。純正のデバッグBIOSは開発元であるSNKが持っており一般には配布されませんが、海外の有志がSNK純正BIOSの機能を超えるBIOSを開発しHP上で公開しています。

それが「UNIVERSE BIOS」と呼ばれるものです。

 上の画面で判るように、リージョンコード(日本・アメリカ・ヨーロッパ)や動作モード(家庭用・MVS)を選べたり、ゲーム中にチートを行うか設定出来たり、メモリ内にロードしているデータにパッチコードを当てたり、ゲームの効果音やBGMを聞けたりします。

ここではMVSのBIOS-ROMを交換してデバッグネオジオ化する方法をご紹介します。

 (注:ほとんどのMVS基板はEP-ROMがソケットで付いているので交換は容易に行えますが、MV-1BとMV-1CについてはSOP-ROMが基板に直にハンダ付けされているのでかなり作業は難しくなります。従ってここでは記述していません。該当基板も所持しておりませんので・・。)


(1)「UNIVERSE BIOS」本体を用意する

「THE  UNIVERSE BIOS Official Home Page」(http://unibios.free.fr/)から最新版がダウンロード出来ます。

2012年3月現在の最新バージョンは3.0となっています。

当然の事ですけど、他人様の開発プログラムを使わせてもらう訳ですので、相手先のHPに書かれている内容をよく読みBIOSの利用規約に従って下さい。(英語だからわかんないってのは理由になりませんので、翻訳ソフト使うとかしてがんばって読んでください(^^;。どうせ詳しい使用方法も読まなきゃいけないんで。)。また、オフィシャルページにこのページに書かれている事に関しての質問は絶対になさらないで下さい。

(2)BIOS書き込み用EP-ROMを用意する


本体プログラムが入手出来たらそのデータを書き込むためのEP-ROMを用意します。27C1024の互換ROMであればどこのメーカーでも問題無いようです。どこで入手すればいいのかわからない・・という方は(6)ROMの入手方法・ROMライタを持って無い方は・・をご覧下さい。写真は書き込んだ後のものです(中央の窓に上書き防止用シールが貼ってあります)。

価格は大体1,500円くらいだと思います。

(3)EP-ROMにデータを書き込む

(1)で入手したファイルを解凍すると3つのファイルが出てきます。このうちの「uni-bios.rom」というファイルの内容をEP-ROMに書き込みます。書き込むにはROMライタ(40pin・1メガの焼ける物)が必要です。これでBIOS-ROMの作成は終わりです。ROMライタなんて持ってねぇよって方は(6)ROMの入手方法・ROMライタを持って無い方は・・をご覧下さい。

(4)純正ROMと差し替える


純正ROMです。大体基板の中央付近にピンが40本ある石が付いてますのですぐ判ると思います。(この写真は管理人所有のMV-1FSのものです。これには東芝製の石が付いていました)


ROM抜き工具があればそりゃ一番いいんですが、注意さえすれば、写真のようにマイナスドライバーを基板とROMの間に挿して左右少しずつ浮かしていってやれば簡単に外せます。決して無理な力を加えないよう、左右交互にすこしづつ外して行くのがコツです。外れたらデータ書き込み済みのEP-ROMを代わりに挿します。このとき、方向は絶対に間違えないで下さい。間違えたらROMを破損します。写真でわかるように1番ピンを示す切り欠き(ROM本体の左側にちょこんと入っている半円の切り欠き)が純正の挿さっていた方向と同じ方向につくようにして下さい。ピンを折ったり曲げたりしないよう少しずつ慎重に差し込んで下さい。静電気にも気を付けて下さいね。


取り付け完了です。

(5)電源オン

 交換が終わったらゲームカートリッジを挿して電源を入れます。UNIVERSE BIOSの初期設定画面が出ればOKです。お疲れ様でした。引き続き設定をして下さい。UNIVERSE BIOSの簡単な使い方については公式ページの他にも検索すると解説してるページがありますので参考にして下さい。


