ローライ35(フィルムコンパクトカメラ)がお供です

普段2ちゃんねるはあまり利用しないのだけれど、ブログ板の「人が来ないブログの管理人集まれ」というスレッドの居心地が良くてちょくちょくお邪魔してる私です。
ここの所はいくつか「ブログ拍手」もいただいたりして、どなたかわかりませんがありがとうございます。でもほとんどアナウンサーさんたちの記事でいわば他力本願なネタなので自分の力では無いですね。

突然ですが私の趣味の一つに「写真を撮ること」があります。
人物写真や芸術的写真はほとんど撮りません。もっぱらぶらぶらしてる時に「あ、いいなぁ」と思ったら撮る「スナップ写真」です。

今時は携帯電話にカメラが付いてますが、あれで通りがかりの有名人とか撮ってる人をよく見かけますが個人的にはなんかパパラッチやってるみたいに感じてあまり気持ちよく感じません。携帯電話かざしてる格好もなんか印籠だしてるみたいだし。携帯電話のカメラは「記録用」ならわかるけど人物撮るのならせめてまともなカメラできちんと、それも本人にちゃんと了解もらって撮れよって思います。(考え方古いかな)
私は一般的に「ブサイク」に分類される人間ですので、写真撮られることがあまり好きではありませんから余計そう思うのかも知れませんけど。

また昨今はカメラと言えばデジカメですよね。確かにあらゆる面で便利ですので私も良く使います。あまり良いのは持っていませんが、イベントなんかに行って多くのショット数を撮ってあとで整理する等の使い方するのには持ってこいですね。

しかし私のような「カメラと言えばフィルム」という世代には、やはり手間やお金その他もろもろかかってもフィルム特有の質感とか描写が捨てがたく未だに少しこだわりがあります。デジタルだとなぜかあの独特の空気感というか映像の奥行きみたいなのがうまく出ないんですよね。今時の高級デジタルはどうなのか知らないですけれども。

さすがに何台か持っているフィルムの一眼レフは出番が少なくなりました。これらはもうそろそろデジタル一眼に変えようと思っています(D50という古いデジ一眼はあるのだけど今となっては実用にちょっと耐えないです)。ただ、デジタル一眼はモデルチェンジする度に性能差が段違いで、なおかつ旧機種になったときの値落ちがハンパでないので二の足踏んでます。

そんな私が今でも手元に持ち歩いてるフィルムカメラがこれです。

ローライ35。普通の35ミリフィルムを使う非常にコンパクトなカメラです。ドイツ製(工場はシンガポール)。レンズはカールツァイス製のテッサー40ミリF3.5。露出計はゴッセン社・シャッターはデッケル社製。高性能なパーツを驚くほど小さなボディーにこれでもかと押し込んだ高級コンパクトカメラのハシリです(発売開始は1967年)。非常に金属感にあふれており、工作精度も高く、所有感はバッチリなのですが、実は重くて持ちにくくて操作しにくくてお世辞にも使いやすいカメラとは言えません。ですが、この1カット写すのにもじっくり操作してからシャッターを押すこの余裕というか手間というのがいかにも写真を撮ってるという感覚で楽しいです。(シャッターチャンスにはめちゃくちゃ弱いですが)

実はこのカメラを手に入れた時のエピソードというのがあって、あるリサイクルショップで「シャッターが切れません」とジャンク扱いで1500円で売られていたのです。事情を知ってる私は迷うことなくレジに行って「シャッター切れませんが良いですか?」という店員さんにいいよと言って1500円払いました。実はこのカメラは撮影時に上の写真のようにレンズを引き出して右に回してロックしないとシャッターは切れないのです。買った後で「今後の為に教えてあげるよ」と言ってシャッター切って見せたら店員さん悔しそうに呻いてました。ヤな奴だなぁ、私も。

カビも無く、電池漏れもなく(電池は外国製の規格外品なので、関東カメラサービス製の電池アダプターを使って市販のボタン電池を使います)いい買い物でした。

正面向かって右側が光源種類とシャッタースピード設定。左側がフィルム感度と絞り設定。レンズと同軸にピントリングがありますが、このカメラには距離計が付いてないのでピントは目測になります。ですが、絞りを8以上になるように設定すればほぼピンボケ失敗は皆無になります。

写りは非常にシャープで申し分なく、フィルム特有の魅力あふれる描写が素晴らしいです。

このカメラに魅せられたファンというのは現在でも非常に多く、一度手にすると確かに他のカメラが持ち合わせていない独特の魅力というのはわかると思います。今はもう市販のフィルムそのものの種類も少なくなってきており、フィルムを変えて写りの違いを楽しむと言うことがしにくくなってきていますがもうしばらくは私のスナップ用カメラとしての第1位に君臨していると思います。

デジカメも便利だけど、たまには眠ってるカメラにフィルムを詰め込んで「撮影」という行為を楽しんでみるのもどうでしょうか。現像を待つあの感覚というのもなかなか楽しいものだと思いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索