全国スイーツマラソン in 山口・周南に行って来た


「10Kmマラソン第1部」(朝8時台)のスタート風景。ちょっとスイーツ食べるには早い時間かな。

「スイーツマラソン」っていうのはマラソンしながら「給スイーツ所」でスイーツが食べられるという一風変わったマラソン大会です。

「走った人には美味しいご褒美を!」ってノリですね。全国で大人気の大会なんだそうです。

今回の大会は「KRY山口放送60周年記念」ということで招致され、初めての山口県での開催となりました。

で、普通こんなの「女性だけの大会」と思うじゃないですか。出場者は全部女性だと。

だから当然私には関係の無いイベントだと思って気にも留めてなかった訳です。


大会前日に女性の友人から連絡があり、「スイーツマラソンに出るので走っているところの写真を撮って欲しい」と依頼がありました。

おそらく会場は大半が女性で埋め尽くされてると思います。そんな場所でオフィシャルのカメラマンでも無い正体不明な男が望遠レンズ付けたカメラ持ってたら…と考えて躊躇したのですが、「万一怪しい人と疑われたらちゃんと証言する(^^;」という条件で引き受けました。

私は一応元本職ですから友人でもちゃんとした依頼であれば仕事のつもりで本気で撮影をします。普段のブログ用に撮ってるイベントなんかの写真は、まず私がイベントを楽しむ事が第一条件ですので結構ラフに撮ってるんですけどね。なので今回の記事は競技中の写真はありません(友人を撮ったものしか無いし、変な写真は一切撮ってないから)。

KRY山口放送のイベントなので誰か司会としてアナウンサーさんが来るだろうとは思っていましたが、予想外の方にもお会いできたのでそのあたりの「余録」で記事を書いてみました。

…とこのような事を書くと毎度「どうせ女の写真撮りまくってたんだろ、今度見つけたら通報しますよ」みたいなアタマの悪いメールやコメントが必ず何通か来ます。申し上げておきますが、最悪法的にも対処できるようにログその他の取れる記録は全て保存しておりますし、何も後ろめたい行為はしておりませんので。


実際行ってみると、男性の参加者もものすごく多くてびっくりしました。大勢の人でとても盛り上がっていました。

「給スイーツ所」を見てると、スイーツを前にした女性というのは誰も皆「これがこの人の最高の笑顔なんじゃなかろうか」という感じの実に素晴らしい表情をされてます。

競技としてはちゃんとタイム計測も有り、「ひたすらストイックにスイーツを口にせず入賞目指してタイムを競う」楽しみ方も出来ますし、「走ってはご褒美、走ってはご褒美で完走よりスイーツ全制覇」という楽しみ方も出来る良く出来た大会だと思いました。コスプレも大歓迎だしね。



「10kmマラソン第1部」のスターターは小悪魔のコスプレをした中村衣里アナウンサー。この写真、撮影位置が悪くて申し訳ないけどすごく可愛かったですよ。


中村アナはトレーニングウェア姿で実際に走ってもリポート(全部の距離では無いけど)。今回は終始撮影クルーと一緒に参加チームの取材をされてましてとても忙しそうでしたので、通りすがりに会釈でご挨拶したのみでした。


「10kmマラソン第2部」。10時台のスタートなので第一部より相当多くの人が走りました。




総合司会は入社1年目・長井紀幸アナウンサー。私の顔を覚えて頂いていたようで、手の空いてる時間にお話が出来ました。「実年齢より老けて見られるのでよく中途入社と間違えられる」というのが鉄板ネタの長井アナですが、この人笑顔がすごく人なつっこくて魅力的です。


「リレー・シャッフルマラソン」のスターターは長井アナと同じ入社1年目・高松綾香アナウンサー。このために会場入りしたけど、午後はニュース勤務なのでちょっとゆっくりしたらすぐ本社に戻らなければいけないそうで、どなたも皆さんお忙しいです。


