「フケ症の人」は絶滅危惧種なのか?

 近頃テレビを観てると「いつからみんなこんなに潔癖性になったんだろう?」と思うくらい衛生用品やトイレタリー商品のCMが目に付きます。「除菌」がキーワードの商品ってのはそれこそいっぱいあるし、「ファブ○ーズ」とかの消臭用品も多い。CMなんかも夕べ焼き肉やったのが「バレてない」と主婦がほくそ笑むとか「そこまで臭いがしちゃいかんのか」と思うほどおおよそ異常で、でも実際そういう商品ってのは売れているらしい。「除菌」や「消臭」する代わりにいわば化学製品を部屋の中や肌の上にぶちまけてる訳で、こうなるとどっちが健康上よろしいんだろうかなんて考えてしまいます。そりゃうちにも最低限の消臭剤や芳香剤くらいはありますけど。

 昔からテレビのCMでおなじみの衛生用品と言えば、シャンプーとか歯磨きとかですが、最近特にシャンプー類のCMの出稿量って多いですね。なんかしょっちゅう目にしている感じ。それこそ私らと同じ人間と言うよりまるで作り物みたいに美しい女優さんやモデルさんたちがこれまた美しい髪を見せびらかしまくり、中には何人もの一線級の女優さんを起用してお金かけて「日本の女性は美しい」とまで。これでその気になっちゃうんだろうなぁ。千円ちょっとのシャンプーでそこまで変われるとは思えないんだけど。

 で、ふと気づいたんですが、そういえば最近のシャンプーのCMって「美しい髪」ばかりを訴えてるなぁと。昔はそれこそ「フケ・かゆみ」を全面に押し出してたもんだったんですけど、日本人の衛生環境がずいぶん改善されたのは確かだとは思うのですがちょっと不思議に思います。本当に「フケ・かゆみ」に悩む人はいなくなったのかと。

 昭和の時代だと流行語にもなった「フケ、いやいや~♪エチケットでシャンプー、エチケットでリンス♪」のエメロンエチケットシャンプーとか銘柄忘れたけど研ナオコを起用して「フケが降る、あなたは来ない♪」と替え歌まで用意したCMとか、もっぱら「フケ・かゆみの防止」を訴えたCMが圧倒的に多かった記憶があります。思い起こせばそんな流れが70年代くらいから確かに変わってきたと思います。日本の家屋に内風呂が普及したり、シャワーが普及してきたりと言った関係なんでしょうか?。70年代になると、街頭で髪のきれいな女性を後ろから撮影して「すみません、エメロンクリームリンスです、ちょっと後ろを・・・」と言って振り向かせる「エメロンクリームリンス振り向かないで編」とかのシリーズCMや、「まんまる顔の女の子はいい妻になれるって♪私ってなれそう~ねっ、バスボン♪」の松本ちえこを起用したバスボンシャンプーとか、ハワイの妖精アグネス・ラムを起用した「エメロンミンキートリートメント」とか、浅田美代子のカオーフェザーとか、大滝詠一の歌声で「髪に栄養を~ドレッサーしましょう♪」の花王ドレッサーとか確かに「実用より”見栄え”が良くなります」的な訴求に変わってきた気がします。

 もうその後はなんでも有りで「光ってますか、天使の輪♪」のキューティクルことエッセンシャルシャンプーとか街頭で石坂浩二が髪の水分をチェックする「アクアチェック」なるものをやる「髪の水分整える♪」のアクアミーシャンプーとかのあれはなんだったんだろう的なものから、ヘアコロンシャンプーとかリーゼとかフルーツシャワーとか植物派のジョナとかピュアとかシャインフローネとかティモテとか「めぞん一刻」と同じ斉藤由貴の「悲しみよこんにちは」がCMソングのモーニングフレッシュとか・・・さらに時代が進むと違うコンセプトで薬師丸ひろ子の「ちゃん、りん、しゃん」の「soft in 1」に代表される「リンスインシャンプー」なるものまで登場してきます。

 そんな中で前述の「エチケットシャンプー」「メリット」あとは男性用のトニックシャンプーの系列、そして医薬品の「ミカロン」あたりが「フケ・かゆみ系」としては頑張っていたのですが、だんだんと目にしなくなっていき、現在でもCMで残ってるのは「メリット」くらいでしょうか。「ミカロン」なんて驚異の効き目で、以前使ったシャンプーが肌に合わなくて猛烈なフケ・かゆみに襲われたときに使ったらピタッと治って驚いた事がありますが、いつのまにか製造中止になってました。

 平成の現在、もはや「フケ・かゆみ系」のシャンプーCMはほとんど観なくなりました。間もなく地球上から「フケ・かゆみ」に悩む人が絶滅したという人類勝利宣言が行われるのかもしれません(んなアホな)

 でも思うんですが今まであれだけの種類のシャンプーリンスが出てきたんだから、そろそろ全ての「イイトコ取り」をした「これ1本で全てOKよん」みたいな究極の製品って出てもいいような気がするんですが。いわゆるキューティクルでアクアチェックでフケかゆみを止めてフルーツの香り満載で植物派で髪に栄養を与えてフレッシュでハーブでちゃんりんしゃんで日本の女性は美しいな製品、出ませんかねぇ?

 同じようにこれ1本でバネットでビトゥイーンでGUMでハロードクターチェックで毛先が球なハブラシとか、これ一つでエチケットでデンターでオンエアジェルでオーラ2でガードハローでクリアクリーンでホワイトアンドホワイトでアクアフレッシュな歯磨きとか出ないもんでしょうか?余談ですけど。

 余談ついでにそういえば昔はリンスって「キャップ一杯を洗面器のお湯で溶いて髪にかける」方式だったんだよね・・ってこんな事覚えてること自体がもうアレだよね。


懐かしい人には懐かしい、初代バスボン・ガール 松本ちえこ。
松本ちえこと5人の男性親衛隊が織りなすシリーズCMは1975年に始まったが、その親衛隊の中にはまだ「太陽にほえろ!」でブレイクする前の山口県出身、山下真司の姿も。(右端)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索