Voyage MPDを同一LAN内で複数台同時に鳴らしてみる。

私の場合、PCからVoyage MPDを操作するクライアントソフトは「Gnome Music Player Client」(GMPC)を使用しています。人によってはクライアントソフトで音が変わるとおっしゃる方もおられるのですが、私にはちょっとそこまでの聴き分けは出来ないです。すみません。うちの環境ではもう一つの定番であるFirefoxのアドイン「Minion」もどうやっても動きませんでしたし。

そのGMPCも今回11.8にバージョンアップしていたので使ってみましたが、なかなか使いやすくなっています。やはりPCではこのGMPCが一番使い勝手としてはオススメです。


さて、表題の「同一のLANの中で複数のVoyage MPD導入パソコンを同時に鳴らす」方法ですが、これは簡単です。interfacesを編集してVoyage MPD導入パソコンのIPアドレス固定を行いますが、このIPアドレスをそれぞれ違うアドレスに設定してやればOKです。

コマンド待ちからnano /etc/network/interfacesと入力します。(エディタにnanoを使用している場合)

tmpimg1306231606n120130623170517109

tmpimg1306231608n120130623170518859

ここでのaddressの記述でそれぞれのPC毎に別々のIPアドレスを割り当てるだけです。

次にクライアントソフトの設定をします。ここではGMPCを例に説明します。

DSCN0315

DSCN0316

それぞれのIPアドレス毎にProfileを作ります。ここでは「Voyage MPD」と「Voyage MPD 2」の2つのProfileを作りました。

GMPCでは2つのProfileが作れます。

そしてそれぞれのProfileでConnectを押し、Voyage MPD導入パソコンに接続します。エラーメッセージが出なければConnectは成功です。

DSCN0319

切替は「Music」→「Profiles」で行います。

DSCN0322

初回の起動ではそれぞれについて「Server」→「Update MPD Database」からデータベースを作りましょう。


以上の設定で同一LAN上で2台のVoyage MPD導入パソコンが使えます。もちろんそれぞれでNAS上にある別々の曲を同時に鳴らすことが可能です。GMPCでは2つのProfileしかつくれませんが、スマホやタブレットのクライアントソフトを使えば2台以上を同時に使うことも可能です。それぞれの部屋にVoyage MPD導入パソコンを置いて、それぞれの部屋で違う曲を聴くという使い方も出来ます。


以上、Voyage MPDについていろいろ書いてきましたが、ひとまずここで終了とさせていただきます。皆様無事に導入及び活用が出来ますことを願っております。

また何か新しい事がありましたら記事を書いてみたいと思います。

私はこの後超小型パソコン「Raspberry Pi」を使ったMPD、「RaspyFi」に挑戦してみようと思っています。皆様、長々と書いた記事におつきあいいただきありがとうございました。ではまた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索