高松綾香アナを撮らせていただきました。後ろで同期入社の長井アナが一生懸命司会してるこの構図がちょっと面白いかなと思いまして(^^;。

会場全体の雰囲気写真も載せようかと思ったのですが、映ってるのは一般の方々ですので控えておきます。

でも当初の予想と違って、男性・女性ともにとても参加者が多く、楽しい大会で非常に盛り上がってましたよ。


この間の秋まつりの記事での中村衣里アナファンの方々への埋め合わせということで。まさに小悪魔!。中村さんこういうのものすごく似合うと思います。

ちゃんと写真撮らせてもらいたかったなぁというのがちょっと心残りでした。

この日の模様は11月21日(土)にKRYテレビで放送されるそうですので、興味のある方はぜひご覧になって下さい。

KRY秋まつり2015に行って来た(2日目)【KRY秋祭り】

前の記事の続きです。

さて、明けて10月11日、KRY山口放送「KRY秋まつり」2日目に行って来ました。

2日目オープニング。皆さん他の仕事があるとはいえ、ちょっと寂しい人数かな。


本日の前説、オープニング司会進行は入社1年目コンビ、長井紀幸アナと高松綾香アナ。



2人とも昨日よりは少し余裕がある感じです。


中村衣里アナウンサー。


本日お誕生日!!徳田琴美アナウンサー。会場からおめでとうの声が。

それを受けて「27歳なんですけどもうアラサーと言った方がいい歳になりました」と挨拶(^^;。


それを受けて原田かおりさん「まだアラフォーって言ってもいいですよね?」と挨拶(^^;。こらこら徳田アナ後ろで笑ってちゃいけません。こういうのは不公平無く順番が回ってくるんだから(笑)。


昨日のエンディングになぜか居なかった(怪しい…)高橋裕アナ。今日は”正装”のベストで登場。


軽妙なトークが持ち味。KRYラジオ土曜日「DO!ASA」「ラジKING GOLD」日曜日「元・motto・みゅーじっく♪」他担当の渡辺三千彦アナウンサー。


そして、今日は予定にはなかったにも関わらずお餅・餅菓子メーカー「たけした」さんのご好意で急遽餅まきでスタート。お客さん大喜び。




中村衣里アナは小柄な身体にも関わらず結構強肩だったりします。



会場全体はこんな感じ。協賛各社のテントが並びます。


今日の催しのひとつ、「KRYお話アカデミー山口大会」うーん、趣旨はわからなくはないけど「お祭り」という場の出し物として幅広い年齢層が楽しめるものかというと…。と個人的には思います。別に発表会設けてやったほうがいいんじゃないかなぁ。

その他はお子様には大人気の「それいけ!アンパンマンショー」。まあこれは子供たちは大喜びだから私がどうのこうの言う筋合いじゃないですもんね。


という訳で足は自然に「アナウンサー,パーソナリティ サイン会」会場に。


高橋裕アナ。カレンダーにサインをお願いしたんだけど、何もわざわざ自分の顔に掛かるように書かなくても(笑)。


2日連続こんにちはの原田かおりさん。昨日とちょっと違うバージョンで書いてくれました。本業は漁業関係なんだそうです(嘘)。釣りが趣味だってだけでリスナーにはおなじみのネタですね。


KRY山口放送にはラジオもあるので、秋まつりのPRは随時ラジオでも行われます。その生放送風景。インタビューされてるのはバイオリニスト末延麻裕子さん。


萩市の離島、スイカの名産地、相島(あいしま)出身の長井紀幸アナ。このカレンダーのスイカ持ってる写真がすごく良くて気に入りました。

去年の秋まつり以来1年ぶりにお会いしたのに「こんにちは」って挨拶したら「あっ、いつもお世話になってます!」だって(^^;。私、市井の1リスナーですって(笑)





日本テレビの「歌唱王決定戦」の山口予選の前の準備時間を埋めるためにトークをしていた1年目コンビですが、トークのネタが切れてしまい困ってるところに救世主・先輩の徳田アナが登場。てっきり助けてくれると思いきや…。

「二人は何か歌えないの?」っていう無茶振り(笑)

急遽高松アナが「熱血テレビ」で視聴者をのけぞらした(^^;「天城越え」を生で披露するハメに(笑)。



高松アナ熱唱!。客席困惑(^^;。


笑ってるのか、温かい目で見てるのか、見守る徳田アナ。先輩ですから。逆らえませんから(笑)。


歌い終わってなんだかんだ満足げな高松アナ。長井アナに「徳田さんも何か歌ってくださいよ」と振られスタッフの方をチラッと見て「あ、私が歌う時間は無いそうです」と徳田アナ。巧いなぁ。(笑)



