'14青空天国いこいの広場でTYS,YABの新人アナウンサーさんお披露目


2014年5月5日、こどもの日に毎年恒例の「青空天国いこいの広場」という催しが山口市の維新百年記念公園で行われました。

この催しは子供達がいろいろな遊びや体験を通して青少年の健全育成や家族のふれあいに繋がって欲しいとの目標を掲げて毎年行われている子供達のためのお祭りです。

私は目的の一つとして子供達の遊ぶ姿をスナップ写真に撮りたいと思って毎年出掛けています。が、昨今この物騒なご時世ですのでなかなか一般のお子さんのスナップ写真を撮るのも大変です。なのでシャッター切った後は必ず引率の親御さんに一声掛けて許可をもらうようにしています。昔ならこういう場で撮ったスナップを雑誌のフォトコンなんかに投稿とかも出来たのですが、さすがにそれは現在全くの無許可では出来なくなりました。なのでこれはと思ったカットが撮れたときはその旨を含めて許可を取っています。

それ以外にも、もう一つの楽しみとしては警察・消防・自衛隊の特殊車両を見たり触ったりできる他、この催しには山口市にあるTYS(テレビ山口)とYAB(山口朝日放送)が協力していますので両局のアナウンサーさんも見れます。時期的に新人アナウンサーさんのお披露目が行われる事もあります。

そういう訳で子供たちを撮ったスナップはなかなか載せられませんので、それ以外の切り口で書いてみたいと思います。



こういう自衛隊車両も見たり触ったりすることが出来ます。



消防からははしご車の体験乗車や救急車の展示もあります。


警察からはパトカーや白バイの展示が。お子さんは運転席などに座って記念写真を撮ったりも出来ます。
「大井松田五郎のパトカー必撮指南塾」!ってわかる人にしかわからんか(^^;。ラジオライフも読まなくなってからずいぶん経ちます。



午前中のステージ司会はYAB山口朝日放送の新人アナウンサー4名だけで進行です。これも研修の一環でしょう。各人名前の入ったタスキを掛けています。


今年のYABの新人さんは男性はひとりだけ。浅野航平アナウンサー。大阪府出身。

女性3名は「YABガールズ」と銘打ってPRされています。


尾島沙緒里アナウンサー。埼玉県出身。


宇野名都美アナウンサー。兵庫県出身。


山崎彩紗アナウンサー。神奈川県相模原市出身。


YABはこの他に毎年子供たちに人気の企画、本物のアナウンサーと一緒にアナウンサー体験が出来るブースを設けていました。



ステージや競技場のフィールドではいろいろな催しが行われます。これは子供たちによる少林寺拳法公開演武。


オニを捕まえて持ってるお菓子を奪い取れ!。


終いには捕まって子供たちに地面を引きずられたりして(笑)。




全体的にみんなで踊ろう系の題目が多かったですね。山口のゆるキャラ、ちょるるの姿も見えます。




競技場の外ではこれもまた毎年人気の子供たちで柱の枠を組んでいくちびっこ上棟式や会場のあちこちでジャグリングなどが行われています。


今年も会場はかなりの賑わいです。



午後からのステージはTYS(テレビ山口)の進行でした。左はテレビ山口のキャラクター「テレオン」


夕方のニュース(TYSスーパー編集局)の顔、香川純也キャスター。


週末の情報番組「週末ちぐまや家族」などでおなじみ、佐藤けいアナウンサー。


TYS今年の新人さん。男性は永岡克也アナウンサー。地元山口出身だそうです。


女性は大東和華子アナウンサー。広島出身。珍しい苗字ですね。



中学生のジャグリングユニット、「ドラゴンセーバー」の演技。それを受けて…。


香川キャスターもチャレンジ。事前に練習されてたそうですが、全く未経験の割には続いたかな。


大東和アナウンサーも挑戦。



アナウンサーさんに限らずどこの会社でもそうですが、新人さんって初々しくて良いですね。



どういう訳か女子高生に大人気だった山口市の自称「雑なゆるキャラ」ぶちまろ。後ろは同じ山口市でも小郡地区のゆるキャラ、おごりん。



YABの土曜日朝の顔、「どきどきマルシェ」でおなじみ、伊藤明日香アナウンサー。



新人さんもアナウンサー体験コーナーを担当します。が…。


浅野アナの時はこの状態。これはプレッシャーですね。上司の柘植忠司アナウンサーの視線が怖い(^^;。



尾島沙緒里アナと山崎彩紗アナ。YABのキャラクター「ビープくん」と一緒に2人でPRに回っていました。


別の所にいらした宇野名都美アナにも1枚お写真いただきました。



TYSの香川アナと佐藤アナのツーショット。最近ではなかなか見れないレアな組み合わせかな?


