【Voyage MPD】激安で高音質なPCオーディオ環境を構築する(その1)

【第1回】サーバー用(Voyage MPD導入用)激安PCを用意する。

…てな訳で、しばらくこのテーマで連載してみたいと思いますので、時間はあるけどお金のない人はどうぞ暇つぶしにでも読んでやって下さいませ。

【追記】2013年6月20日にVoyage MPDの0.9.1がリリースされたのを機会に

    t5720へのインストールほぼ全部の手順を記事にしました。

    インストールを考えておられる方は参考にして頂けると嬉しく思います。

    5つの記事に別れており、その1はこちらです。


 ちょっと流行からは遅くなってしまいましたが、表題のようになるべくお金をかけないで今流行のPCオーディオ環境、それも出来るだけ高音質なものを「Voyage MPD」を使って構築してみようと思います。

…で、「Voyage MPD」って何なの?って事ですが、簡単に言えば音楽専用サーバーを構築するためのパソコン用のOS(オペレーティングシステム)です。

正式名は「Voyage Music Player demon(ボイージ・ミュージック・プレイヤー・デモン)」。「Voyage」は「航海」とかそういう意味ですね。「Voyage MPD」は簡単に言うと「Windows」でも「Mac OS」でもない「Linux」(リナックスまたはリヌックスと読む)というOSの一種で音楽再生に必要な機能のみに特化した、非常にコンパクトで軽く、ノイズの少ない高音質な音楽再生が楽しめるOS+サーバーソフトです。

ですので、「Voyage MPD」は家で使わなくなった古いパソコンやノートパソコン等の少々非力なマシンでも軽快に動きます。(古いって言ってもまぁ目安としてはWindows XPの出始めの頃(2001年以降)くらいですかね)。ちょっと前に流行った100円パソコンのネットブックくらいのマシンでなら楽勝で動きます。

私んちの場合使わなくなったパソコンは大抵知り合いの家に嫁入りさせちゃいますので、あいにく余ったパソコンがありません。なので今回はVoyage MPD用のマシンを購入することにしました。え?「激安」はどこいったんだって?。まぁ読んでやって下さいませ。


てな訳でこれをゲットしました。HPのシンクライアントPC、T5720です。完動品なんだけどジャンク扱いで3,000円。安い(^^;。秋葉原に山積みで売ってました。ACアダプターは付いてるけど本来付いてるはずのスタンドは無し。まぁ安いからいいんだけど。

シンクライアントというPCは例えば学校やパソコン教室で生徒一人一人が使う端末として使われたりするパソコンで、アプリケーションソフトやデータは先生の所にあるサーバーPCから引っ張ってきて利用したりするので、非力かつ記憶装置の容量も少ないのですがそれでも立派なパソコンです。


中身はこんな感じ。CPUはAMD Geode NX 1500,メモリは512MB DDR SDRAM,記憶装置として512MBのフラッシュメモリを内蔵しています。スペックは非常にしょぼいのですが、上で説明した用途には十分です。本来はこのT5720用にカスタマイズされた専用のWindows XP Embedded EditionをHPのホームページからダウンロード(なんと無償)してきてそれをインストールして使うのですが、このWindows XPもあくまでシンクライアント用なのでちょっと重いソフトだとまともに動きませんし、初期設定ではPCの電源を切れば使っていたデータをきれいさっぱり忘れてしまうようになってます。要はパソコン教室などで生徒の個人情報などがPC内に残らないようになってるんですね。まぁ今回は指定のWindowsを入れるわけではないのでその辺は余談ですけど。

このPCが音楽サーバー向けとして良い点は

①HDDやCDドライブ,冷却ファン等の可動部分を持たないので動作音がしない。つまり稼働中は無音という究極の静音PCである。

②キーボード,マウス,モニター,パラレル,USB(なんと6ポートもある),LAN(残念ながら100Baseだけど音楽サーバー用としては十分)など拡張性が良い。

③本体もコンパクトで発熱もそれほどひどくなく、なんと言っても消費電力が最大40Wという省電力。

と言ったところですが、何より安い!これに尽きます。


なぜだか私の買ってきたT5720はシステムインフォメーション上はCPUがもっと高性能な「AMD Athlon 1GHz」になってます。もしそうならオイシイのですが、でも…


