さよならブルートレイン、さよなら「富士・はやぶさ」

3月13日、東京発九州行きの最後のブルートレイン「富士・はやぶさ」がラストランとなりました。

13日の東京出発の様子をニュースで見て、翌朝の最後の雄姿を見送ろうと決めて、14日の早朝に出かけて来ました。

有名撮影スポットはあらかた押さえられているはずなので、なんてことない景色ではありますが落ち着いて撮れる場所でと思い、先日8日にも撮影した場所へ。宇部駅近くの土手、「富士」を見送るだけに「富士ヨット学生服」の工場の前。

通過予定時間少し前に到着。すでに数人の方がいらっしゃいましたが、混んではいませんでした。先客の初老の紳士から「どうやら人身事故があって遅れているらしい」との情報をもらう。携帯でJR九州の運行状況ページを見ると「約90分の遅れ」との事。相当待たなければいけないので、とりあえず最新状況の確認に宇部駅へ行ってみると約1時間45分遅れで徳山を出発したと教えてくれた。人身事故は先行の貨物列車との事で、「富士・はやぶさ」は運休とはならず無事走っているようでほっとする。最後の日に事故なんてたまらないですからね。

撮影場所に戻ってひたすら待つ。この日は寒の戻りで非常に寒く、震えながら待っていると約1時間55分遅れで「富士・はやぶさ」が姿を現した。

特にさよなら運転仕様のヘッドマークという訳でもなくいつもと変わらない姿であったが、我々数人の為に短く警笛を鳴らして挨拶してくれた。EF66 53番機。

それ以外はいつもと変わらず、ただ静かに目の前を通り過ぎて行った。「もう寝台列車なんて乗ることないんだろうなぁ」と思うと感慨深いものがあった。

もうこれで山口県内でブルートレインの姿を見ることは無くなった。私自身の思い出も乗せて終着駅に向かって走り去っていった。長い間お疲れ様でした。


鉄道って他の乗り物には絶対に無い独特のロマンがあるんですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索