高橋裕アナウンサー(KRY山口放送)も見てきました

B_0033.jpg

さて、最近は脇田アナばかり取り上げてますが、私は脇田アナだけのファンではございません。

「熱血テレビ」のメインMC、高橋裕(たかはしゆたか)アナの大ファンでもあります。いわば男が男に惚れるってやつでしょうか。放送を通して伝わってくるこの人の語り口と物事に対する視点というのが好きなのです。

また私は熱血テレビの前にラジオでこの人のファンになりましたので、全く自分勝手な親近感を一方的に感じていたりします。ラジオというのは古いけれども非常に不思議なメディアで、テレビが「MC対視聴者の皆様」っていう最大公約数的なメディアだとすると、ラジオって「パーソナリティ対1個人」って感覚が非常に強いメディアです。テレビだと「司会者の人」って感じなんだけど、ラジオのリスナーにとってパーソナリティってのは「身近なお友達」なんですよね。一方的な感覚の話ですけど。

脇田アナに続いて5日は高橋アナの”エコ・トークショー”ってことでまたまた海峡メッセ下関へ。午前中ということもあってまだお客さんは少なかったけど、ちらほら集まり始めたところで熱血テレビのテーマ音楽に乗って高橋アナ登場。もう分かり切ってるんだけど、この人の正装というのはごらんの通りの「ベスト着用」なのです。カジュアル系のラフな服装が似合う人です。

さてトークショーですが、エコをテーマにどこかの団体から来られたお2人とパナソニックの方1人の計3人+高橋アナという布陣でのトークだったんですが、これは個人的にちょっと残念な内容でした。時間がたった15分しかないのに喋り手が4人というのはどうかと。あ、高橋アナとかゲストの方とか話の内容が悪かったって事じゃ無いですよ。念のため。

聴衆側からすれば、どうしても「喋りで相手に物事を伝える」と言うことに長けていない「喋りの素人さん」の話を延々聞くのは正直苦痛を感じます。だから「喋りのプロ」1人に対して「喋りに慣れてない素人さん」1人の掛け合いにした方がテンポも出て、喋りも堪能出来て15分という短い時間を有効に使えたんじゃないかと思います。前日の脇田アナの時はパナソニックの方1人との掛け合いでしたから短い時間でも結構喋りが聴けました。実際高橋アナも喋り足りなそうでしたし、私の周りにいたおそらく高橋アナ目当てで来られたと思われる方も、「なんだ、これだけ?」とつぶやいて早々に出て行かれました。

あと客寄せイベントとしてはやはり地味でしたね。あまりかしこまらずに「エコ・クイズ大会」とかにした方が高橋アナの持ち味も出たような気がします。

私、最初立って見てたんですけどわりと正面で見てたら、周りに居るパナソニックの人たちがみんななぜだかしかめっ面で聴衆を見回してるんですよ。反応見てるんだとは思ったんだけど気になって途中から立ち位置変えて遠くから見てました。

集まった人の中には終わった後に高橋アナがステージ降りて会場に出てくるのを期待していた人もいたようですが(私もその1人なんですが)、なんか前日にマナーの悪いお客さんが居て小さなトラブルがあったようで、パナソニック側が心配したのかも知れませんが奥から出てこられなかったですね。私が帰った後はどうだったかわかりませんが。

まぁ、私は生で高橋アナが見れて声が聴けたらそれで満足なのでその後は冬に購入予定のプラズマテレビのコーナーに行ってメーカーの人と30分くらい話し込んで会場を後にしました。

さて、ここのところイベントが無くてお会いできなかった高橋アナ。秋祭りでもお目にかかれるかどうか楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索