【1bit】シャープの1ビットデジタルサウンドをヘッドホンでも楽しもう!

えっと、タイトルはこんな風になってますが、実際には「看板に偽りあり」で(笑)一般的なBTLアンプにヘッドホンを繋ぐ方法です。

よく市販のアンプ(特にサンスイのアンプ等)でも用いられてるトランスを使った方法です。

参考にさせていただいた(というかそのまま同じ仕様で作りました)サイトさんはこちらです。

「電子機器を作る」http://homepage2.nifty.com/naisudac/BTL-HEAD/BTL-HED.htm

せっかく作った単体1ビットアンプ。その音を深夜ヘッドホンでも楽しみたいと思うのは人情です。

最初はシャープが出していた1ビットヘッドホン機器であるMDプレーヤーを改造して…と思っていたのですが、すべてが内蔵されたオールインワンチップ、しかもチップの仕様は全く判らずということであえなく敗退。自作レベルでどうにかなるものではありませんでした。

シャープの1ビットミニコンポのヘッドホン端子はヘボい別回路になっており、本来の1ビットサウンドをヘッドホンで味わうことは出来ません。

今回、1ビットアンプを単体化したのをきっかけにスピーカー端子にヘッドホンを繋ぐアダプタを作ろうと思いました。

一般的なBTL方式のアンプには使えますので、普通にシャープの1ビットミニコンポのスピーカー端子に繋いでもOKです。

回路図などは前述のサイト様の記事をご覧下さい。

今回は参考サイト様と全く同じ、600Ω-8Ωの東栄変成器のオーディオトランスを使用しました(東栄変成器さんは代引きによる地方発送もやってくれますので電話でお問い合わせ下さい)。サンスイトランス(橋本電気)のST-45やST-48あたりは入手性も良いのでこちらもお勧めです。今回はちょっとでもコアサイズが大きい方が良いかなと思って東栄トランスを使いました。

あとは私が使用するヘッドホンはステレオ標準プラグのものが多いので、ステレオ標準ジャック仕様にしました。

構造はむちゃくちゃ単純なので組み立てに難しい所は無いと思います。

フロントはステレオ標準ジャック仕様。

リヤは陸軍ターミナル。ここにアンプからの出力を繋ぎます。

使用してみましたら申し分の無いクリアな1ビットサウンドがヘッドホンから聞こえてきました。純正のヘッドホン端子とは雲泥の差です。1ビットアンプやその他のBTLアンプをヘッドホンでも聴きたい方にはお勧めの工作です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索