…てな訳で子供のためのお祭りではありますが、今年も堪能させていただきました。山口って田舎だから子供達がまだ都会の子ほどスレてないって言うか、本気で楽しんでいて見てるほうもなかなか元気をもらいました。ブログには載せないけど被写体になってくれた元気な子供たち、どうもありがとう。何枚かフォトコンに出してみようかな。ってところでまた来年。

NFJ TA2020-20 デジタルアンプキット2号機の製作

以前組み立てたノースフラットジャパンのTA2020-20を使用したデジタルアンプキットの2号機を作ってみました。

ここのところの円安でキットの値段は980円から1,180円に上がってしまいましたが、それでもこの手のキットとしては爆安です。

以前組み立てた1号機。


キットにオプションの5V独立給電化キット(50円)だけを追加して組んだだけのものでしたが、デジタルアンプ特有の解像感のあるクリアな音でこのキットの素性の良さが十分判るものでした。

今回はもう少しいろんな部品を変更してどう変わるのか試してみたいと思いました。


今回追加・変更した部品は以下の通り。ネット上ではもっと派手な改造例がいっぱいありますが、基本外装ケースを以前と同じ100均ケースに収まる程度の変更に留めました。また価格を安く、というテーマもあって、NFJで用意されている別売のオプションやバラ売り部品を使用することにしました。

1.TOKO防磁インダクタ 11RHBP 22μH 4個 (390円)

2.5V独立給電化キット (60円)

3.3pin 2.00mmピッチ PHコネクタ+強化ケーブル (100円)

4.DALE製 MiLスペック抵抗アップグレードキット (290円)

5.6Ω向けコンデンサアップグレードキット (390円)

6.ERO製MKC1862ポリカーボネートフィルムコンデンサ 100V0.22μF 2個セット(280円)

7.パナソニックFC 16V2,200μF 電解コンデンサ低ESR品 (120円)

8.WIMAメタライズドポリエステルフィルムコンデンサ100V1μF 2本組 (250円)

9.フェライトビーズインダクタ(アキャシャル型)10本セット (140円)

10.SANYO電源平滑コンデンサアップグレードキット 16V2,200μF (140円)

11.NFJ TA2020キット最終版専用ベースアップグレードキット/オマケ付き (160円)



上がほぼキット素組みの1号機。下が今回の2号機です。インダクタを高性能なモノに変え、入力カップリングコンをWIMAに、電源平滑コンを大きくして終段のコンデンサ周りを6Ωのスピーカー仕様に、あとベースアップグレードキットはノイズ減目的のコモンモードチョークコイル等に加えてTA2020の保護回路周りを正常動作させるための部品のセットです。



ベースアップグレードキットの実装は小さなチップタイプの積層セラミックコンデンサの半田付けや3カ所ほどジャンパー線を飛ばさなければいけないなど多少工作難易度が上がってます。


DC漏れの確認後、いつものようにジャンクスピーカーに繋いで音出し確認。


最終的には100均ケースに収めました。今回は電源スイッチを前面に持ってきました。良い感じでピッタリ収まりました。

音の傾向は結構変わりまして、更に解像感が増して高音の伸びが改善、定位感も増したように思います。電源平滑コンを大きくしたお陰か多少ピーキーな感じが取れたようにも感じます。この後エージングでどう変わっていくか楽しみです。

