片桐竜次さんをシーモール下関に観に行った。


2017年4月1日。この日はこれに行って来ました。

松田優作と並ぶ下関出身のアクション俳優、片桐竜次さん。映画とトークショーです。

「シーモール下関」のイベントなのになんという「ロフトプラスワン臭」の漂うイベントなんでしょう!

片桐さんだけでなく、日本のアクション物には書かせない脚本家(今回の映画の監督)、柏原寬司(ひろし)さんとのトークショーなんて最高です。


まあ、「相棒」の「内村刑事部長」ってことになるんだろうけど、私世代には東映の映画・テレビ、日本テレビ系の刑事ドラマ等での狂犬チンピラ・下っ端ヤグザ役が強烈な印象。川谷拓三氏と並んで何度劇中で殺されたかわからん人。

若い頃の刑事役は1回だけ。「大激闘・マッドポリス’80」(昭和55年・日本テレビ)で全員悪役俳優の警察組織「マッドポリス」の一員。でもってヤクザ連合組織「ジャパンマフィア」と戦う。80年代でも無理があったすげー設定(^^;

ご本人には石原プロの撮影の手伝いのアルバイトをやっていた頃、一度だけお会いしたのですが、風貌とは違って穏やかな人でした。

この日、YAB(山口朝日放送)では「相棒」がらみで大々的にゲスト出演。でも「相棒」の映像使用料は高いのか、映像は「相棒 劇場版Ⅳ」の予告編のみ。

他局は扱えないかな?と思ってたら日本テレビ系のKRY(山口放送)では前日「KRYニュースライブ」でニュースとして紹介。当然「相棒」のあの字も言えないし、過去映像は無し。

日本テレビだって先に挙げた「大激闘」の他にも

「探偵物語」(昭和54年)第8話,第18話での松田優作との共演や、

「大都会PARTⅡ」(昭和52年)第51話「北九州コネクション」での同じく松田優作とのボコり合いや路面電車でのチェイス(北九州の小倉・戸畑でのロケ)、

「大都会PARTⅢ」(昭和53年)第1話「帰ってきた黒岩軍団」で福本清三氏と二人で六本木やまだ開通前の環八でバズーカ砲をぶっ放しまくったあげく、丸腰で渡哲也に問答無用でライフルで射殺されるなど

燃えるシーンのオンパレードなんだがニュースで流せる筈も無く(笑)

まあ、石原プロの映像使用料はそれこそ高いよな、多分。

最近では「さらばあぶない刑事」なんかの出演もありました。

まあ、私がこんなの書き出したらキリが無いのでこれで(^^;

あ、今回の監督をされた柏原寬司氏は押しも押されぬアクションドラマの脚本家として有名ですが、デビューが「クレクレタコラ」の脚本家ってとこが私的にはポイント高いです。

まあ、特撮の話題と同じく私のリアル生活の身近にはこのテの話に反応できる人が昔から全くおりませんので一人で盛り上がるしか無いのがアレですが(笑)。


映画も観てきました。「いつの時代?」ってくらい時代錯誤すぎる作風が70~80年代のフィルムノワール調の作品好きには合ってる。低予算とちょっと演出力の弱いところが見え隠れするところがいくつかあるけど、出来は良い。この手の映画では中盤あたりで展開が見えてくるのだけれど、それはこういう作風の映画にはお約束。そういうのが受け付けられない人には向かない。そういう意味で人を選ぶ映画。小品なので今回のようなミニシアターで少し安めの料金で掛けるには最適だろう。楽しめた。

シーモールシアターは100人程度のキャパなのだけど、満員御礼。殆ど片桐さんと同世代のお客さんで、僕より若い人は二人くらい(私だって結構な歳だけど)。

トークショーも司会の人が良く準備してきていて進行が上手く、特に柏原寬司監督の映画裏話は面白かった。片桐さんも過剰なリップサービスは無いあたりがいちいち渋いね~。会場は満員。