「歌唱王決定戦」は「熱血テレビ」とコラボしているので司会は当然「熱血テレビ」のこの二人。


昨日に続いて研修で参加していた来年度アナウンサー入社予定者の八木さんは急遽「拍手誘導係」を命じられます。


ゲスト審査員にはバイオリニストの末延麻裕子さんと田布施町出身のタレント松村邦洋さん。

ちなみにここは撮影禁止ではありませんでした。


ここで決まったチャンピオンは後日日テレでの決勝大会に進むそうです。



この時間になって徳田琴美アナが会場に出てこられていたので写真を撮らせていただきました。

前日の10日(土曜日)は生放送とスターピアくだまつでの秋フェスの司会を担当されていたので空き時間が無く、サイン会にも会場に出ることも出来なかったそうで、10日にこられた「恋する☆オンガク」リスナーやファンの方と全くお話が出来なかったのを非常に気にされていました。


徳田アナは美人タイプですよね。何といっても「恋のから騒ぎ」出身者ですからね。



この後はKRY山口放送制作のラジオ番組、「松村邦洋のOH-!邦自慢」の公開収録(2本録り)です。アシスタントは中村衣里アナ。今年は中村アナも大忙しでまともにお話できてませんしサインももらえていませんでした。この収録が終わればサイン会場に行くと情報をつかんでましたのでそのチャンスを待つことにします。

公開収録は撮影禁止でしたが、無料で山田菜々さんを見れました。結構得した気分になりました。

「松村邦洋のOH-!邦自慢」は山口放送をキーステーションに全国9局ネットで流れてますので聴ける地域の方はどうぞよろしくお願いしますね。



サイン会場に徳田アナ登場。いまや夕方ニュースワイドのキャスター、KRYの報道の顔です。

徳田アナや高松アナは週5日ベルトの番組を持ったので中継に出たりイベント司会をすることがなくなってしまったので、お会いできるのは基本的に1年に一回、この秋まつりのみです(徳田アナは担当すれば24時間テレビもありますが)。下関大丸中継担当時代のお話をしたら懐かしがっておられました。


会場内では高橋裕アナを発見!「たけした」さんのお餅を手にポーズを取ってもらいました。昨日なぜエンディングに居なかったのかはあえて聞きませんでした(^^;。


そしてようやくサイン会場に中村衣里アナ登場。ラジオに中継に取材にとまさに遊撃手並みの活躍で忙しい中村アナ。いつも元気ですがお身体には気をつけていただきたいものです。

少しですがお話が出来ました。

来年度アナウンサー入社予定の八木さん。今日は物販ブースでカレンダーのPR。頑張って卒業して山口放送に入ってくださいね。お待ちしてます。

(その1)で書いたようにまだ学生さんですのでくれぐれも写真の無断転載などはご遠慮ください。私の自己責任で掲載しておりますので何か問題があれば即削除いたします。



エンディングの前の大抽選会。二人とも慣れない中一生懸命抽選発表をしていました。


そしていよいよ2日目もエンディングです。まず國本泰功アナがご挨拶。


原田かおりさん。


長井紀幸アナ。


高松綾香アナ。


「私たち同期で仲良いんですよ」と60周年キャッチコピーの「ギュッとやまぐちKRY」のハートポーズを披露。背が高い長井さんつらそうです。

ちなみに10年前、山口放送の50周年の時のキャッチコピーは「もっとやまぐちKRY」だったのは内緒だ。「ギュ」と「も」しか違わないという(笑)。

70周年は「グッとやまぐちKRY」かも知れません(^^;。


なんとここでまたもやお餅の「たけした」さんのご好意でエンディングでも餅まきをやることに。KRY秋まつり史上初の餅まき4回!。

諸注意をするのはこの2人。


中村アナが注意事項を言い、「わかりましたか?○○さん」と徳田アナに振ると…


徳田アナがモノマネで返すという寸劇形式(多少ヘン顔でも載せちゃう(^^;)





一人目は忘れたけど、二人目はローラのモノマネ。

徳田アナのモノマネはとにかく似てないことで定評があり、入社試験で披露したというオードリー春日のモノマネは言われないとわからないというレベルでした(後に入社1年目の秋祭りでも披露された)。


