メガドライブに音声出力端子を増設する。

ネット上にも多く事例があります故、今更な感じではありますがとりあえずやってみたので。


セガのコンシューマーゲーム機、メガドライブです。1988年10月発売。もう26年前になるんですね。当時の定価は21,000円でしたが、当時はファミコン1強の時代。実売は結構安く売られていました。16-BITの文字が眩しいぜ~。

このメガドライブ、ゲーム自体はどれもステレオ音声で作られているのに肝心の本体は標準で付属しているビデオケーブルを使った場合、音声がモノラル出力です。(と言うかそもそも背面の出力端子に音声がモノラルでしか出ていない)。

時代的には電気屋さんに並んでいるテレビの主力はステレオでビデオ入力もあるものが主流になっていましたが、まだまだモノラルのテレビを使ってる人も相当多くいた時代。まして少年少女たちがゲームをすることを許されているテレビは居間にある大きなテレビじゃなくて14型の小さなモノラルテレビってのも多かったんじゃないかな。

そんな時代だったからなのか、それともメガドライブの前世代のセガのゲーム機である「マークⅢ」や「マスターシステム」とケーブルの互換性を保ちたかったからなのか、いずれにしてもなんでこんな設計に落ち着いたのかはいまひとつ腑に落ちない部分であります。

じゃあどうやってステレオでゲームの音声を聴くかと言うと、前面にあるヘッドホン端子。ここにはステレオで音声が出ていますのでここにヘッドホンもしくはオーディオコードを繋いでステレオテレビやステレオアンプと接続して聴くということになります。

ところがこのヘッドホン出力から出る音声がすごくノイズが乗るんですよ。ヘッドホンアンプがヘボいのか、元々の音声周りの設計が悪いのか。なので先人の方々が過去にいろいろな手段でメガドライブの高音質化改造を施して来た訳です。


今回はそこまで凝ったことをするわけでは無く、ヘッドホンアンプ手前のIC出力から音声を取ってしまおうという改造です。

まずはこちらの記事をご覧下さい。


これ、ネット上にあった画像なんですが、元々はセガの機関誌に載っていた記事の転載なので引用させていただきました。そう、セガは公式にこの改造方法を公開してたんですね。普通のメーカーじゃあり得ないんですが「だってセガなんだもん」って事で(笑)。

早速メガドライブ本体を開けます。普通のプラスドライバー1本で開きます。


本体を開けるときに電源表示のLEDに繋がってるコードがありますので勢いよく開けないように。このコードを取り外します。LEDには極性がありますのでどっちに赤いコードが繋がっていたかちゃんと覚えておきましょう。(赤は+。LEDの足が長い方に繋ぐ)


メガドライブは製造時期によっていくつかの基板のバージョンがあります。今回改造するメガドライブはかなり後期型のVA6基板。VA5~VA6基板あたりはメガドライブの中では比較的高音質な基板と言われています。


回路図のとうりにソニー製の「A1034」ICの足からL,R,GNDの各配線を取り出します。(写真は基板裏に配線を繋いだもの)。


今回は滅多に手を入れる場所では無いため手抜きしてカップリングのコンデンサーは空中配線してます。良く見るとハンダがツノになってますね。恥ずかしいです。ああ、きっちりと温調の出来る良いハンダゴテが欲しいです。…てかいくら手抜きとは言え雑にハンダ付けすんなよって事ですが(^^;

コンデンサーの極性は間違えないでくださいね。当然ですが回路図どうり+がIC側ですから。


ピンジャックは背面に取り付けて改造完了です。手抜き作業してる割には金メッキのジャック使ったりして我ながら何考えているのやら。

この改造は音声回路の途中のICから音声信号を取り出すだけなので元のヘッドホン出力も当然生きてます。どちらでも使えると言うことで。

ちょっと出力信号のレベルは低めですが、ステレオアンプやテレビに繋ぐ分には問題無いと思います。それではメガドライブでステレオ音声をお楽しみください。

祝!小野口奈々アナウンサー(KRY山口放送)ミヤネ屋出演!

明日2014年9月19日、KRY山口放送の小野口奈々アナウンサーが「ミヤネ屋」にMCとして出演されます。全国ネットでのMC、おめでとうございます!。

お休み中のよみうりテレビ川田裕美アナウンサーの代打企画で全国の日テレ系の女性アナウンサーの方々が日替わりでMCを務めるのですが、週のトリ、金曜日が小野口アナと言う訳です。

すでに番組内で「天然ボケのトラブルメーカー」と紹介されており(笑)思いっきりハードルを上げられている訳ですが、果たしてどんな放送になるのか?山口県民としては応援しつつ見守りたいと思っております。

このブログにも小野口アナの名前で検索して来る方が多くいらっしゃいますが、結構小野口アナが登場する記事を載せてるにも関わらず残念ながら大手検索エンジンではかなり古い記事しか引っかからないようなので急遽エントリを作ってみました。