(6)ROMの入手方法・ROMライタを持って無い方は・・

いくつか方法があります。あきらめないでがんばりましょう。

(a)業者さんにお願いする。

代表的なところでGRIDさん(http://www.grid.co.jp/)があります。ここは本来クルマのROMチューン等をやっているお店ですのでくれぐれもUNIVERSE BIOSの質問などはなさらないようにお願いします。

トップページの製品カテゴリ→ROM・CPU→EPROM→27C1024-DIPを購入、続いて基板加工→ROM書き込みを購入します。あとは書き込むデータとしてuni-bios.romを送信フォームから送ればOKだと思います。納期は少々かかる様です。

(b)某オークションで購入。

某オークションのネオジオのカテゴリではこのEP-ROMを販売している方がおられます。また、データ書き込みも購入者にはサービスでやってくれるようです。ただし、あくまで書き込み作業の代行サービスなので、利用規約・著作権などの問題を依頼者側で承諾した上でuni-bios.romはこちらでダウンロードして用意しなければなりません。評価の良い方なら問題は無いと思います。

(7)家庭用ネオジオはデバッグ化出来ないの?

上記方法で出来ますが、BIOS-ROMが基板直付けなので、ハンダを除去して取り外し、新しいROMをハンダ付けしてやる必要があります。ハンダ作業に自信の無い方にはお奨め出来ません。


どうですか?チートやゲーム改造は邪道だ!という主義の方にも国別の切替や、MVS(業務用)基板でも家庭用にしか無い機能を使える等なかなか魅力的なBIOSだと思います。ネオジオを遊び倒したいあなたの強い味方のBIOSだと思いますよ。

(2004年10月記/2012年3月加筆修正)

業務用MVS基板にヘッドホン端子を増設しよう!

以下の記事は2004年当時に私がやっていたHP「がらくた文書工房」に掲載していた記事です。

記事内容は若干加筆修正しておりますが、基本的に当時のままですので現在の事情に合わない部分もあるかもしれませんが、紹介している機材などは現在でも入手可能ですので興味のある方は参考になさって下さいませ。


 一般家庭で使われることを前提に作られている家庭用ネオジオには夜間の使用も考えて当然という感じでヘッドホン端子が装備されていますが(というよりステレオ音声が取れる外部出力がこれしかないという別の用途もあるけど)業務用であるMVSにはヘッドホンがそのまま繋げる端子はありません。ですが、幸い一部のMVS基板には4ピンのヘッドホン出力が装備されており、そのボリュームも基板上にあります。。今回はまぁなんてことないんですが、ここにステレオミニジャックを付けてヘッドホンがそのまま挿さるようにしようというだけです。やっぱり手軽にヘッドホンが使えないと普通の家庭では夜遊べないので。

 また、これをつけることにより家庭用と同じく手軽にステレオ出力を得ようというつもりもあります。JAMMAハーネス→コントロールボックス間にステレオ用の配線を付けるより簡単です。素直にスピーカー端子にスピーカー付けてもいいんですが、常設ならともかく移動が不便かなというのと、結構ゲームやるときはヘッドホンがデフォルトという方も多いみたいですし。せっかくネオジオゲームはステレオ音声なのだからモノラルでしょぼしょぼやりたくないですもんね。

1.用意する物

(1)ステレオミニジャック

何でもいいです。普通の電気パーツ屋さんでも安く手に入りますし、サウンドボードのジャンクとかがあったらそれから取ってもいいです。どうしてもオレは標準プラグ装備の本格的ヘッドホンが使いたい!という方はステレオ標準ジャックを用意してください。私は近所のパーツ屋さんで120円でゲット。

(2)パソコンのCDドライブ用音声ケーブル

自作パソコンショップ等で手に入れましょう。ジャンク屋さんにも数十円でいっぱいあるんじゃないかと。CD-ROMドライブとサウンドボードを内部で繋ぐケーブルです。新品でも200円もあれば買えるのでは?。私は解体したパソコンについていたものが手元にあったのでそれを利用しました。(最近はあまり使われないケーブルですので置いてない自作パソコンショップもあるようです。ジャンク屋さんの方が入手しやすいかも知れません。)

