アナログレコードをCD化する



気が付けば1ヶ月以上も書いていませんでした。

 先の「私の好きな懐かしテレビ」は結構反響いただきました。
番組内容は観て書くのでまあいいんですが、その当時の事や番組周辺の事は記憶を掘り起こさないと書けないので文章にまとめるのが大変でしたけど反響があると嬉しいものですね。ホントはブログじゃなくてHP向きの話題ですけどまたやってみたいと思います。

 ここ最近はヒマをみつけてアナログレコードのCD化を始めました。もっとも社会人になるまではお金が無かったのでもっぱらFM放送からのエアチェックばかりしてましたし、汎用コンピューターのSEとして就職した会社は家電メーカーでもあったので、結構早い時期にCDプレーヤーを社販で買った事もあって所蔵レコードはそんなに多くありません。
(当時はCDを普及させるために、同じタイトルのアルバムでもLPレコードに対してCDは”CDのみ収録”と称して1曲多かったりとかいろいろアコギな事が行われていた)
後にCD化されて買い直したものもありますので当時CDで発売されず、未だにCD化されてない物についてCDにすることにしました。

 実際は所蔵レコードは殆どカセットテープに落として聴いていましたのでレコードプレーヤー自体を使うのが何年ぶりだろうか。おそらく10年ぶりくらいだと思います。とりあえずは機材を引っ張り出して用意することにしました。

 レコードプレーヤーはデンオンのDP-55M。'80年頃発売のクォーツロックのベストセラー機です。それ以前はパイオニアのPL-340という確か「PROJECT7」というシステムコンポ用のフルオートDDプレーヤーを使ってましたが、いつしか原因不明のハムノイズが出るようになってしまい処分しました。このデンオンは数年前に当時の職場の上司から譲ってもらいました。・・が、久々に動かしたらうーん、クォーツロックがロックせずに回転が定まらない。ターンテーブルを外してカセットデッキのヘッドみたいなセンサーを掃除したらちゃんとロックがかかるようになりました。

 カートリッジはオルトフォンのMC20を選択。と言っても他にはオーディオテクニカの安いVM型と前述のパイオニアのプレーヤーに付いていたヘボいMM型の2つしかありません。
私は歌謡曲からアニソン、クラシックまで何でも聴きますが、どちらかといえばジャズ・フュージョン系を聴くことが多いのでオルトフォンはあながち間違った選択では無いかな?と思います。

 組み合わせが決まったところで、プレーヤーのセッティング。水平出し→アーム高さ調整→オーバーハング調整→ゼロバランス出し→針圧調整→インサイドフォースキャンセラー設定・・・一連の調整は迷わず終了。う~ん久々なのに頭ではなく体が覚えてるってのもなんかなぁ。いまどきの人ってこの辺の設定って出来なくて当たり前なんだろうなぁ・・・必要ないもんね。

 アンプのチョイスで一悶着。当初ラックスマンL-309XにデンオンのAU-340という昇圧トランスで行こうと思っていたら、AU-340からこれまた派手なハムノイズ。今すぐの事にならないので、急遽サンスイのAU-α907iにご登場いただくことになった。907iはMM/MC切り替えがあるのでこういう時は重宝します。

 余談ですけど、さっきからあえて「DENON=デンオン」って書いてます。意地でも「デノン」なんて呼んでやるものかってんだ(爆)。

 パソコン側はオンキヨー製サウンドボードSE-80を使用。ちょっと前の型ですが家にあるやつで一番音質重視設計なので迷わず選択。このサウンドボード、音はいいんだけどデバイスが内部接続できなかったり、マイク・ヘッドホン端子が無かったりとかパソコン用汎用サウンドボードとしては使い勝手はあまり良くないです。使い勝手より音質って設計なんでしょうね。

 取り込みソフトはEDIROL発売の「cakewalk pyro2004(ケークウォーク パイロ)」を使用。以前、MP3変換ソフトとして購入。もちろんアナログレコードの取り込みにも対応してることを考慮した上で結構前に買った物です。でも全般的にcakewalk製のソフトって高機能なんだけど使い勝手が今ひとつとっつきにくいって感じです。カジュアルにアナログソースのCD化をやるんならインターネット社製のソフト「sound it!」の方が使いやすいかも知れません。値段高いけど。

 後は一通り必要なものを揃えたのですが、まだレコードクリーナーとかレコードスプレーとかスタイラスクリーナーとかちゃんと売ってるのね。偉いぞ、オーディオテクニカ。

 さあ、これでじゃんじゃんレコードをCDにしまくるぞーって事で久々にレコードの音を聴いたんですけど、こんなに音良かったんだって改めてびっくり。なんというかトゲの無いまろやかなレンジ感のある音でちょっと感動してしまいました。スクラッチノイズが懐かしい。ソフト側でノイズ消去のエフェクトも出来るのですがスクラッチノイズこそレコードの特徴って事であえてそのままで録る事にしました。

 でもなんかハマると中古レコードに凝り出しそうでちょっと心配です。

 あと、一緒に写ってるレコードジャケットは?・・。これ、誰かは知らなくてもたいていの人が何がしかで曲は聴いた事がある・・そんなグループです。メンバーだった中の一人は今全米で有名な日本人アーチストですが、日本では知る人ぞ知る・・って感じの人です。昔、谷山浩子のオールナイトニッポンを聴いていた人ならCMの時間調整用の曲って言えばわかるかも。いずれ紹介してみようと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索