懐かしのPC-98

 おととい梅雨の合間の晴れ間を利用して、半分死蔵になっているマシンの風通しをして出かけました。

 懐かしのPC-9821As2とPC-9821Ap3です。昔、いよいよパソコンの廃棄が有料になるよという時にハードオフなどを廻って確保しておいたものです(叩き売りだった)。PC-9821シリーズの場合、DOSで使うならAシリーズと言われていたのでそのとおりAシリーズを確保しておきました。PC-98シリーズには個人的な思い入れがかなりあります。

 初めて手に入れたマイパソコン(当時はパソコンじゃなくてマイコンと言っていた)はNECのPC-6001でした。高校の友人が新品で買って使いこなせずに手に余っていたものを超格安で譲ってもらったものです。このマシンで相当遊びました。当時のI/Oやアスキー、マイコンベーシックマガジンなどのリストを打ち込みつつコンピューターを覚えるきっかけになりました。

 大型汎用機のシステムエンジニアをやっていた頃は当時の主流だった8ビット機の中からFM-7を買ったこともあったのですが、なんせ仕事で下手すると徹夜でキーボード叩いていたものですから、うちに帰ってまで触ろうという気が起きずにゲーム以外であまり活用しませんでした。

 その後コンピューターとは直接関わりのない仕事に就いた時に、なんだかこのままコンピューターから離れてしまうのが寂しくて買ったのがPC-9801でした。このマシンで趣味としてのコンピューターいじりというのが始まってしまい、今に至ります。

 MS-DOS、プログラミング、パソコン通信、ゲーム・・特にゲームはPC-98の場合、圧倒的に18禁(俗にいう「エロゲー」)のラインナップが実に多く、それらを最初は志の低いバカなゲームと毛嫌いしていたのですが、友人から「ダマされたと思ってやってみ」といわれた18禁ゲームがあまりにストーリー的に素晴らしく、「18禁」だからこそ描写可能になるのは何もエッチなシーンばかりではないと言うことに気づかされたのもいい思い出です。(確かにバカな志低いゲームもいっぱいありましたけどね(笑))。

 うちではまだPC-98は現役で動いています(エプソンの98互換機PC-486SEがメイン機)。主にDOSゲームの起動が目的です。このあたりも最近はみんなエミュレーターでやるんでしょうが、パソコンもやっぱり私は実機主義を捨てられないんですよねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索