結局自分たちで恥ずかしくなって照れ笑い(笑)。

さあ、餅まき開始。


中村アナは結局一気に4回餅まきを体験できました。



徳田アナ渾身の一投。



楽しかった2日間も終わりエンディングです。


そして今日もやってくれました。「KRYオールスターズ」この時間まで大勢の人が残ってシャッターの嵐。KRYが地元に根付いてることの表れだと思います。

また来年もぜひ来たいと思います。


高橋アナが「どうせこの写真、下の方を消すとかモザイクかけるとかされるんだろうなぁ」と一言。いいえ、そんなことしませんよ。ただ、アップにはします(笑)。


以上を持ちましてお開きです。また来年!。長い記事を読んでいただいた皆様ありがとうございました。

これからもKRY山口放送を応援していきたいと思います。




最後の締めは今年入社の同期お二人で。これからのKRYを担っていく大切な人たちです。これからの頑張りに期待したいと思います。


【オマケ】


「見ろ!あの星こそがKRY山口放送の輝ける未来だ!」熱血アナウンス課長が謎のアオリアングルで一言(^^;。

KRY秋まつり2015に行って来た(1日目)【KRY秋祭り】

このブログを読んでくださってて「また今年もコイツは行ってるだろう」と思ってた皆様方、お待たせ致しました。

当ブログでは毎年おなじみ、今年も10月10日・11日の両日、山口放送の「KRY秋まつり2015」が下松市の「ザ・モール周南」で開催されたので行って来ました。

今年は開局60周年記念という事なのですが、お祭り自体はいつものユル~い、手作り感満載なイベントです。

思いっきりの派手さはありませんが、元々このお祭りはテレビ・ラジオの視聴者・リスナーと放送局が年一回ふれあいの場を持ちましょうと「KRYラジオまつり」として始まったイベントなので、その伝統を今も引き継いで「局の手作り文化祭」という色合いの濃いお祭りであります。

なのでアナウンサーやパーソナリティーがサイン会をしたり普通に会場を歩いていて声を掛けてきたお客さんと談笑したりしていて、こういうのはローカル局といえども全国的にも珍しいと思います。一時世相を反映して警備が厳しくなった時期もあったのですが、お客さん自体のマナーが良いので最近はまた元に戻ってくれて、こういうのは無くなって欲しくないなと思っています。

いつもの年と違うのは会場に隣接する「スターピアくだまつ」で「ギュッ!と秋フェス2015」という有料ライブが同時開催され、いろんなアイドルやアーティストを呼んで2日間のステージが催されました。「司会:山田菜々(元NMB48)・山本彩&NMB48 チームNのフルメンバー・橋本環奈&Rev.from DVL」の3者が同日に同じステージに立つというのは都会でもそうそう無いイベントではないでしょうか。さすが開局60周年です。(私は今のアイドルは守備範囲外なのでチケット取りませんでしたが)

山口県には3局の民放がありまして、毎年この10月の同じ時期にそれぞれのお祭りをぶつけてこられるので、客としてはどれも行ってみたいのに叶わないというジレンマがあり、日にちずらしてくれよとか思います。今回はTYSテレビ山口は前週の3日に開催されたのでバッティングしなかったのですが(私は会社が休みで無かったので行ってない)、今回はKRY山口放送とYAB山口朝日放送がバッティングしました。

YABは多分有力なイベンターに依頼してお金を掛けてやってるんでしょう、ものすごく派手だし、来るゲストやグルメ出店などどれも豪華で「お祭り」としては立派なものです。山口という有名人もほとんど来ない田舎であれだけの有名ゲストを呼んでイベントを行えるのは放送局か自治体くらいですから素晴らしいと思います。実際集客も凄かったようです。

でも私はKRY山口放送さんのアットホームな感じが好きなんですよ。決して派手では無いけれど局の人総出でもてなしてくれる感じがとても楽しくて。なので毎年KRY秋まつりだけは最優先でお休み取って参加しています。(今は異動でお休みが土日とは限らない部署になりましたので、今回は事前に休みを申請していたものの休めるかわからず、前日帰り際に休みが決まってホッとしました)。

今年の目玉ゲストは「ZIP!」でおなじみ日本テレビの小熊美香アナウンサーと地元山口出身の松村邦洋さん。KRYも頑張ってます。



1日目のオープニング。本日の出演者勢揃いです。


オープニングの司会は入社1年目の長井紀幸アナウンサーともはやベテランの河野康子アナウンサー。もう前説の段階から初めての司会&隣は先輩アナということで進行表は落とすわ噛みまくるわで長井アナ緊張しまくりでした。


自己紹介。まずはKRYの朝ワイド「さわやかモーニング」MCのアナウンス部長・國本泰功アナウンサー。手にしてる看板は?


