【予告】KRY秋まつり2017に行って来た。

休日が取れるか危うかったのですが、無事今年も行って来ました。

今週は秋まつりの2日間休んだ分、土曜日までかなり仕事がたて込んで忙しいので、今のところ来週日曜日(15日)には更新したいと思います。なのでとりあえず予告と言うことで待ってていただければ(待ってる人、居るのか知らんが)嬉しいです。1日目2日目に分けて書きたいと思います。

さて、今年はどうだったんでしょうか?


ほとんど放送事故スレスレのラジオ生放送あり…。


そしてこの人は誰だ?!(^^;

出来れば読む前にテレビ生放送特番はもう放送済みですが、radikoプレミアム会員の方は来週14・15日までは秋まつり特番が聴けますので事前に聴いておいていただけると楽しめるかと思います。

あ、そうそう。来年の新人さんをフライング紹介するかどうかは考えます。まだ卒業前の学生さんですし、秋まつりに来た人だけの特典、という面もあるしね…。ちなみに女性です。


個人的には前回までの続きで「Windows98」ネタも早く書きたいのでそっちが先になったりして(爆)

(その1)2017年、ジャンクノートパソコンにWindows98SEを入れてみる。

前回のIBM aptiva修理で私の中のスイッチが入ってしまいまして。

うちにはWindows95・98時代に買ったゲームが未プレイのまま結構多く積んであります。

そう、2017年の今、急にWindows98(但しsecond edition,通称Windows98SEの方ね)熱が高まってしまいまして。

…てなところにこれを見つけて思わず買ってきてしまいました。



Panasonicのノートパソコン「人(HITO)」シリーズのCF-X10Rという機種です。

現在でも人気の「Let's Note」シリーズが出る前の機種で、トラックボールを装備してるのが特徴です。この時期流行ったAV機能を前面に押し出したノートパソコンですが、人気はあまり無かったようですね。パソコンを立ち上げなくてもCDプレーヤーとして使える、などの機能が内蔵されてます。

スペックはPentiumⅢ850MHz,メモリ128MB,HDD30GB,DVDスーパーマルチドライブ,14.1インチTFT液晶(最大1024×768),LAN100Mbps,OS無しといったところ。

元はWindowsXP機ですが、XPの出始めの機種なのでCPUがまだPentium4では無くWindows98世代のPentiumⅢです。当時のノートパソコンとしては画面も大きいし、これにWindows98SEを入れてみようと思います。

ちなみにパソコン工房で保証無しのジャンク扱いの中古で見つけました。1,980円が中古の日で更に10%引きでした(^^;。付属品はACアダプタのみ。リカバリディスクなどは無し。さて、良い買い物だったんでしょうか?。


Windows98の時代はOSに組み込まれているデバイスドライバは少なく、また当時はネットから自動でインストールするという機能も無かったので、2017年の今、XP以降の新しい世代のマシンにWindows98SEを組み込もうとするとドライバを探すのに苦労します。メーカーのHPでは公開が終わってたり、ネットのどこを探してもドライバが見つからなかったり、そもそもそのデバイス用のWindows98SE用ドライバ自体が存在しなかったり…等々。最悪手が詰んでしまって諦める、という結果もあり得ます。

まずは仕様を調べて、その後とりあえずWindows98SEをインストールしてみます。まずたいていの場合、画面は640×480で音も出ません。デバイスマネージャーで見ると「黄色のエクスクラメーションマーク」や「不明なデバイス」と表示されてるものがいっぱい表示されてます。

ここから、カタログのスペック表から当たりを付けたり、レジストリを調べて「不明なデバイス」と表示されてるデバイスのベンダーID(メーカーのID)とデバイスID(デバイス毎の識別番号)から何のデバイスかを特定していく作業になります。

デバイスがある程度判明したらネット上をくまなく探してそのデバイス用の、あるいは類似製品でそのデバイスに使えそうなドライバをとにかく探してきます。そして総当たり戦でそのドライバで問題無く動くかどうかを確かめていくわけです。

これがもう実際楽しくも大変な作業で、やっとネット上で見つけたと思っても怪しいダウンロードサイトだったり、ドライバがフェイクだったりウイルス入りだったり、どんなに探してもWindows98SE用のドライバが見つからなかったり、そもそもそのデバイスがWindows98SEに対応してないのでドライバ自体が存在しなかったり…。

ということで私自身の備忘録も兼ねて、このCF-X10Rノートて使えるWindows98用ドライバを記録しておきます。2017年10月現在ネット上にありますが、場所はすみませんがご自分で見つけて下さい。

そもそもこの情報が今地球上の何人の人に役立つのか怪しいのだけれど(笑)