もう1セットキットがあるので、また違った改造・変更を施してみようと思います。

当ブログの製作記事について

いつも当ブログにお越し下さりありがとうございます。

最近メールやコメントでブログに掲載した記事についてお問い合わせや依頼を多く頂きます。

誠に申し訳ありませんが当方ではブログで記事にしております、製作・改造の代行・またそれらを使用してのデータ吸い出し作業などの代行などは一切行っておりません

あくまで少ない余暇の中で趣味の一環として自分でやってみた結果の発表、的なニュアンスでやっております故、その点ご理解の程よろしくお願い致します。

また実際にやってみられる方は事故やケガの無いよう細心の注意をもって自己責任でお願い致します。当方では一切その責任は負いかねます事も重ねてご了承下さい。

GWに原田かおりさんと庄野数馬アナウンサー(山口放送)に会ってきた。

またずいぶん時間が経ってからの記事になってしまいましたが、今年2014年4月29日、昭和の日。

休日なれど朝から別に予定の無かった私は月曜日ということで久しぶりにKRY山口放送にお昼のラジオワイド「お昼はZENKAI ラヂオな時間」の見学に行くことにしました。

この日のパーソナリティはかぐせんさんこと山根由紀夫さんと原田かおりさんのコンビです。

この日は祝日の放送恒例になっているクイズ企画が行われていまして、「利き○○」と言う事でパーソナリティ2人がそれぞれ何かを「効いて」二人がそれぞれ正解を出せるかをリスナーが当てるという企画でした。

かぐせんさんは「利きコーラ」、原田かおりさんは「利きチョコレート」に挑戦して結果は二人ともハズレでした。

DSC_0431

スタジオ横にはこのようにコーラやチョコレートが用意されておりました。

ラジオだからわかんないけどちゃんとこうやって実際にやってるんですよ(当たり前だ)。

放送後、かぐせんさんにご挨拶をし、原田かおりさんと少しお話が出来ました。

DSCN0558

原田さんは釣りが趣味なので、良く番組内で他のアナウンサーやパーソナリティー、あるいはリスナーから「海の男の中の男」と呼ばれてます。GW後半にはお休みを頂いて釣りに行って来ますとの事でした。アウトドアが趣味な方らしく、いつ話しても明るさ元気いっぱいです。

今日は休日ですけどこの後は?と聞かれたのでSLやまぐち号でも見に行きます。と答えました。


昨年の豪雨災害で今山口線は津和野までの線路が復旧しておらず、途中の地福駅までの折り返し運転となっています。そのため、SLやまぐち号は現在ちょっと普段と違う運行形態が取られています。それを見に行こうと思いました。

実はこの日、同じKRY山口放送の「熱血テレビ」ではお隣の広島テレビ「テレビ派」とのコラボレーションでこの今しか見れない運行形態のSLやまぐち号を生中継で山口と広島に紹介することになっていました。

で、多分生放送だから途中停車駅では時間の調整が難しいから終点の新山口駅で中継だろうと考え、終点は人が多いので避けて、途中駅の「湯田温泉駅」に見に行くことにしました。なぜかというと湯田温泉駅には

温泉最寄りの駅らしく、改札を出たところに「足湯」が設置されているので、「足湯に浸かりながらSLを見物する人」的な画が撮れるんですね。なので周南市の山口放送本社を出た後、山口市内の湯田温泉駅に向かいました。すると…。


DSCN0567

DSCN0572
湯田温泉駅に到着したらなんといるじゃないですか、小型SNG中継車。どうやらここで生中継が行われるようです。見るとスタッフさんが足湯あたりで中継の準備をしてます。どうも考える事は同じなようで(^^;…。

そうこうしているうちにSLが到着、生中継が始まりました。

DSCN0559

DSCN0561

現在、地福駅で折り返し運転な為、行きはC56が通常通り客車を牽引して走るのですが、地福駅には機関車の向きを変える転車台が無いため、復路はこのように後ろ向きなままDD51に牽引されて戻ってきます。DLと呼ばれる運行形態です。この状態は途中折り返し運転をしている今しか見れないので結構な見物客がいました。ここはホームの外なのですが、上の写真の様に足湯があります。ここは足湯に浸かりながらのんびりSLが見れるスポットなのです。

DSCN0565

DSCN0566

足湯に浸かりながら生放送リポート中の庄野数馬アナウンサー。今日は山口県内だけでなく広島県内にも生放送の映像が流れます。

DSCN0568

広島とのコラボ生中継のコーナーが終わり、ローカルのクイズコーナーの中継が始まるまでの合間に少しお話しして撮らせていただいた一枚。湯田温泉のタオルが良い感じでしょ。「良くここで中継ってわかりましたね。」「いや、中継は終点の新山口だと思ってたのでそれを避けたつもりだったんだけどまさかこことは思わなかったんですよ」みたいな会話を交わして庄野アナはこの後もまだ中継があってお忙しいので早々に失礼しました。