ミヤネ屋を見て小野口アナに興味をもたれたと言う方がいらっしゃいましたら、ぜひこのブログの右側にある「ブログ内検索」の検索窓から「小野口奈々」で検索して他の記事も見て頂ければいいなと思っています。そして小野口アナの応援、よろしくお願い致します。


今年3月「ズームインサタデー全国うまいもの博(下関大丸)」で生放送特番のリハーサル合間の1枚。

明日が楽しみです。

メガドライブ版「バーチャレーシング」を修理する。


1992年にセガからアーケードゲームとしてリリースされ、好評を博した「バーチャレーシング」。1994年には家庭用機「メガドライブ」に移植されました。


アーケード版の「バーチャレーシング」は当時のセガの最先端システム基板「MODEL1」を使用していましたが、それを家庭用機のメガドライブに移植するのは不可能と言われていました。それをセガはゲームカートリッジ内に秒間9,000ポリゴンの処理が可能な「セガ バーチャプロセッサー」というこのために開発したチップを積むことで力業で移植を可能にしてしまいました。秒間9,000ポリゴンというのはこのしばらく後に発売された「プレイステーション」の能力が秒間36万ポリゴンなのを考えると大したこと無いのですが、間もなく「セガサターン」が発売されるというタイミングでほぼモデル末期のメガドライブで叩き出す性能としては立派なものだと思います。「機能が無ければ追加すりゃいいじゃん」って発想がいかにもセガらしいと言えばそれまでなんですが、果たしてチップの開発費用の元が取れたのやら。


発売からすでに20年が経過して、久々に実機で動かしてみると「数回に1回しか起動しない」「起動しても途中でゲームが止まる」という状態になっていました。原因を調べるために中を開けてみます。


スーパーファミコン等でお馴染みの特殊なネジが使われているので普通のドライバーではネジが外せません。


そこでエンジニアというメーカーから発売されているDTC-27という型番の特殊なドライバーを使います。レトロゲームを扱う人には必需品ですね。


中を開けると中央に一際大きなチップが。多分これが「セガ バーチャプロセッサー」なんだと思います。見ると電解コンデンサーが左右に2つ使われています。古い機器ではまず電解コンデンサーを疑ってみるのは基本です。


見ると電解コンデンサーの足が半田付けされている基板のパターンが腐食してます。容量の抜けを測定するまでもなく明らかに経年劣化による液漏れを起こしています。これを取り替えます。


外した電解コンデンサーです。6.3V 47uFが2個。液漏れした電解コンデンサーはすごい悪臭がします。液漏れがかなり進行していると基板のパターンまでもが腐食してしまい、修理が大変になるのですが、幸い首の皮一枚といった感じでパターンが残っており、イソプロピルアルコールで磨いてテスターで導通を確認したところ正常でしたので通常品の16V 47uFの電解コンデンサーと取り替えます。プラスマイナスの極性がありますので外す前に確認しておきましょう。


取り替え後です。ショートしてないか、ちゃんと導通してるかテスターで確認します。


発売当時買ったものと最近ジャンクで買ったもの、両方液漏れ起こしていたのでどちらも交換しました。


動作確認です。一発で起動&途中停止も無くなりました。メガドライブ版はグラフィック自体は頑張ってはいるもののやはりハードの制約で今ひとつですが、自車の操作フィーリングとか挙動とかは非常に良い感じで移植されていて結構気に入ってます。この他にスーパー32X用の「バーチャレーシング デラックス」も所有しており、当然こちらの方がグラフィックも良く、一番の移植の出来と言われてますが、個人的にはどちらも好移植と感じておりお気に入りです。

2014年KRY山口放送本社に24時間テレビの募金に行ってきた。

もはや毎年恒例となりましたが、今年も募金に行って参りました。

24時間テレビについての私の考えは過去記事でも書いてますので省略しますけど、番組内容に不満が無いわけではありません。…が、多くの有名人、芸能人が呼びかけるからこそ年に一度チャリティー募金というものに目が向き、多くの善意が集まるわけで、細かいことは抜きにして番組自体の存在意義はあるものと考えています。

確かに番組初期の硬派な雰囲気は無くなり、障害者福祉の現状報告など地味な企画は消え失せてしまったけれど、地味な番組作りでは限界もあり1991年に視聴率及び募金額の大幅な減少となり、翌年大幅な番組内容のリニューアルがなされ現在に至る経緯をリアルタイムで知ってる身としては現在のこの番組の現状を頭ごなしに批判するつもりはありません。

私は第1回から番組を見ています。80年代にメイン募金会場の日本武道館のアルバイトスタッフとして、90年~00年代には街頭募金ボランティアとしてこの番組に多少ながら関わってきました。現在は単なる一視聴者として年に一度のこの番組に参加させてもらってます。

で、ここ数年は地元のKRY山口放送本社(周南市)に募金しに行ってます。募金ついでに生放送風景の見学やいつもテレビで見てるアナウンサーの皆さんを生で見てこようという訳です。半分お祭り気分でもいいと思うのです。募金は必ず誰かの役に立ちますし、何をやるにしてもまずお金は必要なものだからね。