個人的には片桐さんの「大都会の小倉でのロケの後、優作と下関で飲んだ」と言う話と柏原監督が「クレクレタコラという極悪児童番組をやってまして~」な話が聴けたのが大満足でした。

今回スタッフの方々がものすごく親切で、映画上映中に片桐さんのサインを貰ってくれました。またトークショーは撮影禁止でしたが終了後、控えておられた片桐さんと柏原監督にお願いしたら快くそれぞれツーショットを撮らせて貰えました。

今回は行って良かったなぁ。ちと今興奮気味です。

この映画、DVDになるそうなので、発売されたらお布施という意味も含めて購入しようと思います。

今回のスタッフの方々は片桐さんの学生時代の同級生の方々ということ。楽しいイベントをありがとうございました。

山口放送・國本泰功アナウンサー/鎌田友里キャスターお疲れ様でした。


【写真は昨年(2016)年のKRY秋まつりのステージにて】

お二人とも2017年3月31日の放送をもって山口放送の朝ワイド「KRYさわやかモーニング」を卒業されました。

國本泰功アナウンサーは1990年山口放送入社。途中報道記者も経験しながら主に報道畑を歩んでこられまして、この「さわやかモーニング」も番組開始当初から関わっておられました。番組自体は3月30日に25周年を迎えたのですが、そのうち関わったのが15年、キャスターとして出演したのが10年。この春からはまた報道記者に戻られるそうです。

よく考えたら國本キャスター、私より年下だった(^^;

鎌田友里キャスターは2011年から6年間キャスターを勤められました。宇部市出身で過去に「宇部E・E・N・A大使(PR大使)や「やまぐちローズクイーン(2代目)」その後宇部市のコミュニティFM「FMきらら」でパーソナリティを勤めた後、山口放送に出演され始めました。この度ご結婚のため卒業、ということでおめでとうございます。

お二人とも長年の早起き生活(大体夜中1時半か2時頃起きる生活だったそうで)本当にお疲れ様でした。

楽しい番組をありがとうございました。これからの活躍を願っております。

KRY山口放送 丹黒香奈子(たんごくかなこ)アナウンサーをご紹介します。

今回は山口放送の丹黒香奈子アナウンサーをご紹介します。

(本当は丹黒の黒は難しい方の黑という字なのですが、機種依存文字なのと「丹黒」での検索が多いので黒と表記しています。)

これで丹黒アナのファンになる方が一人でも増えて頂けると嬉しいです。

(ご本人から撮影・掲載許可はいただいております)


去年(2016年)4月、JRT四国放送からKRY山口放送に移籍した丹黑アナ。

山口県宇部市出身。j地元に戻ってこられたって感じでしょうか。私は生まれが宇部市なので勝手に親近感持ってしまいます。

その前は国際線のCAやケーブルテレビ徳島などに籍を置かれてたようですが、ご紹介しますと言っておきながらこの人の来歴については私、よく知りません。

Wikipediaの方が詳しいかも知れないし、Wikipediaに間違いがあっても指摘できません(^^;。

山口放送へ入社されてからは「KRYさわやかモーニング」「熱血テレビ」「KRYニュースライブ」などでのリポーターや「海と日本PROJECT inやまぐち」推進大使として関係のイベント等に出席されてました。

またラジオでは昼ワイド「お昼はZENKAI ラヂオな時間」の月曜日をかぐせんさんこと山根由紀夫さんと担当。

ラジオと言う事もあって、四国放送時代からのファンの方々も聴いていたようです。

(私もこの人を知ったのは、ラジオのチューニングをぐるぐる回していて偶然聴いた四国放送の「バンリク」という番組でした。)


以前載せた写真の再掲載になってしまいますが、こういうお姿も珍しいと思うので。

「お昼はZENKAI ラヂオな時間」月曜日はハッピーマンデーで祝日になった場合、いろんな祝日企画をやっていてこの日は体育の日だったため、スタジオ内で競技に挑戦した時のものです。高校時代の体操服で名前は直筆だそうです。