BIOSの画面だとちゃんと「AMD Geode NX-1500」って表示されてます。どっちがホントなんだか。まぁいいや。そんなに処理能力要らないし。


で、これからこのPCに「Voyage MPD」をインストールする訳ですが、「Voyage MPD」は軽いOSなのでこのT5720に特に何も手を加えなくてもインストールすることが出来ます。…なんだけど、せっかくなのでちょこっと手を入れてみようかな、と。しなくていいのに悪い癖ですねぇ。


左がフラッシュメモリ,右がメインメモリです。これを交換します。


まずフラッシュメモリを取り外します。Apacerの512MBのフラッシュメモリ。インターフェースはIDEの44pin。なのでノート用のHDD等が使えます。今回はこれをコンパクトフラッシュに交換します。


用意したもの。44pinのIDEケーブル(625円)とコンパクトフラッシュを44pinのIDEに繋ぐための変換基板(490円)とシリコンパワーの8GBの200倍速コンパクトフラッシュ(1,099円)。そんな容量要らないんだけど4GBも大して値段変わらないし、大は小を兼ねると言う事で。シリコンパワー製品は性能良い割に値段が安くメーカー保証も有り、今までいろいろ使ったけど一度もトラブル起こしたことが無いので個人的に信頼して気に入っています。


とりあえずこんな感じでびろーんと繋いでみました。この変換基板は別電源が要らないタイプなのでお手軽です。IDEなので1番ピンを間違えないように。写真手前側が1番ピンです。


難なく認識しました。


次はメインメモリ。T5720は最大1GBまで認識できるので1GB積んでしまいます。写真は純正の512MB(DDR-333,PC2700)。どこのメーカーかシールでわかんないですが。


んでまたシリコンパワーのメモリモジュールを用意。200pinのSO-DIMMの1GB。DDR-400,PC-3200だけど多分大丈夫でしょう(2,220円)。


はい、ちゃんと認識しました。あれ?フラッシュメモリを76GBって認識してる(^^;。まぁいいか、エラー出てないし。

今回自分の趣味(というか習性(^^;)でメモリ増やしたりしてますのでコストがかかってますけど、本来このT5720には何も手を加えない標準状態で「Voyage MPD」は入りますのであくまで激安で構築したい方は標準状態でインストールして下さいませってことで夜露死苦(死語)。


なぁ~んてな訳で「Voyage MPD」をインストールするためのマシンが用意出来ました。次回はこのPCに「Voyage MPD」をインストールしてみます。良く「Voyage MPD」は導入が難しい、敷居が高いと言われます。確かにここからちょっと話がややこしくなったりするんですけど、基本私でも出来ますのでぜひチャレンジしてみてくださいませ。それではまた次回に。

【スピーカー】JBLのControl 1を修理する。


JBLのコンパクトモニタースピーカー、Control 1です。初代は1986年発売。その後モデルチェンジやいくつかの派生モデルを生み出しつつ基本的な構成は変わっていません。昨年末モデルチェンジして名称がControl oneに変更になりました。初代の価格は2本で43,800円だったと思いますが、最近では一つ前のモデルであるControl 1Xtremeの実売価格は19,800円程度になってました。貧乏人が買える唯一のJBLです(笑)プアマンズJBL。でも根強い人気がある小型スピーカーです。


今回入手したものはご覧の通りウーハーのエッジがボロボロで2本一組1,500円でした。多分初代モデルです。オークションでは旧モデルのエッジの破損したジャンクでも3,000円くらいにはなるのでまぁお買い得でした。

JBLに限らず多くのスピーカーがエッジにウレタンを使用しています(特に海外製品)。コストや加工のしやすさ、特性からなんでしょうが、ウレタンというのは年月とともに空気中の水分と反応して劣化し写真のようにボロボロに朽ち果てていきます(加水分解という現象)。ですので乾燥した風土の国ならあまり問題にならないのでしょうけど、特に湿気の多い日本などでは問題になります。

JBLは多くのモデルがこのウレタンエッジで経年とともにこうなってしまうのでいろんなメーカーから張り替え用のエッジが売られています。


日本などではメーカー修理してもまたウレタンエッジを貼ってしまうと数年後に同じ問題が発生してしまうので、ウレタン以外の素材のものに張り替える人も多いです。代表的な素材はゴム(ラバー),布,セーム皮などです。今回私もオークションで布製エッジを1,500円で入手。これに張り替える事にしました。


エンクロージャー(スピーカーの外箱)を開けるにはまず表に6本ある6角ボルトを外します。


そして側面の写真の位置にマイナスドライバー等を突っ込み、こじるようにして開けます。接着剤で強固に接着されてますので躊躇せずに「開ける」というより「割る」という感じです。私の場合はジャンクなので遠慮せず(一応当て布はしてるけど)ゴリッといきました。