「DLやまぐち号」としての運行は今だけですので興味のある方はぜひ見に行ってみて下さい。この湯田温泉駅で足湯に浸かりながら。オススメですよ。

ドリームキャスト用VGAアダプタを作ってみた。

先日、ドリームキャスト用のSDカードアダプタ製作の記事を載せましたが、今回はVGAアダプタを製作してみました。と言ってもすでにいろんな方が作られてますのでそれに倣ってやってみたという感じですが。

ドリームキャストの大きな特徴として「パソコン用モニターにVGAでの出力が出来る」ということが上げられます。現在のゲーム機で主流のHD出力には到底及びませんが、ドリームキャストが現役当時の家庭用ゲーム機はRGB出力を除けば良くてS端子による出力くらいで、パソコン用の31KHz・640×480ドットのモニターにVGAモードで出力できるというのは群を抜いて美しい画面でプレイすることが出来るということでした。

DSCN0016
この機能は標準状態では使用することは出来ず、セガから純正オプションとして発売されていた「VGAボックス」を繋げる事によって使用できるようになります。このVGAボックス、定価が7,000円とかなり高価なオプションだったので実売が半額以下で発売されていた上の写真(ゲームテック社製のDC-VGAデミロ)のようなサードパーティ製のVGAアダプタを使ってる人も多かったです。

また、ゲームソフトも「VGA出力対応」と記載があるのものだけがVGA出力可能です。


非純正のVGAアダプタは現在でも中国あたりで作られてるモノが入手出来るのですけど、そんなに難しくもないので今回作ってみました。

参考にさせて頂いたのはSDカードの時と同じ、こちらのブログさんです。

てきとうなブログ (リンクフリーということで貼らせていただきました)

dreamcast その21 http://ayasuke.exblog.jp/15567611/#15567611_1

回路図はこちらになります。

http://ayasuke.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=15567611&i=201105/18/22/b0030122_1924527.jpg

なお、ドリームキャストは100Vを使用していますので分解する場合は細心の注意をお願い致します。

感電などの事故につきましては当方では責任を負いかねますので、自己責任でよろしくお願いします。


信号を取り出す配線を行うのはマザーボード上の下の写真の場所です。

D9994

配線後。

D9995

配線後、間違いが無いか確認してホットボンドで固めます。

DSCN9999

DSCN0001

今回もまたコードの接続にはピンヘッダを用いて本体の背面にスリットを入れ、そこから配線を外に引き出します。

DSCN0002

DSCN0005

元通り組み立てて配線の引き出しは完了です。(1本は前回のSDカードアダプタ用の配線です。)

DSCN0017

VGAアダプタ本体は例によってユニバーサル基板上に組んでタッパーに収めました。ステレオ音声出力はピンジャックを使用しました。2回路のスイッチはVGA出力しかしない場合は必要無いのですが、付けておかないとVGA非対応のソフトを使うときに使い勝手が悪いので付けることをお勧めします。

配線さえ間違えなければ結構簡単な回路ですので電子工作の入門として挑戦してみてはいかがでしょうか。


また、VGAの話からは逸れますが、今回はついでにドリームキャストには付いてない「ハードウェアリセットスイッチ」を取り付ける事にしました。

DSCN9996

DSCN9998

上の写真2カ所に配線をし、間に適当な押しボタンスイッチを付けるだけです。

DSCN0004

私は小型の押しボタンスイッチをこの部分に取り付けました。

DSCN0015

動作確認です。モニターや音声ケーブルを繋ぎます。

DSCN0014

VGA入力のあるプラズマテレビに繋いでみました、無事に画面が出ました。やはりS端子などと違って段違いに綺麗です。

DSCN0023

前回製作したSDカードアダプタと今回製作したVGAアダプタです。これでドリームキャストを綺麗な画面で遊べてデータの吸い出しも可能になりました。

まだまだうちではドリームキャストは現役です。今後もいろいろと遊んでみようと思います。

とりあえず今回はここまで。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索