今年この秋まつりでの限定販売(1,000部)で山口放送としては初めて作られたアナウンサーカレンダー。公式及びプライベート写真満載で1部700円というわりと良心的な価格。販売ブース見てたら結構売れたみたいです。秋まつりに行けなかった人でどうしても欲しい人は山口放送に問い合わせてみれば残部があるかも?(確証は無い)。


舞台の端で緊張ガチガチの長井アナ。


KRYのお天気と言えばこの人!「お天気しょうちゃん」こと山本昇治気象予報士。この人のやってるツイッターは本当に便利!。語り口もわかりやすく、私もこの人の天気予報は本当に頼りにしています。


山口の夕方の顔、「熱血テレビ」MCやKRYラジオ土曜日の「ご昭和ください」担当の高橋裕(ゆたか)アナ。今日はシャツ姿です。


8月からKRYの看板夕方ワイド「熱血テレビ」6代目MCに大抜擢!。入社1年目の新人、高松綾香アナウンサー。緊張してます。


今年春から始まったKRYの新しい夕方ニュースワイド「KRYニュースライブ」のキャスター、高橋良(まこと)アナウンサー。


土曜16時からのKRYラジオ「ラジKING GOLD」他担当の中村衣里(えり)アナウンサー。


KRYラジオお昼のワイド「お昼はZENKAI ラヂオな時間」月・火曜日他「熱血テレビ」リポーター等で活躍中の原田かおりさん。


KRYラジオ朝のワイド「おはようKRY」月・火曜日や土曜日の「Happy☆Paradise」他担当の青木京子さん。


KRYテレビ朝のワイド「さわやかモーニング」MCの鎌田友里さん。


KRYラジオ「お昼はZENKAI ラヂオな時間」月・火曜日や土曜日の「ご昭和ください」担当の「かぐせんさん」こと山根由紀夫さん。


KRY夕方ニュースワイド「KRYニュースライブ」キャスターやKRYラジオ土曜日の「恋する☆オンガク」担当の徳田琴美アナウンサー。


KRYラジオ朝のワイド「おはようKRY」他スポーツ中継で活躍中の麺類大好き、竹重雅則アナウンサー。


今や1児の母、すっかりベテランの雰囲気の河野康子アナウンサー。



高橋良アナウンサーによる諸注意。何が始まるかというと…。

そう、山口県のお祭りには欠かせない「餅まき」です。「秘密のケンミンショー」でも紹介されたように山口県民はこれに人生掛けてます。餅まきの無いイベントなどブーイングが出るほどです。

KRY秋まつりでは毎年オープニングでこの「餅まき」が行われるのですが、ここで中村衣里アナウンサーが入社5年目、毎年秋まつりに参加していながらオープニングで他の仕事が有り今まで1回も「餅まき」をしたことが無いという事実が発覚。その件についてインタビューが始まるも…。


身長145cmの中村アナに子供にインタビューするようにしゃがんでマイクを向ける高橋良アナ(笑)。


今回、やっと「餅まき」に参加出来る!と嬉しさを語る中村アナ。

さあ、餅まきの開始です!。






写真撮りながらでも5つくらいお餅をゲットさせていただきました。まあ山口では縁起物ですので。


というわけで1日目がスタートです。


さて、毎年この秋まつりでは翌年春入社予定のアナウンサーが紹介されます。紹介される方はあくまでまだ内定者ですし、身分は学生さんですから今までは「秋まつりに来た人だけの特権」と考え、紹介しないかもしくは顔を伏せて紹介していたのですが、結構去年はブーイングを頂きまして…。それと実は昨日夜からどこで聞きつけたのか「KRY 2016年 新人アナウンサー」という検索ワードで訪れる方がすごく多くて、それだけKRYの新人アナウンサーが注目されてるんなら局HPでは紹介は出来ないだろうから、今年は私個人の自己責任でお写真を載せてみようと思います。そういう訳ですのでどうぞ他サイトへの転載などは絶対にご遠慮下さい。問題があった場合は即刻削除致します。そして入社された暁には皆様是非心からの応援をよろしくお願い致します。


現在東海大学在学中の学生さんで下関市出身の「八木美佐子」さんです。何とミス東海大学!。


会場の皆さんに自己紹介をされました。緊張が手に取るように伝わってきます。なかなかかわいいタイプの女性です。


ちゃっかり入社前にサインをいただきました。後々貴重品になります。




この後は日本テレビの小熊美香アナウンサーを招いて生放送特番です。司会は高橋裕アナと徳田琴美アナ。

残念ながら小熊アナは当然撮影禁止なので1枚も写真は撮ってません。私はしっかり生放送を堪能して生の「クラベロ~」のセリフを聞いて大満足でした。テレビで特番を見た方はおわかりでしょうけど小熊アナすごく綺麗かつかわいい方でしたよ。