てな訳で8月30日(土)夕方、周南市の山口放送本社へ行って来ました。



入り口には実際に贈呈された福祉車両が展示されていました。ちゃんと募金は形になってるんだよね。奥の車両はカラーリングや番組ロゴからかなり前に贈呈されたものだとわかります。初期の贈呈車両はみんなこのカラーリングだったんだよね。


現在は使われてない「24時間テレビ」と「愛は地球を救う」の文字。懐かしいですね。


ローカルの募金告知コーナーのリハーサル中。生放送なので念入りにリハーサルが行われています。


今年のKRYメインパーソナリティ、入社5年目の庄野数馬アナウンサー。緊張の中にも落ち着いてらっしゃる感じでした。細かく入ってくる生放送の合間にも本社に募金に来られたお客さんとの撮影などにも気軽に応じてらっしゃいました。いつ見てもイケメンなんだよなぁ、この人。


同じく今年のKRYメインパーソナリティ、入社3年目の徳田琴美アナウンサー。「かなり緊張してます」とおっしゃってましたが、なかなか落ち着いてらっしゃるように見受けられました。徳田アナも生放送の合間を縫って笑顔でお客さんの応対をされてました。


この日の朝放送された徳田アナの担当ラジオ番組「恋する☆オンガク」の中で「メインパーソナリティと言ってもあくまで主役はゲスト(ゲスト出演者,視聴者)なのでいろんな事を教えていただいて一緒に考えていけたらいいなと思います。」と語っておられました。


今年の本社募金会場のメインの催しは山口県出身のフェイククリームアーティスト、渡辺おさむさんによる「フェイククリームを使ったデコレーション体験」。フェイククリームとは生クリームに似せた樹脂の事で、その他に樹脂などで作られた小物を使ってデコレーションをしていきます。これは渡辺さんの作品「Sweet elephant」デコレーションされた象です。この体験コーナー、大人気でした。


本社会場のイベント紹介を担当する入社4年目、中村衣里(なかむら えり)アナウンサー。この日は早朝のラジオニュースからの勤務ですがまだまだ元気いっぱい。若いっていいよなぁ(笑)。


県内各地の募金会場を取材して紹介するキャラバン担当は今年入社の新人、成田弘毅アナウンサー。確かに局のプロフィールにあるようにクリスティアーノ・ロナウドに似てます。「初めてなので相当緊張してます。」とおっしゃってましたが、いつも笑顔を絶やさず非常に感じが良かったです。今年は秋の下関海響マラソンを走られるそうで頑張って下さい!。


リハーサル後、本番開始待ちのメインパーソナリティお二人。緊張の中にもリラックスした雰囲気。


さて、明けて31日(日)。この日は番組のクライマックスを見に遅い時間に行ってみました。

「サライ」が流れ、ちょうどチャリティマラソンがゴールする頃、全国ネットの画面右下のワイプに全国の系列局が各局8秒間映し出されます。全国各地で24時間頑張ってきた各局唯一の見せ場です。

今年の山口放送は全国28局中の20番目。なかなかいい順番です。この8秒間のために8時頃から何度もリハーサルをします。テレビって大変なんだよね。その後休憩→再度リハーサル→準備万端にして待機→本番!となります。


まさに8秒間の本番中。全力で歌い、手を振ってアピール!。オンエア画面ではちょうどチャリティマラソンランナーのTOKIO城島リーダーがゴールした直後という絶好のタイミングでした。

番組終了後は会場を普段の状態に戻すため、すぐに撤収作業が始まります。


24時間募金活動を頑張った高校生ボランティアの皆さんは思い思いにアナウンサーの皆さんと記念撮影をしたり、チャリTシャツにサインをいれてもらったりしています。


この日は長門市で行われていた焼き鳥の祭典「全国焼きとリンピック」の会場からの生中継担当だった小野口奈々アナウンサー。山口の夕方の顔「熱血テレビ」のMCです。夕方まで焼き鳥の煙に燻されながら中継を頑張ってサライの時間ぎりぎりに本社に帰ってこられました。


中村衣里アナウンサー。え?、1日目に写真撮らせて貰ってるんだからいいじゃん。って?。いや、ほら2日目はTシャツの色が違うのでこれはこれでまた意義があるのですよ(^^;。


そしてメインパーソナリティのお二人。初の大役、お疲れ様でした。

放送終了後のこの時間は高校生ボランティアの皆さんの思い出作りの時間&会場撤収作業がてきぱき行われているので、ある程度で邪魔にならないようにおいとましてきました。

私の場合は本社募金会場に入る度に僅かながら募金をすることに決めています。今回も2日間出入りする度に(笑)しっかり募金してきました。これが誰かの役に立つんなら安いもんです。(実際わたしの募金金額なんて知れてますが(^^;)。

この番組に関わった皆様、本社募金会場に限らず県内各地で募金活動を行ったボランティアの皆様、お疲れ様でした。

これからもこの番組が続いていくことを願っています。けど内容はもう少し考えて欲しいなぁ。特に日テレの企画部分はもうちょっとどうにかして欲しいです、個人的には。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索