【Voyage MPD】激安で高音質なPCオーディオ環境を構築する(その2)

【第2回】Voyage MPDの導入準備をする。

今回は「Voyage MPD」を導入する前準備として必要なモノを揃えます。なるべく安く導入すると言ってもやはり必要なモノはあります。

その前に「Voyage MPD」でどうやって音楽を聴くのかを説明します。

通常PCで音楽を聴くというと大半の方がこんな環境だと思います。


すみません。Illustratorで綺麗に書こうと思ったんですけど、面倒くさくなっちゃったんで手書きでテキトーに殴り書きしてます。ちょっと恥ずかしいんですが(^^;。

マサーボードが持ってるサウンド機能(オンボードサウンドと呼ばれる)つまりパソコンに付いてるヘッドホン・外部スピーカー端子にヘッドホンやアンプ付きのスピーカーを付けて再生ソフトで再生してる方がほとんどだと思います。これはこれでちゃんと聴けるのですが、パソコンの中というのはノイズ(雑音)の発生源の塊で結構音にノイズが乗って出力されますので高音質とはちょっと言えないと思います。

もしくは少し音に気を配ってる方ですとこんな感じではないでしょうか。


PCに内蔵型のちょっと高級なサウンドカードを付けて聴くというものです。サウンドカードも良いものになりますとかなりノイズ対策にも気を配ってあり、それなりに良い音で聴けます。でも全くノイズの影響を受けないとは言えません。

さらに拘られる方はこういうものを使われてると思います。


パソコンのUSB端子にUSB DAC(USB接続型のデジタル-アナログコンバーター)を付けてヘッドホンもしくはアンプ付きスピーカー等で聴くという方法です。USBから音声をデジタル信号として取り出し、それをUSB DACでアナログ信号に変換します。この方法ですとパソコン本体のノイズ発生源からの影響を受けなくなりますのでかなりな音質改善が見込まれます。

しかしながら、WindowsやMac OSなどのOSは見える部分、見えない部分で稼働中にかなりの処理を同時に行っており、それが音楽再生ソフトに少なからず影響を及ぼします。もちろん、「foobar2000」のような高音質に定評がある再生ソフトもありますが、どうしてもOSが同時に行っている処理より受ける影響から完全には逃れられません。


これに対して「Voyage MPD」ではこのような構成で音楽再生を行います。


普段使ってるWindowsやMacと「Voyage MPD」を導入したパソコンとをLANでつなぎ、WindowsやMacをクライアントPC、「Voyage MPD」導入パソコンをサーバーとします。WindowsやMacは「Voyage MPD」に対して音楽の再生指示のみを行い、再生に特化したOSである「Voyage MPD」を入れたパソコンがNASやUSB HDDに保存した音楽ファイルを再生します。そして「Voyage MPD」パソコンにUSB DACを経由してつないだアンプやスピーカーを通して音を出すというものです。これにより再生はWindowsやMac OSの影響を受けることなく、高音質再生に留意し音楽再生以外の処理をほとんど行わない「Voyage MPD」での再生となりますので高音質が期待できるという訳です。

余談&ちと恥ずかしいんですが、私んちの「Voyage MPD」の稼働環境はこんな感じです。


突っ込みどころはたくさんあるとは思うんですが(笑)、まぁあくまで一例と言うことで。


ここまでの話を含めて最低限用意しなきゃいけないものを以下に示します。

①クライアント用パソコン(普段使ってるPC。WindowsまたはMac)。導入した後はWiFiがあればスマホでもクライアント処理は出来ますが、「Voyage MPD」インストール時には必ずWindowsかMacが1台必要です。また音楽データのリッピング等もWindowsかMacで行います。

②ネットワーク環境(家庭内LAN)。最近はインターネット用にブロードバンド回線を引いていればまずルーターが設置されてると思いますので全くゼロからLANの敷設はしないで済むと思います。

③USB DAC(USB接続型デジタル-アナログコンバータ)。安いものだと3,000円台からピンキリでありますので、自分の好みに合ったものを用意すれば良いと思いますが一つ注意しなければならないことがあります。WindowsやMacで使用する時に「専用のドライバソフト」を入れなければならないUSB DACは「Voyage MPD」で認識できない(使用できない)可能性が高いです。WindowsやMac OSにつないだだけで認識するもの、つまりOS標準装備のドライバで動作するものでしたら多分大丈夫です。が、これも実際にはつないでみるまでわからないところがちょっと機種を選ぶ上で難しいところだと思います。(ちなみに私がやった限りではDACチップにテキサス・インストゥルメンツ社の「PCM2704」を使ったUSB DACはもれなく大丈夫でした。このチップは16bit/48KHzのビットレート・サンプリング周波数までしか対応してないので、最近流行の「ハイレゾ音源(24bit/192KHzなど)」を再生するには役者不足なんですが(再生できなくはない)、うちにはCD音源しかないのでこのチップのDACを使っています。このチップは比較的安価なUSB DACには結構定番として使われています)

あとはお好みのアンプやスピーカーを用意すれば必要なものは一通り揃います。


そうそう肝心の音楽ですが、これはHDD上にリッピングしてデータとして保存したものを使用します。クライアントPCのCDドライブから直接再生は出来ません。リッピング形式は通常使われているものは大体使用できると思いますが、せっかくの高音質ですからオススメはやはり音質劣化の少ない非圧縮および可逆圧縮の形式をオススメします。通常携帯プレーヤーで使用されるMP3形式は再生可能ですが音質的にオススメできません。非圧縮だとWindowsならWAV形式、MacならAIFF、可逆圧縮ならALAC(Appleロスレス)、WMA Lossles、FLACあたりがオススメです。これらの形式でリッピング出来るソフトであれば何のソフトを使ってリッピングしても問題ないと思います。iTunes使ってる人ならAppleロスレスでリッピングできますのでお手軽かも。(ちなみに私は「Exact Audio Copy」でFLAC形式でリッピングしています。)

それから音楽データの保存先はできればNAS(Network Attached Storage:要はネットワーク対応HDD)がオススメです。「Voyage MPD」を導入したパソコンにUSBの外付けHDDを付けてその中に入れても良いのですが、リッピング自体はWindowsやMacで行うのでどちらからもアクセスできるNASの方が使い勝手は段違いに良いと思います。


あと余談なんですが、LANを設置する場合には大体部屋にあるルーターからスタートすると思うのですが、


こういう風にルーターのLANポートを直接利用するより


こうやって間にHUBを入れたほうが良いようです、というのもルーター自体も結構雑音発生源らしいので。

さて必要なものを揃えた所で次回いよいよ「Voyage MPD」のインストールです。

インストールはあくまでうちに設置した際の事を書きます。環境は人により千差万別なので全てはとても説明できませんし、質問されても多分細かいところまではわからないので答えられないと思います。ある程度自分でネットなど駆使して調べてあれこれトライ&エラーでチャレンジしてみる事が出来る人にのみ導入をオススメします。よくネット上で見かける自分であれこれやってみない、考えない「1から10までタダで教えて君」な人には導入は無理だと思います。私を含め誰だって最初は何もわからないですもん(^^;。ただ、導入については私が説明するよりもっと詳しく丁寧に説明されているサイト様があり、私もそこを参考にして先達の知恵のお世話になり導入完了したので、それらのサイト様も紹介しつつ記事にしたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索