 なんでCD-ROMドライブ用ケーブルなのかというと、サウンドボード側のコネクタとケーブルがそのまま使えるからです。たぶんコネクタとコード別々に買うより加工が楽で安いと思います。

2.作り方


ケーブルのCD-ROM側コネクタを切り離し、ステレオミニプラグをハンダ付けする。

・・・・・・これだけです。すみません(笑)。ステレオミニプラグにもいろいろな形がありますので一概に説明できませんが、LチャンネルとRチャンネルとアースを間違えないように配線すればそれでOKです。このケーブルのサウンドボード側コネクタはMVS基板の4ピンコネクタにぴったりはまります。(ごくまれにコネクタの穴の大きさがが合わないモノがあります。その場合は4ピンでピン間のピッチが同じEIコネクターを買って接続して下さい。)


こういう感じでぴったり繋がると思います。この写真は基板前側から写した物で極性は赤のコード(基板奥側)がRチャンネル+なのでステレオミニプラグのRチャンネル側に、白のコード(基板手前側)がLチャンネル+なので同じくLチャンネル側に結線します。真ん中2つが両方ともアースなのでちょうど付いてる黒のコードを利用してこれをステレオミニプラグのアースに繋ぎます。ちなみにこの基板はMV-1FSですが、他の型の基板もこのコネクタがピッタリはまるかどうかはわかりません。


一応、MV-1FSの取説の該当部分を載せておきます。上の写真とは逆で上がJAMMAコネクタ側です。これはスピーカーの配線しか書いてありませんが、ヘッドホンもこの並びと同じです。なお、これに記載がある「ステレオ・モノラル切替スイッチはヘッドホンには関係ないようです。外部スピーカーを繋ぐときはこのスイッチは非常に重要です。JAMMAハーネスの音声配線を取り去った上で外部スピーカーを端子に繋ぎ、この切替SWをステレオ側に切り替えないと不具合が出るようです。


余談ですけど、基板を買うときは取説があるかどうか確認してから買った方がいいです。やはりこの取説が無いとなにかやろうと思った時に結構重要な事が書いてあるので

なにかと不便ですので。個人売買とかで手に入れる時は特に。今回みたいな簡単な工作(・・にもならん(^^;)程度のことならそうでもないですが。

(2004年10月記/2012年4月加筆修正)

おうちでMVS(業務用ネオジオ)を遊ぼう!【自宅で遊ぶアーケードゲーム】

以下の記事は2004年当時に私がやっていたHP「がらくた文書工房」に掲載していた記事です。

記事内容は若干加筆修正しておりますが、基本的に当時のままですので現在の事情に合わない部分もあるかもしれませんが、紹介している機材などは現在でも入手可能ですので興味のある方は参考になさって下さいませ。


アーケードのあの格闘ゲームがそのまんまお手元に!


 ゲームが好きな方であれば「ネオジオ」というゲーム機はご存知かと思います。「アーケード(ゲームセンター)と同じゲームが家庭でも楽しめる!」というのを最大の売り文句に今は亡きSNKが放った当時としては価格もスペックも図体の大きさもまさしく「超弩級」の家庭用ゲーム機でした。一般的には「格闘ゲームだけしか無ぇよ」と思われていて、格闘ゲームが一大ムーブメントであった時期には勢いがあったのですがブームの終焉とともに次第にその勢いも衰えていきました。

 ちょっと複雑なのですが、「ネオジオ」という名前はそのゲームシステム自体というか、アーキテクチャそのものを指しています。一般販売され家庭で使われているものを「家庭用ネオジオ」(普通に「ネオジオ」と呼ばれているものがこれ)、アーケードで業務用として使われているネオジオシステムを「MVS(マルチビデオシステム)」と呼びます。両ハード向けに作られたゲームが「ネオジオ用ゲーム」という訳です。

 両者のアーキテクチャは全く同じものですが、互換性はありません。装置自体の作りも違いますし、ゲームはROMカセットで供給されますが、カセットの形状も家庭用とMVSは違うので差し込めません。が、中に納められているソフトはほぼ同じものです。ソフトウエア自体は稼働に使われるハードが家庭用かMVSかを判断してアーケードか家庭用かどちらかのモードで動作するように作られています。「アーケードと全く同じゲームが家庭で」というのはこういう事なのです。

