「音痴」も極めればミリオンヒットも射程距離か?!

私も楽器は弾きますが、歌を歌うとなるとはっきり言って上手くはありません。しかしながら、世の中には一生懸命歌っているのに誰の耳にも音程が思いっきりズレてるのが判るほど「音痴」な人が少なからず居ます。

「音痴」というのもおおまかに2つに分けられて、一つは音程の聞き取り能力そのものが今ひとつという「耳音痴(感受性音痴)」。そして聞き取り自体はある程度正確に出来ているのに歌って再現する時に頭の中の音が正確に再現できない「歌唱音痴(運動性音痴)」があります。

で、誰もが飲み会の2次会などでカラオケで普通に歌う昨今では、音痴を自覚している人というのはひたすら歌うことを拒むか、もしくは気心知れた仲間内なら逆にそれも愛嬌、てな感じで盛り上がりながら楽しむか、といったどちらかだと思います。

ですが、過去には「誰が聴いても明らかに超音痴」なのに、あろうことか「レコードでオリジナル曲」を出し、なおかつ「かなりのヒット」を飛ばした方が少なからずいらっしゃいます。

昔のアイドル、「スター誕生!」なんかの「始めに歌ありき」なオーディション番組等で出てきた方なんかは上手い下手はあってもまだそれなりに聴ける歌唱力で俗に「カワイ子ちゃん歌手」ってな呼び方をされてました。(それでも当時は「あんなヘタクソを”歌手”としてテレビに出すのはどうか」という批判もあった)。

しかし逆のパターン、CMやグラビア・ドラマ等で人気が出てきたので、「よし、ここは一発レコードでも出してさらに勢いをつけるかぁ」みたいなスタンスで「歌わされるハメになった」方の中には今でも「伝説」と化して居る方が少なからずいます。当時のビジネスモデルでは人気者は当然のように「歌を歌ってレコードを出してさらに儲ける」というのはいわば「当たり前」でした。

そんな伝説と化している方の中でも「音痴四天王」と称されるのが「浅田美代子」「風吹ジュン」「大場久美子」「能瀬慶子」の4人です。異論はあろうかと思いますがまぁまぁ御納得頂けるんではないでしょうか。そしてこれら4人の方に共通するのが「ヒット曲を持っている」という驚愕の事実です。意外と「音痴」ってヒットを読み解くキーワードなのかも知れません。

今回はyoutubeにおんぶに抱っこな記事なので、クリック先が削除されていたらすみません。また、画面をクリックして「リクエストによる埋め込みが無効になっています。」と表示される場合はもう一度画面をクリックするとyoutubeに飛んで再生が始まります。

てな訳で、まずは浅田美代子さんから。

Author: dandan01kei Keywords:  赤い風船 浅田美代子 Added: April 4, 2009

1973年、大ヒットドラマ「時間ですよ(第3シリーズ)」の劇中歌ということもあって、オリコン週間チャート1位を記録しており、浅田さん自身も日本レコード大賞新人賞を獲得しています。非常にしっとりした筒美京平ナンバーでいい曲です。「なんだ、そんなに下手じゃないじゃん」と思われるでしょうが、これが生放送で歌うとこうなります。

Author: HY6162 Keywords:   Added: February 20, 2009

レコードというのはマルチトラックのテープを駆使して、何度も何度も歌った中から部分部分の良いところだけを取って1曲につなぎ合わせるのでどんな人でもそれなりのものが仕上がります。ですのでこれが生放送で歌うとなるといきなり実力が露呈してしまいます。(当時だと「8時だョ!全員集合」なんかは生放送で生オケの前で歌うので実力がモロでした。でも口パクを使わなかった所が今と違って誠実でしたね)。
「となりのミヨちゃん」可愛かったですね。当時から好感度の高い方でしたが今でも第一線でご活躍なのは嬉しい限りです。

続いて風吹ジュンさん。

Author: doramogera Keywords:  風吹ジュン 、愛がはじまる時、70年代アイドル Added: July 21, 2008


1973年、大滝詠一がCMソングを務めた「三ツ矢サイダー」のCMへ出るやいなや「あの娘は誰だ?」ってな感じで大ブレイク。一瞬外人さんか?と思うほどキュートな風貌は当時のアイドルには居ないタイプでした。初代のユニチカ・マスコットガールでもあり、1982年には「ソフトフォーカスの巨匠」デイヴィット・ハミルトンが撮った写真集を日本人として初めて出した人でもあります。・・・が、その分この歌唱力には当時誰もがのけぞりました。