丁度この位置にこんな感じで接着剤がつけられています。


エンクロージャーを開けながらスピーカーに配線されているコードを取り外します。


ツイーターに配線されているコードも取ります。どっちがどっちか覚えておきましょうね。


背面側にはスピーカーネットワークが固定されています。あんまり吸音材は入ってないです、グラスウールかなと思ったらなんか熱帯魚の水槽のフィルターみたいな素材です。

この後エンクロージャーからウーハーユニットを取り外すのですが、写真撮り忘れてしまいました。すみません。ユニットはネジとボルトで留まっているのですが、その上から更にボンドのようなねちっこい接着剤でこれでもかと接着されているので取り外すのに一苦労します。コツはペイント薄め液でボルト部分の接着剤を溶かして柔らかくして少しずつ剥がし、ボルトを露出させて取るのが良いと思います。ちょっと悪戦苦闘したので写真まで気が回りませんでした。


ユニットが外れたらガスケットをカッターナイフで綺麗に剥がし取ります。ガスケットは再利用するので破らないように慎重に。ガスケット一体型のエッジに張り替えるとかガスケットも交換するんなら遠慮無く剥がして良いです。


剥がしたガスケットです。


ガスケットを剥がしたユニット。接着剤でベタベタです。


ペイント薄め液を使って朽ち果てたエッジを綺麗に取り除いていきます。コーン紙まわりはうまくやるとこんな風に接着剤とともに剥がれます。くれぐれもコーン紙を破ったり傷つけたりしないように。


コーン紙裏側のエッジはペイント薄め液を綿棒に付けて少しずつこすり落としていきますが、あまりやり過ぎるとコーン紙が濡れてフニャフニャになってしないますのである程度でやめておきます。


エッジを取り除いたユニット。


新しいエッジをコーン紙とフレームに透明ボンドで貼り付けます。安価なボンドで十分だと思います。コーン紙側はコーン紙の裏に貼るので丁寧に慎重に貼っていきます。少しずつ接着剤を付けながらはみ出したらペイント薄め液で拭き取ります。

本来エッジを張り替える場合はセンター出しと言ってコーン紙がボイスコイルと接触しないようにセンターキャップを外してボイスコイルとの間に紙片を挟んで接着する、と言う事をやります。ですが、Control 1のような小型スピーカーの場合、コーン紙にそんなに重量が無いので自然に自立している位置で貼り付ければボイスコイルと接触することは無いと思います。心配ならある程度乾いたときにセンターキャップを押したり離したりしてコーン紙を前後させて「ガサゴソ」とボイスコイルと接触してる音がしないか確認して下さい。こすれている風な音がしなければ大丈夫です。ここで十分に乾燥させます(一昼夜くらい置いた方が良い)


エッジが完全に接着できたらガスケットを貼り付けます。これも一昼夜くらい乾燥させた方が良いです。


乾燥が終わればユニットを取り付けます。


今回、せっかく中を開けるのだからついでにネットワークのコンデンサーを取り替えようかどうしようかと迷いました。もしこのControl 1が1986年頃の製造モデルだとしたら25年近く経って確実に電解コンデンサーは劣化しています。が、しかしネットワークのコンデンサーを替えると言う事は音質に多大な影響がありますので、厳密に言えばオリジナルのControl 1の音では無くなってしまうと言う事になります。少し考えてやっぱり劣化していればそれはすでにオリジナルの音からは変化しているのだからここは気分良く新しいコンデンサーに替えようと決めました。ただし容量はオリジナルと同じとすることにしました。


電解コンデンサーは秋葉原コイズミ無線でスピーカーネットワーク用として売っているPARC Audioのものを用意しました。オリジナルはCULVERのものが付いていました。容量は3.3㎌と22㎌の2種類を2個ずつの計4個。耐圧はオリジナル75Vに対して100V。合計で1,540円でした。


オリジナルはご覧のように取り付けられています。22㎌はオリジナルと同じ位置に付きそうですが今回のコンデンサーは大きいので3.3㎌は基板裏から取り付ける事にしました。これも厳密には音質に影響有りなんでしょうがこの際木に縞線w。