******************************

【ビデオドライバ】 ATI Rage Mobility PM agp×2 (RAGE MOBILITY-MI AGP(English))

【サウンドドライバ】 ESS Arego

【LANドライバ】 ATI 98376.exe(Realtek RTL8139NIC)

******************************

とりあえずこれだけ入れればゲーム等普通の用途には困らないと思います。

それ以外のデバイスのドライバはどうやらWindows98SE用は作られて無い様です。


それでは今度は改めてきちんとWindows98SEをインストールしていきます。

その前に増設用のメモリスロットが空いているので折角ですからメモリを上限の256MBに増設します。

ハードオフで128MB DDR200 144ピンDIMM PC-100のメモリをジャンクで探して買ってきました(300円)。

無事認識してメモリが256MBになりました。


HDDの領域作成はWindows98起動ディスクの中のFDISKを使いますが、標準状態のFDISKは32GB以上の大容量HDDに対応してないのでマイクロソフトのサイトからFDISKのパッチをダウンロードして適用しておいた方が良いと思います。

FDISKで領域を作成。

懐かしいWindows98SEのインストール画面。Windows98SEのクリーンインストールは15年くらいぶりなのでいろいろと思い出しながらの作業です。


このインストール中に出てくる新機能の説明、今改めて読み返すと「これは結局この時は夢物語の域を出なかったなぁ」などとヘンに感慨深くなったりして。


Winsows98SEのインストール無事終了。


一つ一つドライバをインストールしていきます。いちいち「Windows98SEのCDをセットして下さい」と言ってくるので、ドライバファイルをデスクトップに全部コピーしておいて、ドライブにはWindows98SEのCDを入れっぱなしにしてインストールしていった方がヘンなエラーが出なくて良いです。特にWindows98SEの場合、LANドライバを入れるときに失敗するとWindowsの起動時に毎回文字化けや「VXDファイルが見つからない」などのエラーを吐いて止まりますので、再度Windows98SEのインストールからやり直さなければいけなくなってしまいます。

その後、Windows98SEの重要な更新を入れていきます。もう今はWindows98SEのオンラインアップデートは機能していませんので、オフラインで出来るようにこの辺を纏めたサイトがありますのでググってみてください。インターネットエクスプローラ5.5SP2,DirectX9.0b,Windows インストーラ 2.0を入れた後に重要な更新を適用していきます。

(といっても今現在Windows98SEマシンをネットに繋ぐことは自殺行為ですので、IEのインストールはあくまで手順であって、マシンはネットから切り離したスタンドアローンで使用することは大前提ですのでそのへんよろしくお願いします)


無事インストールが終了しました。これで1024×768の解像度、サウンドの出力、LANが使用できます。


もう記憶がうろ覚えなのですが、Windows98SE時代はまだUSBがバージョン1.1で安定しておらず、大して使えなかったと思っていたのですが、今回やってみて驚いた事が2つ。


一つは今時の3ボタンの有線光学マウスを認識したこと。(ワイヤレスは当然ドライバが無いので無理ですが)

もう一つは、「果たして認識するかな~?」と繋いでみた月刊STEREO誌の2013年1月号の付録であったUSB-DAC「LUXMAN LXU-OT2」を繋いでみたら何とOSの標準ドライバで認識したこと。もしかしてWindows98SEってこの時点で「USB Audio Class 2.0」に対応していたのか?。いや、バカにしてすまんかった。とりあえずハイレゾではないけれどPCM2704を使ったLXU-OT2は少なくとも認識したと言う事で。…ということは最悪PCのサウンドドライバが見つからなかったとしてもUSB-DAC経由で音が出せると言う事。いや、素晴らしい。

ということでせっかくインストールしたのでゲームを入れてみます。純愛モノとはいえ、いわゆる「エロゲー」ですけど。オーガストの名作「夜明け前より瑠璃色な」です。このストーリー結構好きだったんですよね。


無事インストール完了。プレイも問題なし。…まぁもっともこのゲーム、「Windows98SE~WindowsXp対応」なんで別にXPマシンで動くんだけどね(爆)まあそこをWindows98SEでやるところに意味があるんだと(笑)きっとそうだと。


ということで快適動作のWindows98SEノートパソコンが出来ました。ちょいとゲームでも…という時に使おうと思います。この当時にしては結構液晶も綺麗だし、PentiumⅢ850MHzはWindows98SEを動かすには不足無しです。

皆さんもひとつどうですか?。もっともこの機種、オークションでもまず見ないほどの売れなかったマシンですので入手する方が大変かと(^^;。

まあレアっちゃぁ聞こえがいいけどさ(笑)