Author: staman578 Keywords:  天地真理 風吹ジュン 草川祐馬 南沙織 西城秀樹 麻丘めぐみ 浅田美代子他 Added: January 17, 2009

風吹ジュンさん単独で生歌唱を探したのですがありませんでしたので、他の懐かしい顔ぶれの方と一緒の映像です。これは平成元年にTBSで放送された特番「全員集合スペシャル」の中の1コーナーの映像ですね。
この後、「寺内貫太郎一家」や「ばあちゃんの星」「花吹雪はしご一家」などの「久世光彦ドラマ」で浅田美代子さん同様鍛えられて行くわけですが、当時はまさかこんな大女優さんになるとは思わなかったなぁ。

余談ですけど、この映像の中の「三木聖子」さん版の「まちぶせ」に驚く人もいるかと思います。「まちぶせ」と言えば「石川ひとみ」さんの代表曲ですがオリジナルはこの人でした。わりとすぐに引退した方なので覚えて居られる方は少ないようですね。

続いて大場久美子さん。

Author: yokotatesankaku Keywords:  大場久美子 Kumiko Ohba エトセトラ 甘い感傷 Added: December 18, 2008

大場久美子と言えば、「ディスコ・ドリーム」や最大のヒット曲「スプリング・サンバ」じゃないか?って聞こえてきそうですが、あえて人気に火がつき出した頃の「エトセトラ」を選んでみました。もともとは児童タレントとして活躍していて、テレ朝の「あなたをスターに!」がきっかけでレコードデビューしたのですが、1978年、このシングル発売当時TBSのドラマ「コメットさん」で大ブレイク。「コメットさん」は先代の九重祐美子のイメージが根強いにもかかわらずそのコケティッシュな魅力でそれをものともせず自身の役柄にしてしまった大場久美子の最大の代表作です。

Author: QCHANQQQ Keywords:  アイドル お 大場久美子 エトセトラ (黄色の超ミニスカ・パンティーもろ見え) Added: March 30, 2009

この曲、結構音階が上がったり下がったりするのでわりと歌いにくい曲ではあるんですが、作曲の萩田光雄氏は大場久美子の実力が判っていてあえて結構誰でも歌いにくいような曲を提供したんじゃないかと個人的に勝手に推測しています。大場久美子さんは結構波乱の人生で、自身の「パニック障害」(これ、身近に煩ってる人がいるんですが、ホントにつらい病気です。傍目からだと健常者にしか見えないので「サボリ病」に思われたりとか、周囲の理解も得られなかったりしてね)を告白されましたが、早く完治してまた元気に頑張って欲しいものです。

最後に能瀬慶子さん。

Author: doramogera Keywords:  能瀬慶子・・・アテンションプリーズ Added: April 24, 2008

1979年、第3回のホリプロ・タレントスカウトキャラバン優勝で芸能界入り。この曲をテレビで披露するやいなや結構話題になりました。TBS伝統の「赤いシリーズ」の「赤い嵐」での記憶喪失の少女「小池しのぶ」役の代表的なセリフ「ここはどこ?、私は誰?」はいまだにあちこちでネタにされますし、恋人役の柴田恭平の「しのぶちゃん!」という呼びかけも柴田さんのモノマネの定番ですね。ちなみにこの曲の作曲者はあの浜田省吾さんです。

Author: inducetrue3 Keywords:  アテンション・プリーズ 能瀬慶子 Added: March 28, 2009

日本テレビ「金曜10時!うわさのチャンネル」の映像です。「破壊的歌唱力」と揶揄された能瀬さんですが、それでも4枚のシングル、1枚のアルバムを出して、わりとまだ人気があるうちに引退されました。東京・文京区の湯島天神の太鼓保存会か何かにいて、太鼓叩いていたのは有名な話ですね。私も文京区大塚近辺で仕事してたときに実家近くでご本人をお見かけしたことがあります。

まぁでもおおらかな時代というか、今聴くとどれも何ともほのぼのしてて良いですね。

と、まぁあれこれ書いてきましたが、今まで書き連ねたことを正しい日本語に直すと「音痴だろーが可愛ければ何でもOK」ってことでよろしいでしょうか?。・・ってそれを言っちゃあ身も蓋もないんだけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索