【1bit】シャープのミニコンポを単体1ビットΔΣデジタルアンプに改造する【その2】

【第2回 電源部の製作】

前回の続きです。

今回は電源部を作ります。

その前に今回製作するアンプのイメージとしてブロック図を書いてみました。(クリックで拡大します)


1ビットアンプのストレートな音を楽しみたければプリアンプを通さず直接入力信号を入れても良いのですが、先達の方々の製作結果からこの1ビットアンプモジュールのゲインが低めであると言う事が判っているので、実用的な観点から今回は入力にオペアンプを用いたプリアンプを介す事としました。なのでプリアンプ用の電源も必要となります。プリアンプは使わないという方は必要ありません。

また、スイッチON・OFF時のポップノイズもかなり大きめであると言う事で出力のリレーミューティングも必要と言う事で入れております。

今回必要な電源は以下の8系統です(実機の回路や測定結果及び先達の方々の情報を元にしています)

まず、アンプ駆動に必要な電源として

 ①+16.8V(アンプ駆動用・裸電源)

 ②-16.8V(アンプ駆動用及びダイナミックフィードバック回路用・裸電源)

 ③-9.5V(ドライバー電源・レギュレーテッド)

 ④+5V(アナログ回路用・レギュレーテッド)

 ⑤+5V(デジタル回路用・レギュレーテッド)

またプリアンプ用として

 ⑥+12V(オペアンプ駆動用・レギュレーテッド)

 ⑦-12V(オペアンプ駆動用・レギュレーテッド)

最後にリレーミューティング回路用として

 ⑧AC12V(ブリッジダイオードでの整流前に分岐)

以上、結構な系統の電源を用意しなければなりません。

ミューティング回路は電源オンと同時に働き、電源OFFで瞬時に切れなくてはなりませんので、整流前のAC12Vの状態を電源として使います。


以上を元に今回作成した電源の回路図が以下になります。(クリックで拡大します)


多分読んでおられる方の大半が知りたかったのがSD-CX8のアンプモジュールのコネクタのピンアサインだと思います。上図の通りになります。赤以外の線は同じ色が使ってありますのでコネクタを付け替える場合は間違えないように十分な注意をお願いします。

アンプモジュールのピンアサイン以外は特に凝ったことはしていないごく普通の裸電源及びリニア電源です。

AC12Vを整流・平滑した後の電圧はちょうど±16.8V近辺になりますのでそのままアンプ用電源として使えます。

-9.5Vを作るのに普通は負電源用の7910あたりを使うのですが正電源用の7806をちょっと変則的な使い方をして作っています。これは実機の回路そのままです。なかなか頭のいい使い方だなと思っていい勉強になりました。

A/D RESETには本来ロジック回路からのリセット信号が入るのですが、単体でアンプモジュールを動かすので、電源立ち上がり後に一度リセットが掛かれば良いということで特にリセットIC等使わずにCRによる遅延回路による入力としています。

使用した部品は以下の通りです。ELNAの12000µFなど手持ちの部品を結構使って少しでも安く上げてます(笑)

12V2A2回路のトランスは自作ではおなじみ、秋葉原・東栄変成器の「J122W」を使いました(東京に行ったついでに買ったので重たいのを頑張って持って帰ってきた(^^;)


あとはそれぞれお好きなようにアレンジして貰えれば良いかと思います。




組み立て完了。今回は貧乏な紙フェノールではなく、ちゃんと片面ガラスエポキシを使いました(余分な部分は後で切った)。7806周りがスカスカですが、これは-9.5Vラインでどのくらいレギュレーターで損失が出るのかわからなかったので結果によっては最悪大きいヒートシンクに付け替えられるようにと言う事でこうしています。(結果的にはほんのり暖かくなる程度の発熱量しか無く、このヒートシンクで十分でした。)

板の上に仮組みしてトランス・ヒューズ・ブレーカーを繋いで規定の電圧が出ているかどうか確認。(電源基板の単独テストの写真を撮り忘れていたのでこの写真は完成後の最終テストの時のものです。まあこんな感じで結線してテストしたというイメージということで。)

-9.5Vは実測で-10.3V位出ていたのですが先に結果を申し上げるとこの程度なら許容範囲でした。

次回はプリアンプ部を作ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索