【序章(笑)】2017年、Windows98のパソコンを修理する。

ある日、突然職場の先輩が「今更だけどWindows98のパソコンが動かなくなって困ってるんだよね~」「えっ!まだWindows98使ってるんですか?」「うん、さすがに今はネットには繋いでないけど、ずっと愛用してるソフトがあってさ、最近のPCじゃ動かないから困ってるんだよね」

で、症状を聞くと、どうもハードディスクの故障だけらしいので「それ多分簡単に直せますよ」「えっ、そうなの?じゃあお願いしようかな」ということで預かってきました。

懐かしいIBM謹製のAptiva(MODEL 2190-24J)。

仕様はというと、

  OS Windows98 SECOND EDITION

  CPU AMD K6-2 450MHz

  HDD SEAGATE 6.4GB(IDE)

  メインメモリ 64MB(PC-100)

  LANカード ELECOM LD-10/100S(ドライバ入手可)

  3モードFDD

  CDドライブ

  56Kモデム

  1999年11月発売

てな感じ。インターネットが流行り始めたとき、各社が「絶好の商機」と一斉に発売した当時としては廉価な所謂「10万円パソコン」の中の一台。

K6-2とか懐かしい、懐かしすぎる(^^;。

チェックしたところ明らかにHDDの故障。まあ消耗品なんで年式考えれば当たり前。

預かるときに「先輩すげえ」と思ったのはリカバリCDを含めて全ての必要な付属品がちゃんと保管されていたこと。

単純だけど、これ結構大切な事。特にリカバリCDが有ると無いとでは作業は雲泥の差。よく人から修理とか頼まれたときに「いや~捨てちゃったんだけどなんとかなんない?」ってのは非常に良くあることなので。特にOSのプロダクトキーまで無くしてた日には「どうにもなりません」と言うしか無いですからね(大抵相手は詳しくないので逆ギレ)。

ということで作業としては

1.内部清掃

2.BIOSバックアップの電池交換

3.HDD交換とリカバリCDよりOSその他の復旧

4.メモリは64MBしかなかったので、オマケで64MBを1枚ハードオフのジャンク(100円)で買ってきてMAXの128MBに増設

というところで終了。引き渡して喜んでもらえました。かかった費用は700円ほど。

今では入手が大変なIDEのHDDの中古(80GB・但しこの機種ではBIOSの制限により認識できるのは32GBまで)が近所で580円(保証1ヶ月)で売ってたのは好都合だった。


メモリは相性があるのでどうせ100円だしと思って複数買ってきたのだけれど、どれも問題無く認識して動作しました。

この当時、メモリは高価なパーツで「僅かな静電気でも壊れる」と言われてたんですけど、結構頑丈じゃん。

「静電気による破壊を防ぐためには何も着ないで作業した方が良い」とのいい加減な雑誌の記事を真に受けて全裸でメモリ増設したことのあるヤツ、私の他にもきっと居るよなっ!(笑)

そしてさらにこの事が私の中の「あるスイッチ」を押してしまったんですね…(続く)

2017年KRY山口放送本社に24時間テレビの募金に行ってきた。

毎年の事なのですが、今年も24時間テレビの募金会場の一つ、KRY山口放送本社に募金がてら生放送風景の見学に行って来ました。

24時間テレビについては毎回各方面でいろいろな意見がありますけれど、私自身の考えは以前このブログに書きましたので何度も書きませんが、方法は別として年に一度テレビがこういう話題を啓蒙する機会があっても良いのではないかと思っています。嫌な人は観ない、募金もしないという選択肢もある訳ですし。

ただ、番組内容としてはあまりにもバラエティーショー化しすぎているので再考して初期の雰囲気も取り戻して欲しいなとは思っています。日本の福祉の現状について問題提起するという考え方が圧倒的に抜けている。でも実際今の番組内容で視聴率が取れると言う事は今の視聴者が観たがっているいるものはこういうのなのかなとのちょい複雑な思いもあります。それでもローカル各局が取り上げてる話題は初期に比較的近いかなと思いますが、日テレ枠はね…。

私は80年代中程に数年間、日本武道館会場でカメラクルー助手としてアルバイトした経験があって、その当時の雰囲気が好きだったのでなおさらそういう考えなのかも知れません。

本当は会場全体の雰囲気も載せたいところなのですが、募金に来られた方がすごく多くてモザイクだらけになってしまうので、出演者の方を中心にご紹介します。

同じ人の写真が何枚もありますが、日や時間の経過でTシャツの色が変わってますので、その辺も合わせてお楽しみ下さい。

まずは1日目の様子から。


山口放送の中継枠放送中。今年の新人、力石舜久アナウンサーは初の24時間テレビで緊張の極み。


今回も山口放送のメインパーソナリティはこのお二方。高橋良アナウンサーと徳田琴美アナウンサー。「KRYニュースライブ」(毎週月~金夕方6時15分)のキャスターコンビです。


