CDP-555ESDを入手しました。

 ここの所、オーディオジャンクは負け続き。
本当に久しぶりにジャンク屋さんに行ってみました。
おっ、結構良さげなものが・・これは久々に・・。



 ・・ってことでこれ。ソニーのCDプレーヤー、CDP-555ESDです。1986年発売、当時の定価は何と16万円!。ソニーの歴代CDプレーヤーの最高傑作と言う人もいらっしゃいます。(私はあまりそう思っていないんですが)
理由は高剛性・耐震・耐共振等の特性に優れたジブラルタルシャーシ(Gシャーシ)を採用した堅牢なボディにあります。
スペック的には16ビット・4倍オーバーサンプリングと至って基本的な構成ですが、内部はバブル絶頂期ならではの物量作戦で非常にお金がかかっています。トレイ出ず。フタを開けてCDをセットしたところ再生は出来たとの事で3000円。オークション等では未チェックのジャンクでも5千円以上にはなるのでピックアップが生きているならこの値段はオイシイので迷わず購入。この頃のソニーのCDプレーヤーでトレイが出ないという症状の原因はほぼ9割がた同じ理由であります。多分楽勝です。




 原因はやはりというか想像通りでした。トレイ駆動用のベルトの伸びとプーリーのグリス固着でした。この固着がまたハンパでは無く。完全にくっついてプーリーを外すのにも一苦労でした。ベルトを新品に、古いグリスをふき取り、新しくグリスアップで無事トレイが出るようになりました。やっぱり楽勝でした。



 内部はお金かかってます。シャーシは胴メッキだらけ。アナログ回路にも電源にもそしてなぜか制御用のデジタル回路にまでオーディオ用コンデンサーが。しかも基盤はガラスエポキシ。この頃のソニーCDPの特徴であるリニアモーターメカでシーク時間は爆速、静か。使い心地は快適そのものです。
音質はさすがにすばらしいです。力強い低音から高域まですっと伸びた感じでありながらパワフルかつ繊細さも持ち合わせています。個人的には少し荒削り気味だった先代のCDP-553ESDの方が好みではありますが・・。



 これがGシャーシ。むちゃくちゃ重いです。



 背後に2つ飛び出たツイントランス。かっこいいんですけど、ラックに入れるときに結構邪魔だったりする。

 今回は久々の当たりでした。今使ってるマランツのCD-75を押しのけて所有してるCDP-502ESと合わせて本日よりメイン機に昇格です。壊れたら部品が無いのでもちろん大切に使おうと思います。(普段ガンガン使う用に333シリーズを導入してもいいかなとも思っています)


コメントの投稿

非公開コメント

Re:CDP-555ESDを入手しました。(12/11)

いいなぁ~

これ、マツダルーチェさんが出品された時に入札していたんですね~(数年前)

26500円で落札されていた記憶があります。

さすがに落札できませんでしたが・・(^^ゞ

このシリーズって使い勝手も良くて良いです。

リコモンが無いとダイレクト選曲も出来ない・・パイオニアのT-07Sよりも使いやすいですねきっと!

Re[1]:CDP-555ESDを入手しました。(12/11)

ぷらっし~さん、こんにちは。



何日かずっとエージングのつもりで聴いていますが、やはり人気があるのも頷けますね。長岡鉄男氏はピラミッド型のサウンドだと称した様ですが、非常に伸びやかな量感のある音質でいい買い物だったなぁと嬉しく思っています。

でもさすがに26500円だったら諦めます(^^;。



この20キーのミュージックカレンダー、本当に使いやすいんですよね。コストかかるからやめてしまったんでしょうけど。



個人的にはリモコンが無いとあらゆる機能が使えない設計は好きではないですね。
プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索