身長170cmだそうで、スラッとした美人ですから非常に目立ちます。放送終了後の一枚。

なんか中村玉緒さんの若い頃に似てると思うのは私だけでしょうか。

前も書いたけど、「一流企業の秘書」感が凄く有る人なんだよね。


この番組で丹黒アナはアコースティックギターを始めました。放送終了後のレッスン風景。

ラジオでコンビを組む山根由紀夫さんは、KRYで「金夜はロック座」とか「JUNKY STREET」とか観てた聴いてた人ならわかると思いますけど、ミュージシャンでもあり、音楽の先生でもあり、音楽番組のディレクターでもあり、まあ山口のrockシーンにこの人ありき、という人です。

「筋金入りの本物の先生に教えて貰えるなんて機会はそうそう無いので」と丹黒アナ。

山根さんも「彼女はとにかく番組だ、取材だともの凄くタイトなスケジュールなんだけど、よく練習してる」と褒めていらっしゃいました。

1月には番組で弾き語りも披露。聴いてる限りでは上達も早いほうだと思いました。


2017年3月20日放送終了後。

この日の最後の最後に突然の一言「私は来週でお別れですぅ~」の一言にショックを受けたリスナーさんも多くいらっしゃったのではないでしょうか。

実は翌週3月27日で「ラヂオな時間」は卒業なのです。

4月3日からは「KRYさわやかモーニング」を担当。月~金でテレビの早朝ワイド担当では致し方無いのですが、四国のリスナーさん達にとってはラジオ卒業は電波やradikoで声が聴けなくなってしまうのでかなり残念かも。

そんなあなたはぜひ山口放送に「週一録音でも良いので丹黒アナの担当ラジオ番組を!」と嘆願を送りましょう。


2017年3月27日の最後の出演回にはまた弾き語りに挑戦するそうです。何の曲かは当日聴いてのお楽しみ!だそうで。

「皆さんぜひ番組宛にメッセージやリクエスト、弾き語りを聴いた感想をお寄せ下さい」との事でした。

と言うわけで3月27日正午、皆さんぜひKRYラジオを聴いて応援のメッセージを送りましょう!

(ホントはもっと早く記事書けば良かったんだけど、私も本業の合間にやってるので直前で申し訳ないです。)

ちなみに愛用のギターは「K.Yairi」です。すげ~。「あまり良くわからないまま買ったんですけどね」との事でしたが、私なんか中古でもよう買わんぞ(^^;。彼女の本気度がわかりますね。


【3月27日追記】

…てことで、丹黒アナウンサーの「ラヂオな時間」最終出演日、3月27日。

この日もいつもと特別変わらない様子で番組はスタートしました。

リスナーさんからは「ラヂオな時間」卒業を惜しみつつも、4月からの「KRYさわやかモーニング」を期待するメッセージが多く寄せられてました。

そしていよいよ番組終盤。

ギター弾き語りのコーナーです。

今回の曲はユーミンの「やさしさに包まれたなら」。(そういや1月の時はスピッツの曲だったんだっけ?スピッツよく知らないから何の曲か忘れた(^^;)


本番の演奏中風景はこうでした。真剣そのものの丹黒アナとサポートするかぐせんさん。

中々の腕前&丹黑さん歌上手い&アナウンサーだけに声が良いですよね。結構アナウンサーの人って音痴な人も多いんだけど。

お聴きになったリスナーの方はわかっていただけると思います。

そしてつつがなく番組は終了。半年間お疲れ様でした。



番組卒業記念という事でラジオ第1スタジオ前にて。

ちなみに4月1日から丹黒さんのラジオ新番組が始まるそうです。毎週土曜日午後3:30~「丹黒香奈子のGOKU旅」。30分の旅番組だそうです。

今度は生放送ではありませんが、メッセージのコーナーも設ける予定だそうですので、山口県はもとより四国のラジオリスナーの方もぜひ聴いて下さいとの事です。

皆様、4月からもテレビ・ラジオで丹黒アナウンサーの応援よろしくお願いします。

【速報】山口放送「KRY さわやかモーニング」がリニューアル

えっと、今日発表があったので取り急ぎ。

4月3日から山口放送「KRYさわやかモーニング」がリニューアル。

長井紀幸・丹黒香奈子(黒は本当は難しい方の黑という字)両キャスターが担当します。
今日、山口放送のHP上で発表があり、CMも流れ始めました。

(バナーはHPから借用しました。すみません。問題あれば削除します)