1日目の徳田琴美アナウンサー。ラジオでは「徳田琴美の恋する☆オンガク」(毎週日曜正午)を担当しています。全国のradikoが聴ける方、ぜひ聴いてみて下さい。ニュースだと凜とした佇まいなんですけど、以外と大雑把なところもあったりしてその辺がこの人の魅力でもあります。


1日目の中村衣里アナウンサー。今回は「切り絵作家の久保修さんと24時間でみんなで切り絵を作ろう」という企画の担当で一日中大忙し。テレビでも熱血テレビ他でのリポーターの他、ラジオでは「ラジKING GOLD」を担当。番組のメインは「すまいる大学校」というネタ投稿コーナーで一応番組では「学長」という設定になってますが、radikoのお陰で全国に門下生がいます。


丹黑香奈子アナウンサー。「KRYさわやかモーニング」(毎週月~金朝5時20分)担当。毎朝2時起きで頑張っておられ、番組放送後も県内あちこちの取材に飛び回ってます。早朝番組なので24時間テレビはコンビの長井紀幸アナウンサーと一日交代で担当だそうです。


今年入社の力石舜久(みつひさ)アナウンサー。現在は熱血テレビ他のリポーターで頑張ってます。名字のせいでよく「ボクシングやってたんですか?」と聞かれるそうですが、経験は無いそうです。ある年代の方にとっては「【力石】とくれば【徹】ってのは係り結びみたいなもん」ですからね。明日は外から入社以来初の生中継があるそうで、「緊張はMAXでお腹が痛いです」とおっしゃってました。頑張れ!。


珍しい丹黑アナウンサーと力石アナの2ショット。


さらに珍しい徳田・丹黑・力石各アナウンサーの3ショット。


アナウンス部の長身コンビ。お二人並んでるともの凄く目立ちます。


続いて2日目の様子です。

ちょっとお詫びを。2日目はカメラのイメージセンサーに半円状のノイズが残ってしまったらしく、所々写真に写り込んでしまってます。(いつも撮影前に初期化はしているのですが今回は気づきませんでした。すみません)。そろそろ新しいカメラも欲しいところなのですが…。

2日目は早朝6時から高橋裕アナウンサーが全国ネットで「ABUウォーターボーイズ」の生中継を行いました。ここ数年では全国中継は久しぶりじゃないかな。スタッフは午前3時から入念に準備されたそうです。「ABUウォーターボーイズ」はローカル枠でも成田弘毅アナウンサーが生中継で紹介しました。


お昼のKRY枠では山口県出身の松村邦洋さんとバイオリニストの末延 麻裕子さんがゲストで出演。末延さんは生演奏も披露して下さいました(この時は撮影禁止ではありませんでした)。


高松綾香アナウンサー。「熱血テレビ」(毎週月~金夕方4時50分)MC担当。本日はKRYラジオでの「24時間テレビ ラジオリポート」の担当です。平成生まれなんですけど、なんかどこか昭和の雰囲気がある人でその辺もまた魅力でしょうか。いつも元気いっぱいな人です。


2日目午前の徳田アナウンサー。今回の新色、オレンジのチャリTシャツ姿。


会場には贈呈された福祉車両の展示もあります。


2日目午後のMCコンビ。


長井紀幸アナウンサー。「KRYさわやかモーニング」(毎週月~金朝5時20分)担当。明日は早朝からお仕事なのにこの日は遅くまで頑張っておられました。いまやすっかりKRYの朝の顔です。積極的に外に取材に出られることも多いです。


初の中継を終えてほっと一息、本社に戻って来られた力石アナウンサー。もう心臓バクバクだったそうですが、すごく安定した聴き取りやすい中継でした。


2日目も頑張る、徳田アナ。午後はネイビーのチャリTシャツ姿。


アイドル大好き、入社2年目の八木美佐子アナウンサー。以前STU48の取材に行かれたときはもの凄く楽しかったとおっしゃってました。現在はいろんな番組のリポーターとして東に西に大忙しです。


八木美佐子アナウンサーと1年先輩の長井紀幸アナウンサーとの2ショット。


今回、述べ100人以上の人の手で完成した切り絵。久保修さんは「やったことないので完成するか一抹の不安はあれど必ず完成させます」と仰ってましたが、見事に完成。番組終盤で無事お披露目となりました。


番組最後のサライのリハーサル中。たとえ8秒間のワイプ画面でも気は抜きません。毎度思うのですが、エンディングくらい各系列局を大写ししても良いと思うんですけどね。今年も皆さんお疲れ様でした。

【予告】2017年KRY山口放送本社に24時間テレビの募金に行ってきた。

近日中にアップします。よろしくお願いします。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索