そして、小熊アナにも「餅まき」を体験してもらおうと言う事で特番のオープニングでも「餅まき」が。運良く小熊アナの投げたお餅をゲットできました!。こんなの日テレのイベントじゃ絶対あり得ないぞ、多分。

日テレのアナウンサーさんが撮影禁止なのは日テレの方針などもありますから仕方ないですね。今の時代撮られた写真がどこでどう使われるかわからないしね。過去、枡太一アナの時は枡さんの判断で撮影可能タイムが設けられた事がありましたが、枡さんクラスの自己判断で出来た事ですから例外だと思います。

私は毎年秋まつりでは「ゲストが出る」時点でそのプログラムは撮影禁止だと思っていますので、その場合はカメラをしまってプログラムそのものを観覧して楽しんでいます。

ちなみに局のスタッフの方に聞いてみましたところ、「うちのアナウンサーやパーソナリティだけのプログラムはどんどん撮影して頂いてかまいませんが、日テレのアナさんやゲストの芸能人の方が出演される場合は絶対に撮影しないで下さい」との事でした。

最近は冒頭で注意しても途中から来た人が気にせずスマホで撮ったりするので「撮影・録音出来ません」との大きな看板が出るようになりました。そのくらいしないとなかなか徹底するのは難しいですよね。殆どの人はきちんとマナー守ってますけどね。


生放送が終わったらKRY山口放送ならではの「アナウンサー・パーソナリティ サイン会」へ。

KRYはテレビもラジオもあるので他局よりアナウンサー・パーソナリティの方々がより身近に感じられるんですよね。ですので毎年長い行列が出来ます。しかし、普段テレビやラジオで見聴きしてる方々に至近距離でサインを貰いつつほんの少し会話を交わすことも出来るというのは山口放送ファンにはたまらないプログラムでこれだけはずっとこれからも続けて欲しいなと思います。

今年はせっかくなので件のアナウンサーカレンダーにサインを貰うことにしました(社外パーソナリティーの方々は載っていません)。


アナウンス部の鉄ちゃん(鉄道マニア)高橋良アナウンサー。ニュースだけじゃなく「ラジオもぜひ」とお話ししたところ、「ラジオやりたいんですけどね~」とおっしゃってました。


入社1年目で看板番組「熱血テレビ」のMCに抜擢された高松綾香アナウンサー。「毎日いっぱいいっぱいで緊張してます」。


原田かおりさん。時々「お昼はZENKAI ラヂオな時間」のスタジオに遊びに行くので顔を覚えられてしまってます。いつも誰にでもフレンドリーに話かけてくださいます。


オープニングには居なかった入社2年目、成田弘毅アナウンサー。「お昼はZENKAI ラジオな時間」水曜日を担当しつついろんな現場に取材に行かれてます。今回は生放送特番で山田菜々、山本彩、橋本環奈にインタビューというドルヲタに恨みを買いそうな羨ましい役回り。心なしかいつもより笑顔が5割増しくらいな気がします(^^;。


國本泰功アナウンサー。今回はアナウンス部長の立場からか、何度も何度もアナウンサーカレンダーのPRにいそしんでおられました。


私と同郷、宇部市出身の鎌田友里さん。元やまぐちローズクイーンという異色の経歴の持ち主。いつもハイテンションかつリアクションが昭和かつオーバーアクションな事で有名(笑)。話してると楽しいです。



続いては土曜日夕方のKRYラジオ「ラジKING GOLD」の生放送特番。司会は渡辺三千彦アナウンサーと「校長」こと中村衣里アナウンサー。この番組は「すまいる予備校」という大喜利的なコーナーと中古車をネッツトヨタの営業マンと駆け引きしながら値切っていくというコーナーが目玉です。