KRY入社3年目、2年目のフレッシュコンビ。朝早い番組ですがみんなで見て応援しましょう。

ちなみに先週お二方が一人ずつ番組に出演されたのですが、あれは多分本番前の予行演習、テスト出演だなと思ってましたら当たりでした。(^^;

長いことウォッチしてると改編期とかになんかそういう直感みたいなものが働くんだよね。あまりいい癖じゃ無いけど。

2017年「ズームイン!!サタデー全国うまいもの博」(下関大丸)に行って来た。


冒頭から私事ですが、現在減量中です。去年の12月から始めて3ヶ月で-13kg、ウエスト-12cmと結構頑張っていたのですが…。

コレがやって来たからには食べないわけにはいかないじゃないか!。

…てな訳で、今年もこの季節がやってきました。

個人的にものすごく楽しみにしている物産展、「ズームイン!!サタデー 全国うまいもの博」が地元・下関大丸で開催されるので行って来ました。

日本テレビ系各局が自信を持って勧める品が集まったこの「全国うまいもの博」、さすがに各局名前を出してお勧めしてるだけあってどれを取ってもハズレが無いです。

山口県では下関大丸で毎年2月の終わりに催されますので、この時期に向けてお金を貯めてお休みを取って毎年待ち構えています。

また、お店によっては期間中の数日のみの出店というものもあるので、いろいろ制覇しようと思うと数回リピートしなければいけません。それとやっぱり初日(平日)が一番空いていて(といってもかなりお客さんは多い)、週末や最終日に近づくほど凄い人出になるのでゆっくり見て回るにはやはり初日が打ってつけです。

ということでまずは開催初日、2月22日(水曜日)に行って来ました。


この日の晩ご飯用に買ったもの。この他にも開店前から並んでおかないと絶対に買えない四国・霧の森菓子工房の「霧の森大福」などもゲットしました。浅草花月堂のメロンパン(今回初出店で大人気、もの凄い行列で何度も完売)、渋谷「キムカツ」のカツさんど、山形「焼肉くろげ」のコロッケとメンチカツ、六本木「叙々苑」の焼肉ライスバーガー。これらが現地に行かずともお手軽に手に入るのが嬉しいです。



この日は初日ということでKRY山口放送「熱血テレビ」で会場から生中継リポートがありました。リポーターは下関大丸と言えばこの人、食レポと言えばこの人、中村衣里アナウンサーです。この日は大丸さんがこのイベントの為に新調したというハッピを借りてのリポートでした。なかなかレアなお姿です。



そして2月25日(土曜日)はこれも毎年恒例のイベント宣伝の公開放送特番が7階特設ステージから30分の生放送。今年のゲストはMCの宮本和知さん(下関市出身)とモッチーこと望月理恵さん。毎回朝にズムサタの生放送が終わってすぐ下関に移動して出演されます。特にモッチーは6回の皆勤賞。山口県なんてどっちかというと田舎もいいとこなんですが、毎回メインMC呼んでどんだけ力入れてくれるんだ日テレ&山口放送!。宮本さんのトークによると下関会場は全国でも売り上げはかなり良いそうなので多分それでなんだろうね。だって毎回会期中の日曜日は入場規制で大変な事になりますので。