 家庭用のネオジオは現在もコアなファンが多く、元々の定価も高かったので中古店やオークション等でも価格は高めです。またゲームによっては販売本数が非常に少なかったものも多くあり、中古店やオークション等でもプレミア価格で取引されています。が、業務用MVSの場合は全国でかなりのMVSが稼働していた事もあり(よく駄菓子屋や本屋の軒先やスーパーの休憩フロア等にも設置されていました)、それなりの本数がでている上に本来中古ユースが確立されているわけでも無いので、安いものだと一本500円位からあります。家庭用でプレミアが付いているソフトも数千円で入手できます。本格的にネオジオで遊ぶつもりならこれは見逃せないと思います。初期投資は少々必要ですがネオジオゲームを数多く楽しむには家庭用を集めるのに比べればすぐに元は取れると思います。

ここでは業務用MVSを家庭で遊ぶ一例を紹介します。


1,まず最低限必要な物を揃えよう!。

 以下の機材は普通の中古ゲーム屋さんでは扱っていません。アーケード用中古基板を一般販売しているお店で購入します(通称「基板屋さん」と呼ばれる)。秋葉原などの電気街を中心にネット上でもいくつか通販をしてくれるところがあります。今回は秋葉原の老舗、株式会社トライさんの通販で揃えました。質問にも丁寧に応対してくれるショップさんです。価格は販売店によっても違いますし、在庫状況によっても変動しますので購入前には電話で問い合わせた方が良いでしょう。

(1)MVS基板

まず当然ですがこれが必要です。

大きさの大小や機能の違い、一度に挿せるカセットの本数などでいくつかの種類があるのですが、今回はわりと標準的なMV-1FSという基板をチョイスしてみました。

カセット1本挿し、ステレオ出力可能、BIOS-ROMがEP-ROMでソケットタイプ(デバッグネオジオ化するのに楽)、家庭用ネオジオのコントローラも使用可能です。

ただ、家庭用とデータをやりとりできるメモリーカードを使うための基板が使用できませんが、メモリーカードを有効に使ったゲームはほとんど無いのであまり問題はないと思います。今回購入価格は取扱説明書付きで7,000円でした。


MV-1FS基板です。

MVS基板にもいくつか種類がありますが、一番機能的にバランスが取れている基板だと思います。初期のゲームから末期の大容量のゲームまで安定して動作するようです。ただ、MVSのカセット1本挿し基板の中ではサイズは大きめです。


BIOS-ROMです。純正は東芝製EP-ROMです。ソケット式で簡単に差し替えが出来るようになっています。


家庭用コントローラを1P側、2P側の2つ挿せるコネクタです。

家庭用コントローラに慣れている方はこちらを使うのがよろしいですが、家庭用コントローラには、アーケード基板の操作には欠かせないコインスイッチ(コインを何枚入れたかを設定するスイッチ)とスタートスイッチ(ゲームスタートボタン。家庭用コントローラのスタートボタンは機能しません)がありません。あくまで後述するコントロールボックスとコントローラー(あるいは配線の途中にコインとスタートのスイッチを取り付ける)が必要になります。


外部スピーカーとヘッドホンを接続することが出来る端子です。ステレオで出力されており、アンプ回路を通って出てきていますので、特に大音量を出さない限りアンプを繋ぐ必要はありません。JAMMAハーネスを通しての出力はモノラルですので、コントロールボックスで家庭用テレビに繋ぐ場合は音声はモノラルとなります。ステレオで聴きたい場合はここにステレオスピーカーを繋ぎますが、JAMMAハーネス側のスピーカー配線(10番とk番)を取り外す必要があります。(同時に使えない)


ヘッドホンと外部スピーカーの音量は基板上のスライドボリュームで調整できるようになっています。


(2)コントロールボックス


MVS基板に電源を供給する。基板からの画像・音声信号を家庭用テレビ(ビデオ端子やS端子等)に繋げる様に変換する。コントローラーの信号を基板に伝える。等の機能を持つ物です。今回はこの分野で定評があり、耐久性等も評判のよいシグマ電子製のAV-7000を選びました。

