2010年山口放送の24時間テレビ本社募金会場に行ってきた(その1)

 本題と全然関係無いんだけど、今日ツイッターでお互いフォローしてる知り合いが「目が悪いのでお風呂でシャンプーとリンスの区別が付かなくて困っている」とつぶやいたらフォロワーさんから回答が寄せられていたく感激していた。【シャンプーの容器の側面とポンプの上にはリンスとの区別の為にギザギザが付けてある】事って意外と知られてないんだね。これ1991年に花王が始めたんだけど、その後優れたアイデアだと言う事で一部のメーカーを除いて現在業界の標準になっています。いわゆる「ユニバーサルデザイン」の成功例として良く紹介される話なんですが、知らなかった人、覚えていて損はないですよ・・・って大して得もしないか(笑)

・・・閑話休題。


 さて、もうすっかり夏の終わりのテレビ的風物詩として定着した24時間テレビですが、今年で33回目になります。元々は1978年に日本テレビの開局25周年記念番組として1回だけやるはずだったんだけど、やってみたら大反響。メインパーソナリティの萩本欽一さんと大竹しのぶさんが都内をパレードした後、代々木公園での番組エンディングで挨拶に立った当時の日本テレビ・小林與三次社長が集まった人の多さと熱気のものすごさに思わず「またやります」と宣言して今日に至ります。

 私自身、80年代にメイン会場の武道館でボランティアと中継アルバイトを何回かやりました。当時はすっかりバラエティーショーになってしまった今よりずっと硬派な番組で、真剣に福祉を考える・福祉の現状を伝える企画が多く、それなりに意義のある番組だったのですがやはり結果として視聴率低下→募金額減少となってしまい、1992年から番組内容が大幅にリニューアルされて現在の形に落ち着きました。

 個人的にキー局の日本テレビ枠でやってる「障害者チャレンジお涙感動バラエティー」みたいな内容は正直あまり好きでは無い。ただ前にも書いたように形はどうあれ年に一度福祉や募金に目を向けさせるという意味で番組の存在価値はあると思う。ローカル系列局も不景気の折この番組につきあうのも大変なんだろうけど、うちの地元の山口放送なんかは規模も小さく地味ながらローカル枠の内容はわりと番組初期の雰囲気を残していると思う。

 まぁ、夏の終わりにみんなで楽しみながら募金をして福祉についてちょっとだけでも考えるというこの番組の持つ側面も決して悪いことでは無いと思う。要はきっかけってのも大事だから。

 実際、なんだかんだ言いながら私も最近はボランティア活動をしてないのであまり偉そうな事は言えない。今年の夏久しぶりに山陽小野田厚狭地区の豪雨災害の復旧ボランティアにうちの会社も参加したので「会社の一員として」ボランティア活動をやったくらい。・・まぁ何もやらないよりはいいかなぁ。


 そんな訳で今年もとりあえず楽しみながら募金をしようと言う事で8月28・29日と周南市のKRY山口放送本社募金会場に行って来ました。

 え?「お前、なんだかんだ言いながら山口放送の24時間テレビパーソナリティが大ファンの脇田美代アナウンサーだからそれがお目当てなんだろ」って?。そりゃあそうに決まってるじゃないですか(笑)。たとえミーハーと言われようとも脇田アナが生で見れて募金にも協力出来て誰かの役に立ってそれで夏が終わるんならわたくし的にこんな意義のあることはありませんです、はい。さっきも言ったように何もしないのがいちばんいけないんだからさっ。

 まずは1日目、8月28日の夜です。もちろんちゃんと今日まで貯めた募金箱持って行きましたからねっ。

B_0293.jpg
今年の山口放送のメインパーソナリティは例年通り、中谷隆宏アナウンサーと脇田美代アナウンサーのコンビ。1年に1回普段はお堅くニュースをやってる中谷アナの別の顔が見れる機会でもあったりします。

B_0294.jpg
ローカル枠は1時間に1回程度、打ち合わせとリハーサル、本番が繰り返し行われます。その合間に募金に訪れた方に応対したり結構大変です。今年は去年と違ってパーソナリティやアナウンサー諸氏は交代で常に誰かは会場に居るような感じでした。やっぱ本社募金会場まで来て普段テレビで見かけてる人が誰も居ないと来た方としては寂しいもんね。

B_0295.jpg
・・・と言う訳で山口放送の看板アナ、脇田美代アナウンサーです。今日は赤色のTシャツです。中継でお忙しい中撮らせていただきました。いつもにこやかに応対していただきありがとうございます。毎度毎度同じ事言ってますけど、明るく優しいキャラクターなんで人気も老若男女問わず幅広く、常にどなたかが話しかけてる状態なので近寄るのも大変です。でもファンの方でまだ一度も脇田アナを生で見たことない方はぜひイベントに行ってみて下さい。私が大げさで言ってるんじゃ無いのが解って貰えると思います。実際私も生で脇田さん見れればもうそれで満足なのですがラッキーにもお話出来た日には一日中嬉しかったりします。いつもこの人からは元気を貰えるんだよね。

 前に一度書いたことがあったと思うんですが、脇田アナって「一家の末っ子の女の子」って感じなんですよね。ほら、末っ子の女の子ってその家のアイドル的存在だったりするじゃないですか、そんな感じ。近寄りがたい雰囲気じゃないし、人気があるのも納得と言ったところです。まぁ私からして、いい歳こいてこの人の前に行くとてんで緊張してダメですからね。自分でも笑っちゃうんだけどさ。微妙なファン心理ってヤツですね。

B_0296.jpg
 こちらは今年の新人さん、庄野数馬アナウンサー。なかなかのイケメン・・・っていうより男前って言った方がしっくり来る感じ。お話しさせていただきましたが、なかなか爽やかな印象でいい感じです。今定時ニュース等を担当してますけど、慣れてない割には結構聞き取りやすくこれからが楽しみな人であります。もうすでに会場でいろんな方に声かけられていました。いいのかな?って迷いつつも写真掲載許可していただきありがとうございます。宣伝に・・・なるといいけど。頑張って下さい。

 今回は中谷アナともお話することが出来ました。毎日の夕方ニュース担当なので、普段と違う一面が見れるのはこの24時間テレビとKRY秋祭りだけ。結構話すと楽しい人でした。ちなみにKRYラジオの時報の声の主でもあります。

B_0297.jpg
 にこやかに打ち合わせ中の出演者の方々。左は今回ゲストパーソナリティの山口県出身の俳優、川野太郎さん。川野さんは俳優さんなので写真撮影はNGだろうなと思っていたらなんとOKとの事。太っ腹!。今回は番組中ちょこっと出るなんて事じゃなく、ホントに長時間中継に出たり会場でお客さんへの応対をされてました。凄い。ちなみに当ブログ初、後ろ姿の脇田アナを載せてみました。ファンの皆様、どうでしょう。

B_0298.jpg
 一日目は夜にもかかわらずお隣の徳山動物園が夜間営業って事もあって、多くの人たちがイベント展示を見たり募金をしに訪れていました。ローカルもキー局に負けじ劣らず長丁場ですが頑張って下さいね。毎度この笑顔に癒される私でありました。

 2日目、29日の様子は(その2)に書きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索