3.3㎌を基板裏に取り付けた状態。過大入力からの保護用にランプみたいな構造のガラス管ヒューズが付いています。


22㎌はオリジナルと同じ位置に。振動対策も兼ねてか、一応オリジナルと同じようにホットボンドで固定しました。


左が付け替え後、右がオリジナルです。


今回交換した電解コンデンサー。3.3㎌は今回用意したものと大きさが違いすぎますがこの辺がブツを見て買えない通信販売の泣き所ですね。(送料は都内に住んでいても秋葉原までの旅費がかかるのだから同じ事と思って気にしてないです)



ネットワークを元通りに取り付け、スピーカーの配線を繋ぎ、エンクロージャーを閉め、ボルト締めします。


こないだ修理したオンキヨーのFR-X7に付けてエージングです。JBLらしい元気な鳴りっぷりで実に良いです。おお、これいいじゃんいいじゃん。ゴキゲンです。これに比べるとオンキヨーの純正スピーカーって…。まぁ価格も違うのだけど。


うちは住宅事情であまり大きなスピーカーを大音量では鳴らせませんので(一時ダイヤトーンのDS-77HRを無茶しておいてた時期もあったのだけれど(^^;)この位のスピーカーが身の丈に合っていて今回は良い買い物でした。耐久性の良い布製エッジにしたので末永く愛用していきたいと思います。

【ミニコンポ】オンキヨーFR-X7を修理する。


オンキヨー(正式表記はなぜかヨの字が大文字。昔の社名は大阪音響なので小文字でいいんじゃないかと思うのですが。まぁキヤノンなんかもそうだしね。木に縞線w)のミニコンポ、FRシリーズの1つ、FR-X7です。1999年頃のモデル。

このシリーズ、昔から結構人気があってかなり売れたようで、今でもデザインもほぼ変わらない機種が売られています。音もこのクラスのコンポにしては良い方で、最近流行の携帯プレーヤー用のドック機能なんかは装備してませんが、今もMD使ってる人たちなんかにはそこそこ売れているようです。

今回は「MD録音再生OK,CDトレイ開かず」でリモコン付き本体のみ1,000円で入手しました。このFRシリーズの定番故障でジャンク屋さんでは同じ症状のFRシリーズを良く見ます。かなり売れた機種なのでジャンクで出てくるタマ数も多いのですが、ほとんどがこの症状です。

原因はCDプレーヤーのゴムベルトの伸び。ゴムベルト1本でトレイの開閉とCDの所定位置への固定を行っているのですが、結構な力が必要なのでこのゴムベルトが伸びたらCDを認識しなくなってやがてトレイも開かなくなります。

このゴムベルトは安いのですがオンキヨーは一般客に部品を出してくれないので今回は代替ベルトを通販で売っているサイトを利用しました。1本300円(送料含まず)。


チェックしようとしたら中からMDディスクが出てきました(^^;。多分ジャンク屋さんがチェックした後に取り出し忘れたようです。中は知らない演歌が録音されてました。


チェックしたらMDは問題なく認識して再生しました。外部入力からの録音もOKでした。


CDは表記と違ってトレイは力なく開いたのですがやはりCDを認識しません。


早速上蓋から開けていきます。そんなに複雑な構造では無いのでCDユニットまではそう苦労せずたどり着けます。ケースは背面にあるネジも外しておいた方が作業はやりやすいです。


フロントパネルはこういったボリュームつまみの下などにも固定用のネジが隠れていたりしますので、全部のネジを外した筈なのに外れないからと無理矢理全力で外そうとしないように。



バラして行く上でコネクターから配線を外したりする場合はちゃんとどういう風に付いていたか確認しながら確実に進めましょう。でないと後で戻せなくなります。デジカメで逐一写真を撮りながら必要に応じてメモも取りつつ作業を進めるのが良いです。


MDユニットを外すと下にあるCDユニットが出てきます。このCDユニット上部の黒いカバーを外すのにコツが要りますが、どこで固定されてるか良く見て慎重に外して下さい。


カバーを外すとユニットの中が見えてきます。押さえを外し、トレイを引き出して外します。


トレイの下にあるギヤ部分のカバーを外すと問題のゴムベルトが見えてきます。これを交換します。ついでにプーリーなんかはイソプロピルアルコール等で綺麗にしておきましょう。