ビデオケーブル、ACコード、電圧調整用ドライバー、コントローラ用コード1本(もう1本あれば2個のコントローラーを接続可能)、取り扱い説明書付きです。しかしシグマのコントロールボックスはいつもデザインがなんか今ひとつだなぁと思います。

これがあると後々機材を揃える事でMVS以外のゲーム基板も遊ぶことが出来るようになります。

今回のAV-7000よりコントローラー等の端子が変更されており、以前のAV-6000用等のコントローラーはそのままでは使えませんのでオークション等でバラで揃える時はご注意を。今回は26,000円で入手。


前面です。青い端子の部分にハーネスを繋ぎます。結構本体重量はあります。


上面です。左から音声のステレオ・モノラル切り替え(ネオジオの場合はどちらでもモノラルです)。ヘッドホン端子(同じくネオジオの場合はモノラル)。RGB端子の有るモニターに繋ぐためのRGB端子(専用ケーブル使用)。CBCというトリマは通常調整する必要は無いです。そして通常のビデオ端子でテレビに繋ぐための端子(専用ケーブルを使用)があります。


左側にはコントローラ端子が2つとモニターの明るさ調整のツマミがあります。


右側には電源スイッチとコントロールボックスから供給される+5Vの電圧を調整するトリマーが付いています。


(3)コントローラー


ジョイスティック型コントローラーです。

コントロールボックスAV-7000用のコントローラー、同じくシグマ電子製の9000TBです。連射機能付き6ボタン対応です。

2人で対戦する場合はもう1つ必要です。(接続コードも必要)

今回、シグマ電子製にしたのはやはりお店の方が他にもメーカーはあるのだけれど、作りや耐久性を考えるとシグマ製が定評もありお奨めはします、との事でした。確かに作りはしっかりしています。ただ、価格も他社に比べると結構高いので割り切って他社製品をチョイスするのも手かと思います。

今回はMVS基板を家庭用ネオジオのコントローラーが使えるものにしたので、コントローラーは買わずに配線の途中にコインやスタートスイッチを自作で配線して家庭用コントローラーで遊ぶという方法も採れますが、わかりずらくなるのでここでは割愛します。そんなことも出来るという事で。今回は13,800円で入手。


(3-1)コントローラ一体型ボックスもあります。


ちなみにコントロールボックスとコントローラーが一体化したものもあります。写真はシグマ電子の雷神Ⅲです。これ1台で2人対戦も出来ます。定価35,490円。バラで買うよりかなりオトクですが、おそらく先にコントローラ部分が壊れるでしょうけど、その場合修理がきかなかったらコントロールボックスも一緒に無くなるということになります。大きさもかなり大きいです。(この画像はネット上のWikiページよりお借りしました。すみません。まぁカタログということでお許しくださいませ)


(4)JAMMAハーネス


ゲーム基板とコントロールボックスを繋ぐ配線を「ハーネス」といいます。

MVSの場合は基本的にJAMMA(日本アミューズメントマシン工業協会)で決められた規格に準処してますので「JAMMAハーネス」というものを使います。ただ、JAMMA規格はコントローラー3ボタンの仕様ですが、ネオジオはコントローラーが4ボタンなので、コネクターの空き端子の25番とa番に4番目ボタン用の配線を施した「ネオジオ仕様」のものを使います。コネクタと線材さえあれば自分でも作れますが、コントロールボックス側のコネクタがコントロールボックスのメーカーによって違ったりするので基板屋さんで「シグマのコントロールボックスに使うネオジオ用○○㎝」と告げて完成品を購入する方がお手軽です。今回はトライさんで30㎝のものを3,000円で購入しましたが、50㎝くらいあると取り回しが楽です。余談ですが、カプコンのCP2/CP3基板の格闘ゲーム等6ボタンを使うゲームでは更に「キック線」と呼ばれる配線を追加しないと遊べません。また、麻雀ゲームを遊ぶ場合は「麻雀ハーネス」という専用のものを使います。


