【Voyage MPD】0.10.0のインストール全手順(t5630w・その2)

【用意するもの】

Voyage MPDの本家サイト(http://linux.voyage.hk/voyage-mpd)からVoyage MPDの「Live CD」のデータ(isoファイル)をダウンロードし、CD-Rに焼いたもの。

 今回のバージョンは現時点(2017年1月22日)で最新の0.10.0です。

t5630wにモニター,キーボード,USB外付けCDドライブを取り付け、LANケーブルをつなぐ。

  キーボードはUSB接続のモノは認識が不安定な場合があるので、昔ながらのPS2接続のモノの方が良いようです。(ジャンクでも何でも使えればいいです)

音楽データの入ったNASを用意。(今回は一例として共有フォルダを「disk」という名称にして、その中に更にフォルダを作って音楽データを入れています)

USB-DACを用意し、t5630wに接続しておく。

設定に使うWindows PCに「SSHソフト」をインストールしておく。

  インストール作業及びインストール後の環境設定はWindows PC側から「SSHソフト」でt5630wにLAN経由でアクセスして行います。今回私は使いやすさで定評の「putty」(http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html)を使用しました。(MacでのSSH接続方法もネット上に情報がありますので参考にして下さい。)


以上の準備が整ったら次に行きます。


【t5630wのBIOSの設定】

t5630wのBIOSを設定します。


 電源を入れ、このHPのロゴマーク画面が出ている間にF10キーを押してBIOS設定画面に入ります。

 ここでは以下の設定を行います。一番肝心なのは内蔵オーディオを無効にすること。


システム日付を確認(狂っている場合は一応合わせる)


内蔵オーディオOFF「Integrated Audio→Disabled」


シリアル・パラレルポート→Disabled


ブートデバイスの設定 ファースト→USB

             セカンド→ATA Flash

             サード→network

以上の設定が終わったらBIOSをセーブして終了する。

ここで再起動し「LIveCD]をセットしたCDよりブートする。


【t5630wを立ち上げる】


無事ブートしてこの画面が出たら一番上の「voyage Linux」を選ぶ。


ブート中に「このベンダーはサポートしていません」という旨のメッセージが出ますが、t5630wがVIAのチップセットであるためで、気にしなくても良いです。

しばらく待って「Voyage Login」と出たらroot(初期設定のアカウント)と入力しenterを押す。

「Password」と出たらvoyage(初期設定のパスワード)と入力しenterを押す。



しばらくして「root@voyage~#」が出たらifconfigと入力しenterを押す。


「inet addr:192.168.×.×」の値をメモします。これがこの時点でt5630wに割り当てられたIPアドレスです。

ここまで来たらt5630wはこのままにしておきます。

この後はwindows PCからSSHソフトを使用してt5630wにアクセスしてインストールの続きを行います。


【インストール手順】

Windows PCでSSHソフト(今回は「putty」を使用)を立ち上げる。


「ホスト名」の所に先程メモしたIPアドレスの数字(192.168.×.×)を入力して「開く」をクリック。

これでt5630wとWindows PCが接続されます。以降の設定はWindows PC側から「putty」を使用して行います。


もしこんな画面が出たら「はい」をクリックしてください。


この画面が出たらt5630wとの通信は成功しているのでlogin as:でrootと入力。

passwordにはvoyageを入力。


この画面が出たらt5630wとの接続は成功です。


これから先はコマンド操作となりますので一字一句間違えないように(文字と文字の間に空白の有り無し、iとl、0とoなどの間違いなど)気をつけてゆっくり確実に入力していって下さい。

基本的にはファイル編集のコマンド(後述する先頭にnanoと付くコマンド)以外は入力すると何のメッセージも出ず、root@voyage~# と次のコマンドの入力待ちになります。何かメッセージが出たらコマンドが間違っています。

下はコマンドの文字を間違えてメッセージが出た例です。


ln -sをin -sと間違って syntax error(綴り間違い) と表示されてます。

あくまでこれは一例ですのでエラーメッセージが出たら良く読んで対処して下さい。

あと、コマンドによっては処理に時間が掛かるものもありますので慌てず次のコマンド要求を待って下さい。


t5630wとの接続が成功したらインストールの続きを行います。

インストールするフォルダを作成。


mkdir /tmp/rootと入力。(当たり前ですが入力後はenterを押して下さいね)


mount -o loop /lib/live/mount/medium/live/filesystem.squashfs /tmp/rootと入力。


cd /tmp/rootと入力。

インストール先にマウントポイント作成。


mkdir /tmp/cfと入力。

インストール先のフォーマット


/usr/local/sbin/format-cf.sh /dev/hdaと入力。


enterを押す(フォーマットが開始される)。コマンド待ちに戻るまで待ちます。


インストール時の設定開始


/usr/local/sbin/voyage.updateと入力。

これ以降は質問に答えていく形式になります。


1を入力。


何も入力せずenterを押す。


2を入力


デフォルトは7になっているが、今回は普通のPC(t5630w)にインストールするので9(Generic PC)を入力。(ここを間違えたら動かないので絶対に間違わないこと)


3を入力。


/dev/sdaと入力。


1を入力。


何も入力せずenterを押す。


4を入力する。


何も入力せずenterを押す。


1を入力する。


5を入力する。


2を入力する。


6を入力する。


1を入力する。(今回はt5630wの内蔵フラッシュメモリにはVoyage MPDだけをインストールするので1で良い)


7を入力する。


今までの設定内容が表示されるので、この通りの設定になっているか確認する。

違っていればどこかで入力ミスをしているのでnを押して該当項目を設定し直す。

この通りになっていればyを押す。


インストールが開始される。


ファイルのコピーが終わったら質問が出ますので8を入力。


root@voyage:/tmp/root#が表示され止まったらインストール完了です。

CDドライブを取り外します。


rebootと入力してt5630wを再起動します。

これでインストール自体は完了しました。

引き続きVoyage MPDの各種設定を行っていきましょう。

次の記事に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索