左が外したゴムベルト、右が新品です。相当伸びているのがわかります。


せっかくバラしたのでついでにCDのレンズもクリーニングしておきましょう。イソプロピルアルコールを少量綿棒に含ませて軽く拭き、仕上げに軽くカラ拭きしておきます。


全体を見るとこんな感じ。指さしてるゴムベルトを交換します。



この後は逆の手順で組み立てていくだけです。


バラック(仮り組)で動作を確認。通電するので感電に注意!。


元に戻して確認です。無事にCDを認識するようになりました。トレイ開閉もスムースです。


これに付けるロクなスピーカーが無かったので純正スピーカーを中古(3,000円)で手に入れてきて視聴です。…がこのスピーカー、見てくれはすごく格好良いんですがあまり音は良くないですね。でもこのクラスのコンポとしては充分及第点以上の音です。

とりあえず修理は終わったのですがとりたてて使い道も無いのでパソコンの側に置いてパソコン作業中のBGM用にしようと思います。パソコンの方もオンキヨーのサウンドボードSE-90PCIと同じくオンキヨーのパワードスピーカーGX-70AXが繋いであってそれなりの音が出せるのですが、音の出るホームページなんかに行った時に音楽が途切れたりミックスして再生されるのが嫌なのでBGM専用機を置くのはそれなりのメリットがあると思います。

このFRシリーズ、家電修理にチャレンジしてみようと言う方にはカンタンでわりといいんじゃないかと思います。しかしながらフタを開けて内部をいじる行為はメーカー保証外で誰も責任取ってくれませんので、感電やケガには十分注意しながら自己責任でお願いします。当然私も一切の責任は負いませんのでその点よろしくです。

あけましておめでとうございます。

…って、とっくに松が開けてからご挨拶してますが(汗)

いつも見に来て下さる方(居るのか?)どうもありがとうございます。

ブログを開設してから2月で満7年になります。

7年掛かってやっと10万アクセスに届く所まで来て、先日カウンタの桁を増やしました。ありがたいことです。

当初、10万アクセスなんて行かないだろうけど、とりあえず目標でやってみてもし10万行ったら目標完遂で止めようと思ってましたが、いざそうなってみると実際マイペースにやってて特別止める理由も無かったりするのでまだ当面続けてみようと思っています。

10万カウントに届いたのはひとえに写真掲載を許可していただき、記事内容も黙認していただけた地元の有名アナウンサーさん達のおかげだと思っています。それしか思い当たる理由がありません。

7年前当時、いろんな人のブログを見てて、あまりにも個人的な日記や私的グルメレポみたいなものばかりで、「そうだよなぁ、普通のパンピー(一般人)に毎日他人が食いつくようなネタなんて無いよなぁ」と思い、それならいっそ誰も読まなくても丁度雑誌の囲み記事書くみたいなノリで読み物として読めるように書いてみようと考えて今に至ります。物書きが本業では無いのでホントにつたない文章なのは自覚しております。

今はブログもどちらかと言えば下火でもっぱらSNSやってる人が多いのでしょうけど、どうもああいうのは性に合わないというか、SNS疲れみたいにそこまでしてプライベートの一部を晒して四六時中他人と繋がってなきゃいかんのかという感覚なものですから、まだ当面ブログ

でちまちまやっていこうと思っています。

ごくたまにメールやコメント、拍手を貰えることがあってそれが励みでもあるのですが、元々そんなに皆さんが食いつくようなネタを扱っておりませんのでまぁ誰かに面白いと思ってもらえればいいかぁなんて気楽にやってます。

さて、これから先の展開ですが、しばらく最近流行のPCオーディオの導入を取り上げてみようかなと。

もちろん、世間的には低所得層の扱いを受けている私ですのであまりお金かけることはやりません。お金かけるんだったら正直何でも不可能は無くてつまんないしね。お金かけないところで工夫してあれこれやる方が楽しいよね(私だけか)。

具体的には

(1)ジャンクのちょっと良さげなコンパクトスピーカーを修理してみる。

(2)超激安・高音質な無音コンパクト音楽サーバーPCを構築する。

(3)ネットワークオーディオを導入してPCやスマホから音楽再生をコントロールしてみる。

(4)雑誌の付録DACをプチ改造して好みの音を見つけよう。

(5)超激安で高音質なアンプを作ってみる。

みたいな流れでやってみようかなと。もうこの時点で興味ない人が大半だと思いますけど(笑)

その他にはまた今年も地元のイベントやアナウンサーさんネタがあれば各方面にご迷惑かけない程度に記事にしたいと思っていますし、時系列がむちゃくちゃになってしまいますけど、去年書き漏らしたネタも多くあるのでそれも記事に出来ればと思っています。

変わらずマイペースな更新になるかと思いますがどうぞ今年もよろしくお願い致します。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索