(5)MVSカセット


ゲームカセットです。「MVS」の表記のあるものを使います。家庭用のネオジオカセットは使えません(形状も違う)。基板屋さんでは大体カセットの他にはアーケード筐体に取り付けるプラスチック看板(写真左下)やインスト(インストラクチャーカードの略)と呼ばれる簡単なゲーム内容と操作説明の紙(同右下)、ゲームの初期設定(コンティニュー回数や画面表現等をディップスイッチで設定する)のための取扱説明書、その他格闘ゲームの場合は長細い「技表」が付いています。家庭用のような詳細な説明書はありませんが、これはアーケードゲームは自分でプレイしながら隠し要素を見つけてってねってニュアンスなので当然といえば当然です。これらが無いと価格は安くなりますが操作などすべてを自分で見つける事になります。また、純正の本物が汚損などで無くなっていてかわりにカラーコピーで添付されて売られている場合もあります。今回は人気の高い「メタルスラッグ」をチョイス。家庭用カートリッジは10万円以上というプレミア価格が付いていますが、今回のMVSは8,000円で入手。これぞMVSのメリットです。


2,接続して動かしてみよう!


今回購入した基板には足(レスロックと言う)が付いていませんでした。机の上にベタッと基板を置くのはちょっとアレなんで、電気パーツ屋さんでプリント基板用のスペーサーを買ってきて足として取り付けました。レスロックは販売店によって最初から付けてくれてたり、別売のお店もあります。今回購入したトライさんでは最初からは付けてないそうですが、必要な本数を購入時に言っていただければお付けしますとの事でした。(だからと言って100本とか言わないように(^^;。今回は後日6本ほど送っていただきました)

上の写真がそのレスロックです。


スペーサーを取り付けたついでに今回は気分でアクリル板を加工して底板としてつけてみました。アクリルは静電気が起こるのでどうかとも思われるでしょうが、このへんは私の単なる気分なのであまり気になされませんように。

コントロールボックス側のコネクタを差し込みます。切り欠きがつけてあり表裏間違えないようになってます。


基板側のコネクタを差し込みます。JAMMAコネクタには「部品面」というシールと「ハンダ面」というシールが貼ってありますので、かならず間違えないように挿してください。「部品面」のシールの方をいろんな部品が付いている面に向くように付けます。間違えると基板を破壊します。簡単に逆方向に付きますのでこの確認はクセをつけて必ず行うようにしましょう。


コントロールボックスから出ている+5Vの電圧が正しく出ているかどうか確認します。これが狂っていると安定動作しません。ただ、シグマ電子の取説には「あらかじめ調整してあるので触らないでください」と書いてあるので新規購入の場合は特に調整する必要は無いでしょう。

中古購入の場合は一応確かめた方が無難です。テスターを持って無いと確認出来ませんが・・。

余談ですがまだアナログテスター使ってんの?とか言われそう(笑)


+5Vが狂っている場合は付属のドライバーで電源スイッチ横のトリマーを回して調整します。


コントローラーとコントロールボックスを繋ぎ、コントロールボックスと家庭用テレビを繋いで配線は終わりです。

全体の配線を再度確認したらゲームカセットを差し込みます。サブ基板を支えてきちんと取り付けましょう。


スタート画面が出たらOKです。


ゲームが始まれば全てOKです。思う存分MVSの世界を楽しんでください。


 どうでしたか?最初の説明がだらだら長いので難しいんじゃないかと思ったかも知れませんが、実際の作業はたったこれだけです。MVSは値もこなれてきて格闘ゲーム好きなら思いっきり遊び倒せると思います。また、格闘はどうも・・なんて方でもネオジオには本数こそ少ないですがクイズやパズル、麻雀、シューティングなどもありますのでこれらを楽しんでみてもおもしろいのではないでしょうか?。最近は実機では無くパソコン上でエミュレーターで遊ぶというのが主流になってきていますが、実機こそがやはり本物だなぁという気持ちが個人的にはあります。ぜひお手軽なMVSからまずはアーケードゲーム基板の世界に触れてみてください。ハマっても責任持てませんけど。
(2004年10月記・2012年3月一部加筆修正)
プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索