今回のゲストは防府市出身の落語家、鈴々舎馬るこさん。


大喜利にチャレンジするのは原田かおりさん、高松綾香アナ、山本昇治気象予報士の3人。




会場で高松綾香アナを見つけたので一枚お写真をいただきました。しっかり覚えてて頂けたようで嬉しかったです。




高橋良アナが今朝慎重に衣装を選んで普段滅多に履かない白のパンツを履き茶の靴、青のシャツ、黒のカーディガンと決めつつもイヤな予感がしてたら成田アナとモロに衣装が丸被りでがっかりという話を披露(笑)。高橋良アナってニュース読んでる普段の印象と違ってたまに出るラジオなんかだと話が面白いんですよね。



プログラムも滞りなく進み、1日目エンディングです。

長井アナは5時台の定時ニュースの為にKRY本社へ。徳田アナは秋フェスの司会でスターピアくだまつへ。あとなぜか高橋裕アナが居ません。アヤシイです。


高橋良アナウンサー。


成田弘毅アナウンサー。


國本泰功アナウンサー。


中村衣里アナウンサー。


今回公開番組で大活躍の河野康子アナウンサー。


山本気象予報士。


高松綾香アナウンサー。


鎌田友里さん。


青木京子さん。


原田かおりさん。


山根由紀夫さん。


竹重雅則アナウンサー。


エンディングの隅っこでさりげなくポーズを取る「衣装被りブラザーズ」。



さあ、そしてやっぱり締めくくりにはこれをやってもらわないと!。私が勝手に「KRYオールスターズ」と呼んでいる恒例の集合写真撮影タイム。う~ん、だけど私の位置が悪く着物でしゃがめない鈴々舎馬るこさんの影になって中村衣里アナが見えない~。馬るこたのむよ~。まあ落語面白かったから許すけど(笑)。


最後は女性陣のアップで。中村アナのファンの方すみません。2日目の記事でなんとか埋め合わせをと思ってます。

と言う訳で1日目を終わります。来たくても来れなかった人の為になるべく写真を多く載せましたがその分記事が長くなってすみません。最後まで読んでいただきありがとうございました。2日目の記事もなるべく早く書きますのでよろしかったらまた読んでやってくださいませ。

【1bit】シャープの1ビットデジタルサウンドをヘッドホンでも楽しもう!

えっと、タイトルはこんな風になってますが、実際には「看板に偽りあり」で(笑)一般的なBTLアンプにヘッドホンを繋ぐ方法です。

よく市販のアンプ(特にサンスイのアンプ等)でも用いられてるトランスを使った方法です。

参考にさせていただいた(というかそのまま同じ仕様で作りました)サイトさんはこちらです。

「電子機器を作る」http://homepage2.nifty.com/naisudac/BTL-HEAD/BTL-HED.htm

せっかく作った単体1ビットアンプ。その音を深夜ヘッドホンでも楽しみたいと思うのは人情です。

最初はシャープが出していた1ビットヘッドホン機器であるMDプレーヤーを改造して…と思っていたのですが、すべてが内蔵されたオールインワンチップ、しかもチップの仕様は全く判らずということであえなく敗退。自作レベルでどうにかなるものではありませんでした。

シャープの1ビットミニコンポのヘッドホン端子はヘボい別回路になっており、本来の1ビットサウンドをヘッドホンで味わうことは出来ません。

今回、1ビットアンプを単体化したのをきっかけにスピーカー端子にヘッドホンを繋ぐアダプタを作ろうと思いました。

一般的なBTL方式のアンプには使えますので、普通にシャープの1ビットミニコンポのスピーカー端子に繋いでもOKです。

回路図などは前述のサイト様の記事をご覧下さい。

今回は参考サイト様と全く同じ、600Ω-8Ωの東栄変成器のオーディオトランスを使用しました(東栄変成器さんは代引きによる地方発送もやってくれますので電話でお問い合わせ下さい)。サンスイトランス(橋本電気)のST-45やST-48あたりは入手性も良いのでこちらもお勧めです。今回はちょっとでもコアサイズが大きい方が良いかなと思って東栄トランスを使いました。

あとは私が使用するヘッドホンはステレオ標準プラグのものが多いので、ステレオ標準ジャック仕様にしました。

構造はむちゃくちゃ単純なので組み立てに難しい所は無いと思います。

フロントはステレオ標準ジャック仕様。

リヤは陸軍ターミナル。ここにアンプからの出力を繋ぎます。

使用してみましたら申し分の無いクリアな1ビットサウンドがヘッドホンから聞こえてきました。純正のヘッドホン端子とは雲泥の差です。1ビットアンプやその他のBTLアンプをヘッドホンでも聴きたい方にはお勧めの工作です。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索