【1bit】シャープのミニコンポを単体1ビットΔΣデジタルアンプに改造する【その5】

【ケースに実装する】


組み立て中。この後悲劇が(笑)。

一通り完成しましたのでケースに組み込みます。

アンプモジュールは元々コンポに付いていたときには縦に実装されていたので、それ用の取り付け金具もあり楽なのですが、それだと高さのあるケースを用意しなくてはいけません。けど高さのあるケースって高いんですよね。アンプとしての見栄えもどうかなと思うし。なので今回は市販のL型アングルの小さいのを加工して横に取り付けることにしました。

使用したのは今回もタカチ電機工業のアルミサッシケース、SLシリーズです。


100V周りは特に怖いのでしっかりハンダ付け&熱収縮チューブでガードです。


どんどん取り付けていきます。


いよいよ組み立て完了して、配線を何度も確認して、いよいよスイッチオン!。…音が鳴らない?。

すぐに「パチッ!パチッ」という音と共にアンプモジュールから盛大な煙が…。やっちまった!!慌ててテーブルタップの電源を切りました。

でもなんで?。原因はこれ↓でした。


2つが連結したタイプの陸軍ターミナル。カッコイイので今回初めて使ってみたのですが…。

これ、ケースの穴開け加工後に付属の絶縁ワッシャーで挟んで取り付けるタイプのものなのですが、初めて使う私のケースの加工の仕方が悪くて端子がケースに触れてGNDに落ちた状態になっていたんです。BTLアンプにとってこれは御法度。あえなくパワートランジスタ付近から煙を吐いてお亡くなりになりました。

ちょっとした加工ミスが命取りです。怖いですね。

すぐさま予備機として確保していたもう一台のSD-CX8をバラしてコネクタを付け替え準備。


気を取り直して再度組み込み。今度は昔からあるプラスチックで両側から完全に挟むタイプの陸軍ターミナルを手持ちで持っていたのでそれを使いました。

アンプモジュールはパソコンパーツ屋さんで売っている放熱テープを放熱板に貼り付け、ケースの底板にくっつけて放熱するように取り付けました。

上の写真のように組み込んで再度配線を確認して電源オン。見事綺麗な音で鳴り始めました。完成~!



フロントビューです。ボリュームつまみはバランス的にもう少し大きいのにしたいのですが、アルミの大きいツマミってあまり売ってない上にあっても2~3,000円と高いんですよね。


シャープの1ビットアンプシリーズの象徴、青く輝くΔΣのロゴマークもSD-CX8から切取って再現しました(切り口の仕上げが汚いのは勘弁して下さい。こういう加工はあまり得意では無いんです)。開発メーカーに敬意を表してシャープのロゴマークも装備…あれっ(^^;。

しかし最近は輝度の低い青色LEDあんまり売って無くて適当なの買ったら眩しい眩しい(笑)。もうちょっと輝度の低いヤツか、オリジナルの機体から外して取り替えようと思います。


もう一つの1ピットロゴもちゃんと移植。


リアビューは毎度おなじみACインレット仕様にしてすっきりしました。陸軍ターミナルが若干ズレてるのはご愛敬ということで(笑)。しかし位置決めしてちゃんとセンターポンチ打ってから穴開けてるのになんでズレるかなぁ?←単にヘタクソ。



今後考えてる事として、このアンプモジュールの中の電解コンデンサーがちょっと気になりまして…。次回はこれもオーディオ用に取り替えてみようかなと。SD-CX8は2003年のモデルでもう12年経ってますから取り替えておくのもいいかなと思っています。



と言う訳で無事完成です!。電源を強化したこと、プリアンプの変更などでSD-CX8実機よりさらに締まってメリハリのある音になりました。昨今のデジタルアンプ群と比べても全く引けを取りません。というよりこの独特の個性ある音は他に代わるデジタルアンプが無いです。確かに低音はズンズン出るタイプではありませんから、いわゆるドンシャリ音が好きな方とかそういうジャンルの音楽には全く合わないですけど、そうでなければこれだけ良い音のアンプはそう無いと思います。

やっと長年構想していたシャープの1ビットΔΣデジタルアンプの単体化構想が実現しました。いつか「N MODE」の1ピットアンプを手に入れることが出来る日まで大切に使っていこうと思います。

これにて「高速化事業部」さんとのコラボ企画、「シャープのミニコンポを単体1ビットΔΣデジタルアンプに改造する」。「がらくた文書工房」版、完成です。長い記事でしたが読んでいただいた方、ありがとうございました。

さて、「高速化事業部」さんは一体どんなアンプ仕上げてくるんでしょうか?。管理人のりょうさん、お待ちしてますよ!。

コメントの投稿

非公開コメント

10年ぐらい前に、シャープのワンビットコンポを買って、二年前に壊れるまで愛用してました。
ふと、懐かしくなって検索して、このページにたどり着きました。
面白い試み、頑張ってください。

コメントありがとうございました。

ハットリさん、初めまして。
コメントありがとうございました。

個人的に1ビットの音が好みで、延命かつよりピュアなアンプにしたくての
挑戦でしたが、満足いく結果が出てとても嬉しい結果となりました。
うちのブログの記事の常で反響はあまりなかったんですが(笑)。

ハットリさんも懐かしさで検索されたと言う事はお気に入りだったんですよね、きっと。

今後の展開として後期の5.6MHz機の単体アンプ化も狙っております。
成功したらまた記事にしますのでぜひ読んで下さいね。

No title

缶コーラさん、はじめまして。オーディオ関連+KRY関連記事は楽しく拝見させていただいております。今回のSHARP 1bitアンプ改造記事はすばらしいですね。私もジャンク品を手に入れてチャレンジしたいと思います。

コメントありがとうございます。

TYO.STDさん、初めまして。
私もそちらのブログを楽しみに読ませていただいています。
いくつかのアイデアは参考(模倣?)にさせていただいたことも。
ご挨拶をしておりませんでしたが、その節はお世話になりました。
KRY関連の記事も読んで頂いてると言う事は視聴エリアの方でしょうか?
読んで頂けてるとは思うのですが、反応を頂くことがあまり無いので素直に嬉しいです。

1bitアンプは高速化事業部さんとのコラボでご協力いただきながら無い頭を
絞って完成にこぎ着けたものですが、現在の常用アンプになってます。
SD-CX8ジャンクは安ければ500円くらいで手に入りますので、ぜひぜひ
トライしてみてください。

これからもブログを楽しみにしております。
プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索