【Voyage MPD 0.9.1】HP t5720へのインストール(ほぼ全手順・その4)

 それではインストール後の細かい設定をしていきましょう。


【重要】Windows XP環境では「Putty」を使ってブログからコピー&ペーストでコマンドを入力しようとするとうまく行かないことがわかりました。対処方法を 重要【Voyage MPD 0.9.1】HP t5720へのインストール(ほぼ全手順・追記)に記載しておりますので合わせてご覧下さい。また、この記事を書いた後に2014年1月5日現在までに判明した不具合等を重要【Voyage MPD】t5720へのインストールの前準備として記事にしましたのでインストール前に必ずご覧下さい。


再起動をしたのでIPアドレスが変わっている可能性がありますので再度t5720側でIPアドレスの確認をします。

「Voyage Login」と出たらroot(初期設定のアカウント)と入力しenterを押す。

「Password」と出たらvoyage(初期設定のパスワード)と入力しenterを押す。


root@voyage~#からifconfigと入力しenterを押す。

「inet addr:192.168.×.×」の値をメモします。

Windows PCでSSHソフト「putty」を再起動します。


「ホスト名」の所にメモしたIPアドレスの数字(192.168.×.×)を入力して「開く」をクリック。


もしこんな画面が出たら「はい」をクリックしてください。


この画面が出たらt5720との通信は成功しているのでlogin as:でrootと入力。

passwordにはvoyageを入力。


この画面が出たらt5720との再接続は成功です。


これから変更する設定を保存できるように以下のコマンドを入力します。

remountrwと入力する。

(これをやらないと書き込みモードにならずせっかく設定を変更しても保存されません。)


アップデートをします。

apt-get updateと入力。

コマンド待ちに戻ったら終了です。


ファイルの中身を編集するためのエディタですが、標準装備のviエディタが慣れないと非常に使いづらいので、今回はnanoというエディタを使うことにします。そのnanoをインストールします。

apt-get install nanoと入力。

コマンド待ちに戻ったら終了です。


.bashrcというファイルを編集します。

nano ./.bashrcと入力。

ファイルが開きます。

nanoの使い方はググっていただければ解説しているサイトがありますので、詳しくは調べて頂きたいのですが、簡単には ←→↑↓でカーソルを移動、enterで空白行挿入、backspaceやdeleteキーを使いながら文字を入力、修正し、最後にctrl+x→y→enterでセーブして終了、ctrl+x→nでセーブせずに終了になります。

慣れないうちはちょっとでも失敗したと思ったらセーブせずに終了してやり直す方が確実です。

最終行の1つ前の行に以下の3行を追加してセーブして終了します。

remountrw

mpd -kill

/etc/init.d/mpd start-create-db


IPアドレスを固定する。

 起動する度にDHCPで違うIPアドレスが割り当てられるのを防ぐためにVoyage MPD(t5720)のIPアドレスを固定します。

nano /etc/network/interfacesと入力する。


DHCPを使わないのでiface eth0 inet dhcpの前に#を挿入してコメント行にする(この行を無効にすると言う事です)

その下に以下の行を追加します。

iface eth0 inet static

address 192.168.0.X

netmask 255.255.255.0

network 192.168.0.0

broadcast 192.168.0.255

gateway 192.168.0.1

dns-nameservers 192.168.0.1

ここでには他のネットワーク機器で使ってない番号を指定します。

2~254までの番号が使えますが、あまりDHCPが自動で割り当てない大きめの数字を使うと良いでしょう。(割り当てが他の機器とダブると誤動作の原因になる)

(上の例では128を使っています。)

ここで設定したIPアドレスがVoyage MPD(t5720)のIPアドレスとなります。

また、上の例ではルーターのIPアドレスが192.168.0.1の時の例ですが、ルーターのIPアドレスが192.168.1.1になっている環境の場合はnetmaskを除く各アドレスの3桁目を1に変更して記述して下さい。(例えばnetworkの所なら192.168.1.0とする)

追加、修正が終わったらセーブして終了します。


日本時間の設定

dpkg-reconfigure tzdataと入力する。

この画面が出るのでAsiaを選ぶ。

次にこの画面が出るのでTokyoを選んでenterで終了。

日本時間が表示されるので確認して下さい。


アップグレードの実行

apt-get upgradeと入力。

コマンド待ちに戻ったら終了。この例はアップグレード項目が無かった時の画面ですがもしアップグレード対象の項目がある場合は文字列がズラズラ出て来た後「Do YOu Want Continue?」と聞いて来ますのでYを答えて下さい。その後コマンド待ちに戻ったら終了です。


日本語環境のインストール

apt-get install localesと入力。

apt-get install fbtermと入力。

続けるか聞いてくるのでyを入力。

dpkg-reconfigure localesと入力。

この画面が出たら ja_JP.UTF-8 UTF-8を選択してenterを入力。

コマンド待ちに戻ったら終了。


再起動

rebootと入力してVoyage MPD(t5720)を再起動する。


更に設定は続きますのでここで一旦記事を分けます。

次の記事に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索