この日は開店前から並んで無事前の方の席で整理券ゲット。あとは開場の13時40分までシーモール下関内をぶらぶらして時間を潰します。

「うまいもの博」の商品は「要冷蔵・要冷凍」のものが多いのでいつも買い物は特番のあとにゆっくりするようにしています。

お客さんの中にはベテランがいて、ソフト素材で出来たクーラーバッグに保冷剤一杯詰めて買い物してるプロが居るんだよね。賢い。


シーモール内では休日ということもあって「下関中央消防署」による「出初め式披露」などもあって多くのお客さんが見物していました。

そうこうしているうちに時間になったので大丸の方に移動。会場入りします。

特番は30分なので楽しくあっという間に過ぎました。

内容は放送ご覧になった方しかわからないんですけど、高松・成田の両若手アナウンサーが今年もしっかりやらかしてくれまして笑わせてもらいました。いやぁ、期待を裏切りませんなぁ(笑)

終わった後はうまいもの博の商品が当たるジャンケン大会もあります。私は負けちゃったけど。

当たり前ですが、生放送だし宮本さんとモッチーはタレントさんなので写真撮影はNGです。

今年は特番放送後にKRY山口放送のアナウンサーさん達はお店への挨拶回りや買い物のため6階の会場にしばしの間顔を出してお客さんと触れ合ってました(毎年スケジュールの関係もあってそうじゃない年もあるのですが)。特に今回司会を務めた「熱血テレビ」の高橋裕アナと高松綾香アナはあまりこういうイベントのお仕事は無いので一般のお客さんと触れ合う時間は貴重な機会でもあります。

いつもカメラを持ち歩いている私。こういう機会は逃しません。
(会場での撮影は毎回大丸の売り場担当の方に一言声を掛けてちゃんと許可を貰っています。お店の中ですから。大丸さん曰くアナウンサーの方ご本人がOKと言われたらうちは撮影は禁止しませんが、SNS等ネットに公開する場合はアナウンサーの方の許可と一般のお客さんにはモザイクを掛けるなどの配慮をお願いしますとの事です。)


今回の司会、高橋裕アナウンサー。KRY夕方の顔です。大丸の紙袋を持ってポーズを取ってくれました。「熱血テレビ」は高視聴率番組なので会場に居たお客さんに大人気。毎回サイコロの勝敗でお客さんにツッコまれるのはお約束、というか熱血テレビメインMCの宿命だな、これは。


主にスポーツをはじめ、各種リポートに大忙しの成田弘毅アナウンサー。何やらNNN系列の西日本地区アナウンス新人賞を取ったそうでおめでとうございます。

「熱血テレビ」内では「成田弘毅と申します」という県内各地で名刺を配り歩くという企画をやっており人気です。


今回の特番のMC、高松綾香アナウンサー。入社もうすぐ3年目ですでに押しも押されぬKRY夕方の顔です。入社1年目から「熱血テレビ」を担当。最初は観ているこっちがハラハラしてましたが、最近はもう堂々とした進行ぶり。特にハイテンションの時は面白いです。なかなか局の外に出られる機会が無いので久しぶりにお会いしました。


成田アナと高松アナの2ショット。


この日は買ったものをあらかた食べて帰ったので持ち帰ったのはこの3品。福岡「南国フルーツ」さんのフルーツサンドはある方のイチオシだったのですがマジ激ウマ。

翌日の26日(日曜日)は開店前の朝9時に並んでピーク時には1時間半待ちとなる「551蓬来」の豚まん・シュウマイなどをとにかくゲット。他にもいろいろ買ってこの日は7階にイートインコーナーが設けられているのでそこでゆっくり食べて帰りましたが、写真撮るの忘れた(^^;

この「ズムサタうまいもの博」は3月2日(木曜日)まで下関大丸で開催中ですのでぜひ出掛けてみて下さい。とにかく早起きは3文の得、開店前から並んでおくのが勝利の鍵ですよ!。

プロフィール

缶コーラ

Author:缶コーラ
山口県在住。ローカルなネタを含めて
何でもアリで書いていきたいと思います。

リンク
マイマイ新子と千年の魔法公式サイト
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
検索フォーム
メールフォーム
管理者宛メールはこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ようこそ
Twitter update
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索